|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

(山本が)5回、(岸田が)4回のつもりやったんよ。それが3回と6回になったんやけど、まあ、どのみち9回やんか、なあ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【プロ野球】オリ、10年ぶり開幕3連勝 「一番ええ形や」と岡田監督
2010.3.22 19:51
http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100322/bbl1003221953020-n1.htm


 8日前の“将のひらめき”が、オリックスに10年ぶりの開幕3連勝を呼び込んだ。先発山本を3回3失点で見切りをつけると、岡田監督が投入したのは、昨季10勝、今季も先発ローテーションの一角を担う岸田。思い切ったこの勝負手が、見事に的中した。

 「(山本が)5回、(岸田が)4回のつもりやったんよ。それが3回と6回になったんやけど、まあ、どのみち9回やんか、なあ」

 早口の「岡田節」で明かされた秘策。開幕3連戦の後に3日間の休養日という、今季の不規則日程のため、岸田の先発予定は31日の日本ハム戦(東京ドーム)。横浜遠征中の14日に「(球場へ向かう)バスの中で思いついたんよ」。開幕前に練り上げていた、先発2枚をつぎ込む必勝リレー構想だった。

 「開幕前に(リリーフを)言われてました」と振り返った岸田が、四回から八回まで楽天打線を2安打に封じると、1点を追う六回、ラロッカが1号逆転2ラン。21日の2失策が失点に結びつき「責任を感じていた。取り返したかったんだ」。さらに、カブレラも八回、2試合連続のダメ押し2号ソロ。八回の守備では二塁寄りのゴロを好捕、ジャンピングスローで二塁送球し、併殺を完成。「オレがゴールデングラブ賞を取ったのを思いだしてくれ」と2008年を持ち出して得意げだ。

 岩隈、田中、永井で昨季計41勝の楽天3本柱を倒しての3連勝は、すべて1点差勝利。「どっちに転ぶか分からん、紙一重やからな。一番ええ形とちゃうか」と岡田監督。「勢いをつけさせたい」と指揮官が唱えてきた開幕ダッシュ。もはや、それを超えた“ロケットスタート”だ。(喜瀬雅則)



601 名前:代打名無し@実況は野球ch板で 投稿日:2010/03/22(月) 21:17:10 ID:UMhIjKsa0
★~になったんやけど、まあ、どのみち○○やんか、なあ
★(球場へ向かう)バスの中で思いついたんよ

相変わらず(汎用性)抜群やなぁ。
ええんちゃう。最高ちゃう?