|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ま、ま、ま、あんまり分からんわ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

虎史上初ナゴヤDで竜3タテ!岡田監督もうれしさ隠せず
 (セ・リーグ、中日2-3阪神、13回戦、阪神8勝4敗1分、26日、ナゴヤドーム)込み上げるうれしさを隠し切れない。過去に何度も舌打ちした鬼門の通路もいまや花道だ。ナゴヤドームでの3連戦3連勝はトラ史上初。岡田監督は「ま、ま、ま、あんまり分からんわ」と言葉が震えていた。

 「久保田はひざ元のスライダーがあるし、井上をうまいこと三振取ってくれた。バットに当たったら何が起きるかわからんし、三振の取れる投手でいくしかなかった」

 静と動-。らしい2種のタクトで竜打線を抑えた。八回だ。3連打で1点差と迫られてなお無死満塁。マウンド上で汗をぬぐう久保田を代えなかった。これが静。二死満塁でウッズ。満を持して藤川を投入。狙い通りの三振にベンチで白い歯をむき出しにした。

 球宴前後のDGとの15番勝負。試練の中で自らのさい配でも活路を見いだしてきた。若手を積極投入した総力戦。期待をかけていた今岡には二軍降格を決断した。態勢を整えながら10勝3敗(2試合中止)と勝ち越した。

 苦い思いが染みつく因縁の地。昨年も同じ後半開幕カードで3タテを食らうなど1勝10敗。人生初のノーヒットノーランの屈辱も味わった。ナゴヤドームで勝てなかったことをV逸の要因に挙げたが、今年は違う。6勝3敗で負け越しがなくなった。

 「球宴明けは中日でいいスタートを、一番いい形で3連戦ができた。まだ1つ1つだと思っている」。5割復帰にも最後は口もとを引き締めた。首位と最大12差あったゲーム差は4.5差。27日からは甲子園に帰って2差の横浜3連戦。この勢いで一気に上位浮上を狙う。




デイリー版
472 携帯デイリー sage 2007/07/26(木) 22:18:03 ID:BBsy+S760
7月26日 試合後

 (中日に3タテを食らわしての借金完済。試合後は興奮気味に今季最速?の早口で)
 ―前夜までと一転して投手戦。
 「両方ともピッチャーよかったからなあ。やっといつものナゴヤドームみたいになったんちゃうか、落ち着いて。あんな(前夜のように)点入んのおかしいわ」
 ―ボーグルソンが復帰戦で好投。
 「よかったよ、ホームラン(六回ソロ被弾)は失投かもしらんけど、2点目をやらんかったからな」
 ―中日に3連勝。
 「(後半戦)いいスタート切りたいいうのは本音やったからな」
 ―これで借金完済。
 「オールスターまでひとつひとついうのがあって、明けてまた中日で、いいスタート切れて、でも、この後もまた、ひとつひとつやと思うよ」

477 携帯デイリー sage 2007/07/26(木) 22:27:10 ID:06x/sY6g0
472
抜けてる部分を補足しとくね。

―チーム状態もいい。
「めぐり合わせいうか、ピッチャー悪かったらバッターが頑張って、噛みあいだしたわな」

―ナゴヤドームで3タテは初めて。
「まあ、まっ、あんま、よう分からんわ」