|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

岡田監督に直撃インタビュー(第3回)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡田監督に直撃インタビュー(第3回)①

 ―吉田義男さん(元監督)のインタビューに『これからは勝つだけではアカン。魅力ある野球をやりたい』と答えとったやろ。ええこと言うなと感心して聞いてたんや。
 「感心する前に、正しく言うてくれなあかんやん。『魅力ある野球』やないんよ。『魅力あるチーム』を作るんが、オレらの仕事よ」
 ―『魅力あるチーム』になったらお客さんが増える。そうなると選手も、気合の入ったプレーができる。『魅力のある野球』にもつながる。
 「お客さんが来ないとなれば、視聴率も落ちる。『オレが見に行ったら勝てる』いうて信じて来てくれる人もおるけど(笑い)。まずは(だれもが)球場に行きたい心境にならんとなあ。
足を運んでもらうことが1番で、そこから九回終わっての結果が出るんよ。実はここの表現が難しいんやけどな」
 ―ええで。きょうはその難しいとこをじっくり、とことん聞かせてもらうつもりやから。
 「最終的にはね、阪神を応援してもらう形になるんやけど、阪神だけの応援では弱いんよ。つまり赤星が好き、藤本のファン、金本ファンに鳥谷ファン…。そういうね、個人を応援しようというファンの集合体が、結果として阪神を応援してくれる、そういうチームが強いんよ。
えっ、考えてみ、選手には魅力ないけど阪神というチームを応援しよう、というような時期はずっと最下位やったやろ」


岡田監督に直撃インタビュー(第3回)②

 ―確かに暗黒時代は、『阪神ファン』ばかりやった(苦笑)。
 「『おれはタイガースファンやから、チームが勝ってくれたらええねん』ではダメなんよ。カネ(金本)のホームランを見たいとか、赤星の盗塁を見に甲子園へ行くとか、選手と選手に付随する特色がファンを引きつけて、それが集まったら強いチームになるんやから」
 ―藤川のホップする球とか、今岡の勝負強いバッティングとか、確かに今季は“この選手のここが見たい”いう魅力が多いチームになった。これからもそういう選手を増やすのが、岡田監督の仕事になるんやね。
 「今の顔ぶれをみたら、そんなにメンバーの変更はないけど、カネも矢野も年齢は増えるからね。若い選手の中からも、魅力のある選手を作っていかなアカン」
 ―そういう意味で秋季キャンプでは関本の“一軍ぶらさがり打法”を、ホームランを狙える打ち方に変えさせた。
 「そこまで犠牲にする必要はないんよ。(飛ばす)力があるのに」
 ―特徴を伸ばすためには、それを見抜く監督の目が大事。球児を中継ぎで使ったJFK、監督は選手の何を見る?
 「球が速いとか、遠くへ飛ばすとか、そんなんはある程度素人でも分かるんよ。オレが一番知りたいのは性格やなあ。例えば久保田を抑えに置いたんも(150㌔のボールだけでなく、ピンチで動じない)性格よ」
 ―鳥谷はどうなん。性格は目立たんように思うけど…。(第4回に続く)