|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

岡田辞典 第四回

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

199 名前:岡田辞典第9回[sage]投稿日:2013/03/12(火) 20:09:35.05 ID:5FbB71Pf0 [2/3]

そら、何が大きかったかって言うと、もう鳥谷しかないやろ。何が何でも先制点が
欲しい日本にとって、10日のオランダ戦、鳥谷の初回先頭先頭打者ホームランがチーム全体に
与えた効果はほんま、はかり知れんよ。

甘い球やったとしても、そんなんは一切、関係ない。あの大きな試合の、ああいうところでは
『本当の力』がないと打てるものと違うって。あれでベンチのみんなが「よし、いける」「あとは
さらにリードを広げて、絶対に勝つ!」という気持ちを持ったという意味では、あれほど
価値あるホームランはないわ。


202 名前:岡田辞典第9回[sage]投稿日:2013/03/12(火) 20:25:00.46 ID:5FbB71Pf0 [3/3]

だから数字で言うと、単なる1打数1安打1打点にとどまらんよ、あれは。自分が現場で
やってる試合以外で、あれだけ興奮したのは初めてかもしれんな。用事あって、出先でメシ
食いながら放送見てたけど、そらもう、力入って、手か肘かに当たって、どっかに飛んだんやろな、
箸が2本ともなくなったとったしな。

そういう意味では、8日の台湾戦を苦しんで、勝ったのが大きいわ。あれで、みんなが
乗ったということよ。そこでも九回2死から鳥谷が二盗。ノーサインにせよ、もしサインが出てた
にしても、どっちみち、あんなアウトになったら終わりという場面で、普通は走れんし、
スタートを切ることすらできへんて。

その後、同点タイムリーを打った井端も、もちろんすごい。細かい理屈や技術も抜きで、
あの打席の井端も本当の力があるから打てたんよ。
まあ12日の2次ラウンド1、2位決定戦は勝ち負け関係ない。こうなったらもう準決勝(18日か19日)。
総力で、大事なのは絶対に負けたくないっていう全員の気持ちよ。先発はマエケンやろ。
1番は当然、鳥谷。内容なんかどうでもいいから、とにかく勝って欲しい。