|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

中スポ第二回

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

162 中スポ第二回 1/2 sage 2008/12/09(火) 17:36:12 ID:IaN2/aiv
中スポ どん様連載2回目よ。例によって記者の質問は俺の捏造やからな

(めちゃくちゃしたれの裏側について、もっと過激なセリフだという話があった)
―「オレがユニフォームを脱いだら教えたるわ」と言っていたが、約束の時が来た
「負けるんやったら、もう当てて負けぇ、と言うたんよ」

―あの試合では落合に怒っていたが、報復四球の支持ではない?

「(ベンチに向かって落合出てこいと怒鳴っていた?)どうやったかな。そんなこともあったな。
なんか文句言ったのは覚えてるけど、何を言ったか、もう覚えてへんわ」

―内角を攻めろその結果サヨナラでもかまわない。その言葉が久保田に腹をくくらせた

「だから、あのあと全部インコースの真っ直ぐやったやろ。当ててもいいから、と。当てたらサヨナラ負けなんやから」

―結局中村豊のHRで勝ち越し、久保田は11回も抑えた。このときの裏事情

「あの試合がターニングポイントになったと言われるけど、それは終わってからの話やからな。
あれ、しかし、久保田は交代やったんや。2イニング投げた時点で。10回限りで。もうアンダーシャツも替えていたんや。
豊がホームランを打ったから、久保田にもう一回いけるかと聞いたよ。打順が回ってきたから、慌ててアンダーシャツを着替えて、打席に立ちよったんやで。
豊がホームランを打ってなかったら、代打よ。次の回は誰かが投げてた。誰に決めていたのか、もう忘れたけど。
球児(藤川)とウィリアムスはもう投げたあとだったしな。それにしても、誰も豊がホームランを打つとは思ってなかったわ」

(その後、この試合を契機に中日は失速。阪神は優勝へ)



163 中スポ第二回 2/2 sage 2008/12/09(火) 17:37:46 ID:IaN2/aiv

―このシーズンに誕生したのがJFK。考案には2004年の苦い経験が基になっている。

「落合さんとは監督就任が重なったけど、1年目に関しては中日を全然意識せんかった。
中日だけでなく、あんまり相手チームを見る余裕がなかった。
相手の戦力分析をする前に、ちょっと自分のチームの中を変えないかん部分があったんよ。
このまま何年もこのチームで優勝争いできるとは思ってなかったからね。
打つほうよりもピッチャーの整備が必要と思ってた。伊良部、藪、ムーア。先発の力が落ちてきていた。
優勝したチームを引き継いでるから、最初はメンバーを大きく変えられへんもんよ。
その前年にベンチから投手を見ていて、04年は03年と同じようにはいかんだろうと見ていた。だから投手の整備に重点を置いていたんよ」

―結局その年は4位。だが、手応えはあった。

「04年は8月にアテネ五輪があったやろ。あそこで変えることができたんよ。
当時は抑えだったウィリアムスが豪州代表で抜け、セットアッパーの安藤が日本代表。
そこで久保田、球児をうしろでテストできたからな。それは05年用に考えていたことやった」

苦境を新戦略の使用期間に置き換え、翌年への糧としたのであった。
(敬称略=つづく)


(そらスレ住人の)中スポ定期購読に期待して貰って結構です


164 補足よ sage 2008/12/09(火) 17:43:41 ID:IaN2/aiv
05年9月1日の甲子園の小林の桧山への危険球でどんちゃん激怒よ。
(金本と矢野も)のけぞっとたしな。
「狙ってなかったらいいんか、ということ」よ

でも落合は平然と反論。
そんな因縁の中でのどんでん発言を踏まえての今回の9月7日の試合の話やからね。