STREET FIGHTER IV Wiki

クリムゾン・ヴァイパー 対サガット

反確表

発生の早さ(反撃に使う主なものだけ)

投げ>2弱P>弱K=中P>強スパコン>2中K=強サンダー=ウルコン>2強P=中スパコン>EXバーニングキック>弱スパコン>中サンダー>弱サンダー>EXセイスモ>セイスモ(弱=中=強)>EXサンダー>SALv2~

タイガーニー(密着ガード後)

5中P、生ウルコン(高難度)

タイガーニー(スカって目の前)

2強P

ウルコン

2強PでOKだが密着で出された場合大抵裏回りするので注意


技対策

ジャンプ中P

強サンダーは相打ちの可能性が高い。
相打ちになりやすいが、距離が離れるのでヴァイパーの追撃が届かない場合がある。
リスクを考えるとEXセイスモで追撃が安定。
確認できれば生ウルコンで対空。
相打ち強サンからウルコンや追撃が入る。
弱サンなら必ず勝てる。

ステップハイキック

避けたら2中P→中サン
距離によっては下タイガーをEXバニで避けたところを蹴られる。

タイガーショット

下タイガーは見てから慣性バニ
遠距離ではEX下タイガーがあるので、セイスモ釣り択のリスクがでかい。
上タイガーにセイスモ合わせは難しい。
遠距離セイスモは、上タイガーを避けて最速強セイスモで次弾のタイガーに勝てる。

強P

慣性バニ、空中攻撃その他もろもろが負ける。

セビ

中足→弱サンにしておけば、中足セビられても弱サンで勝てる。

立ち回り

起き攻め

低空のだしおSPではめくれない事があるので、少し高めに出す。
起き攻めの飛込みではアパカを喰らわない。
バクステでアパカをすかす場合、かすらないこと。

総合

サガットにゲージが2本ある場合、ヴァイパーの固めは連続ガードじゃないので、ノーリスクで割り込みアパカからワロスされる恐れがある。
近距離戦ではアパカ割り込み前提で立ち回る。
遅らせアパカは厄介だが、読みあいではヴァイパーが主導権を握れる。
アパカに勝てるジャンケンばかりして、相手がびびったら強気に攻める。
置き弱サンをリスク承知で振る。
弱サンはステハイ、各主権性通常技、セビに勝てるので、そうなると飛び、見てからアパカ、弾、距離をとる、ニーぐらいしか中距離でできなくなる。そうなるとサンFで各種行動を釣れる様になるので、それに対応して行く。
追い詰めたら少し距離を空けて様子見。前飛び下タイガー、ステハイ、ニーには見てからウルコンが入るので、そこでプレッシャーをかけながら弱、中サン。中足、フェイント、EXセイスモなどで端から逃がさないように戦う。
ニーには弱サン、通常技キャンセルアパカにはEXセイスモで割り込む。
遠距離からHJで飛び込むとステハイで狩られるので飛び込まない。
飛び防止のためのサガットの立ち強キックとステップハイに合わせて弱サンダー、EXセイスモ
弾にはセイスモで対応し、当たったら近づく。
中距離は弱サンで牽制。
近距離だとアパカぐらいしか脅威はないから荒らしていけるはず。
サガットの小足2回ガードくらいからのニーに対応する場合、弱サンだと抜けて追撃を喰らうリスクがあるので大サンで割り込む。