|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

そこ曲がって。違う、その先の道や。こっちの方が早い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

722 携帯デイリー sage 2008/10/31(金) 19:37:47 ID:g28SM40/0
記事・「真弓という男」より

◎1985年~・輝くリーグV&日本一

 運転席の真後ろ、後部座席から声が聞こえた。「あんた、ほんまに大丈夫でっか。この車、ぶつけたら、えらいことでっせ。この3人で、1億くらいの値打ちはありまっしゃろなあ。えっへっへっへっ」。吉田監督の声だった。
 わたしが運転席で、ハンドルを握っていた。後部座席に吉田監督と岡田彰布選手、そして助手席には真弓明信選手が座っていた。84年のオフ、12月のことだった。
 テレビ局主催のゴルフ大会が兵庫県の吉川で開かれた。吉田さんは2度目の監督に、就任した直後だった。駆け出しトラ番のわたしは、取材で行っていた。コンペが終わり、表彰式が始まった。
 「デイリーの記者さん、運転免許持ってるよなあ。おれ、ビール飲むから、帰りの車を運転してくれる?」。真弓さんから、気楽に声を掛けられた。「いいですよ」。
 キーを渡されて、駐車場に行った。大きなBMWだった。左ハンドルの外車。わたしは国産のファミリーカーしか運転したことがない。緊張しながら玄関に向かった。
 なぜか吉田監督と岡田選手が、後部座席に乗り込んできた。「梅田のホテル阪神でパーティーがあるから、そこまで乗せて行ってくれ」。何食わぬ顔で、真弓さんが助手席に乗った。
 いまさら「外車を運転したことがない」とは言えない。中国自動車道の左車線を、ゆっくり走った。冷や汗が出た。ライトを点(つ)けようとしたら、ワイパーが動きだした。
 吉田監督が身を乗り出して、あれこれ話し掛けてくる。「あんだ、デイリーでっしゃろ。この間の記事、山和(山本和行投手)が大リーグ行くとか、だれが書きましたんや?」「いや、それは」。いまはそれどころじゃない。とにかく、ライトを点けないと…。
 「そんなん●●さんに決まっとるやん」と岡田選手が答えた。真弓さんが笑いながら、ライトを点けた。大阪市内に入った。免許を持っていなかった岡田選手が「そこ曲がって。違う、その先の道や。こっちの方が早い」と裏道を指図する。
 「あの記事は、ほんまでっか」「あんなん●●さんが言わしたんやろ」。また岡田選手が答えた。しゃべり続ける吉田監督を無視して、真弓さんだけはずっとニヤニヤ笑っていた。=敬称略=
【改発博明=主席編集委員・84~95年阪神担当、07~08年「とらのしっぽ」担当】