|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

オレは井川を(メジャーに)やるなんて全然、考えていない。まったく考えていない。一切、考えてない

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡田監督が井川に怒り!ポスティング移籍は認めん
 ポスティング移籍なんて認めん! 阪神・岡田彰布監督(46)が倉敷秋季キャンプ休日の5日、メジャー移籍願望のある井川慶投手(25)に苦言を呈した。FA移籍はやむえないが、ポスティングシステムでの移籍は絶対に認めない。エースの“わがまま”発言に怒りを露にした。〔写真:阪神・岡田監督が井川のメジャー移籍を匂わす発言に苦言=撮影・山田喜貴〕



 ポスティングシステムでのメジャー挑戦など絶対に許さない-。岡田監督が井川のメジャー移籍を匂わす発言に怒り心頭だ。

 「オレは井川を(メジャーに)やるなんて全然、考えていない。まったく考えていない。一切、考えてない」

 寝耳に水だ。キャンプ中、笑顔が絶えなかった岡田監督の顔がみるみるうちに赤くなった。エースのメジャー移籍願望。FAを取得して海を渡る藪の気持ちは尊重するが、ポスティングシステムを利用しての移籍を許すつもりは毛頭ない。

 「わがまま? そりゃあ、当然そうよ。ポスティングというシステム自体がまったくわからん。ポスティングなんて権利じゃない。なんでそんなことになる」

 事の発端は日米野球を前に東京ドームで練習が行われた前日4日のこと。報道陣からメジャー願望について聞かれた井川は意味深な発言を行った。「弁護士に任せています」。あたかも今年の契約更改でポスティングシステムでの移籍を直訴するかのような言い回し。さらに自身のホームページで「その舞台(メジャー)に立つことが夢」と書き込んだことが事態を深刻にさせた。

 現在、岡田監督の元には井川が今オフに移籍を直訴するという報告は入っていない。仮にポスティングシステムの適用を要望してきても現場監督として首を縦に振ることはしない。

 「夢を持つのはいいことだと思うけど…。そんな質問には答えられない!」。指揮官のこの怒りは本物。どんな理由があってもエースの“わがまま”は許さない。