第6話 サボテン狂想曲《ラプソデイー》(前編)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○月○日 はれ サボテンに小さなつぼみができた。
○月△日 はれ つぼみがだんだん大きくなってきた。
「今日は花が咲きそうなのっ」
うれしそうにリュークたちに観察日記をつけてきたサボテンを見せるキッチェ。
「しかしこのサボテン・・・・・・どこかで・・・・・・」
「思い出した、これは・・・・・・テラで見た生物兵器の資料とまったく同じものだっ」
一方、天空都市テラでは、失敗作と思っていたサボテンから生物兵器が生まれ、報復にやってくる可能性を恐れ、生まれる前につぼみを枯れさせようと刺客を送り込むことにした。
テラからの刺客、ヘクトパスカルとミリバールの二人組みや、自称台風実況アナ、梅雨田雨男は、サボテンを枯れさせおうと雨を降らせ続ける。
「このままじゃサボテンが・・・・・・」
サボテンを守ろうとするリュークたちだったが、何故かリュークの上だけはずっと晴れのまま。ヘクトパスカルとミリバールの発言によって、本人すら知らなかった事実が明かされる。

「まさかこの子、一万年に一度生まれる・・・・・・スーパー晴れ男!?」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■ 人物図鑑
+島民+

+海の上の人々+

+刺客+

+テラの人々+

+サイドテラの人々+

+その他+


■ サンクルス観光名所

■ 第1巻あらすじ

■ 第2巻あらすじ

■ 第3巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第1巻あらすじ

■ NOA+第2巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第3巻あらすじ

■ NOA×第1巻あらすじ

■ NOA×第2巻あらすじ

■ NOA×現行話あらすじ




■ mini BBS



更新履歴

取得中です。