※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Amazon.co.jpマーケットプレイス商品は、
販売・発送元によって支払い可能な方法が異なります。
  ヘルプ > 注文 > Amazonマーケットプレイス™での注文 > 支払い方法

マーケットプレイス商品の販売・発送元と支払い方法             
      商品の販売・発送元

支払方法
個人出品者
が販売・発送
大口出品者・
出店型出品者
が販売・発送
出品者が販売
amazonが発送
(FBA商品)*
クレジットカード
パートナーポイント
amazonショッピングカード・
amazonギフト券(クーポン除く)
コンビニ・ATM・
ネットバンキング払い(先払い)
不可 一部可
(出品者次第)
代金引換 不可 一部可
(出品者次第)


VISAデビットカード決済について - - - - -

規約等はクレジットカードとされていますが、 
スルガ銀行VISAデビットカードhttp://www.surugabank.co.jp/my/debit/ 
楽天銀行デビットカードhttp://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/など 
VISAデビットカード決済も対応しているようです。 
ただし、VISAデビットカード決済で問題が発生することもあるようです。
ヘルプ>支払い>クレジットカード>デビット機能付きクレジットカードのご利用について


《PR》
【最新作を含むPCゲーム販売中】アマゾンマーケットプレイスmetamolshoukai【コミック販売中】

アマゾンマーケットプレイス支払いに関してよくある質問

このページでは主にAmazonマーケットプレイスで
個人出品者およびプロマーチャント(大口出品者)が販売発送する商品 について記します

Q1.マーケットプレイスで商品を買う際、クレジットカードは必ず必要ですか?

A1.クレジットカードのほか
Amazonショッピングカード、Amazonギフト券でもお買い求めいただけます。


Amazon.co.jpマーケットプレイスの場合、
クレジットカード、パートナーポイント(JCBカードのOki Dokiポイント)
Amazonショッピングカード、Amazonギフト券(クーポン除く)で支払い可能です。
ヘルプ > 注文 > Amazonマーケットプレイス™での注文 > 支払い方法

一部出品者は、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)」にも対応しています。
ヘルプ > 注文 > Amazonマーケットプレイス™での注文 > 支払い方法 >出品者が販売する商品のコンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い

また、amazonが出品者の在庫商品を保管・発送代行する
フルフィルメントby Amazon(FBA) の商品は、代金引換にも対応しています。

さらに、一部出店型出品者の販売発送する商品も、代金引換に対応しはじめました。




Q2-1.代金引換で注文できないのですが・・・。
Q2-2コンビニ払いで注文できないのですが・・・。

A2-1.代金引換に対応しているのはアマゾンから発送される商品と、一部の出品者が発送する商品です。
販売・発送元をお確かめください。
A2-2コンビニ払いに対応しているのは一部の出品者のみです。
販売・発送元をお確かめください。



なお、かつて ヘルプ > 注文 > Amazonマーケットプレイス™での注文 > 購入者 Q & A には、
出品者から発送される商品を、
代金引換で購入することができない理由について以下のような記載がありました。

支払い方法として、「代金引換」を用いるためには、
商品発送者と運送会社との個々の契約が必要であり、
Amazonマーケットプレイスでは、
企業も個人も出品者として参加できる仕組み上、
「Amazon.co.jpが発送します」と表示されている商品を除き、
一律に代引きの支払い方法を提供することができません。



[コンビニ払いの可否について]
「コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)」は、
一部の大口・出店型出品者が販売する商品のみ対応です。

コンビニ払いに対応している場合、
コンビニ払い可能である旨が記されているのでご覧下さい。
ヘルプ > 注文 > Amazonマーケットプレイスでの注文 > 支払い方法 > 出品者が販売する商品のコンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い


なお、すべての出品者がコンビニ払いに対応していないのは、
出品者・購入者のどちらにとっても一番安全かつ確実だからと考えられます。
(出品者がコンビニ決済を導入するためには、
amazonにコンビニ決済の申請を行い、amazonに認めらなければなりません。)

コンビニ払いに対応しない出品者は、
コンビニ払いでは期限までに支払われない場合
機会損失がに生じることが考えられます。

また、コンビニ払いをamazonへの申請制にすることで、
amazonの判断により販売実績や評価によって認めないことで
商品に問題があった場合など払戻しを受けやすくする
購入者保護の観点が考えられます。


Q3.領収書ほしいのですが可能ですか?

A3.出品者により対応が異なります。出品者に事前に問い合わせください。


アマゾンマーケットプレイス利用での出品者からの購入は、出品者によって対応が異なります。
購入を希望する商品の出品者に、購入前か少なくとも購入直後、発送前までのお問い合わせを願います。

出品者によっては明確な返答がなかったり、
「クレジットカードご利用控え」をもって代用するようとの返答もありうるのが実情です。

なお、クレジットカード会社に請求すれば、個別の領収書を発行してくれるはずです。



Q4.1円商品は安全ですか?

A4.ほかの商品同様安全です。


他の商品同様、商品1点ごとにAmazonの定める配送料がかかります。
CD、DVDなどの国内配送料は商品一点につき350円です。
書籍の国内配送料は、1冊につき257円です。


1円のCD等購入時には商品代金と配送料との合計額351円が
1円の書籍購入時には商品代金と配送料との合計額258円が必要です。


1円で出品していた本が売れたとき
Amazonから出品者が受け取るのは
プロマーチャント(月額4900円が別に必要)の場合、

2014年4月以降は、

価格: ¥1
-Amazon手数料:¥60.15
(Amazon手数料の内訳
配送料から差し引かれる金額¥60
販売価格の15%の手数料¥0.15)
+配送料: ¥257
------------------
振込金額合計: ¥197.85
(Amazonペイメントアカウントに計上される金額)

となります。


2014年3月末日(消費増税前)までは、
+ ...
となっていました。

なお2010年8月30日までは、
書籍配送料(購入者支払額)が340円であり、
+ ...
となっていました。


プロマーチャント登録することで、
成約手数料100円がかからなくなります。

配送会社との大口契約を結んでいれば運賃が下がります。

クロネコメール便は廃止されました。
かつては82円(2014年3月末の消費増税前まで80円)の
クロネコメール便で送付できる商品もあり、売買されていました。


倉庫代すら惜しい物を1円で出品していること、
同業他社(中古書店)に売るよりはマシな金額が回収できることもあります。

Amazon.co.jpマーケットプレイスの場合、
商品1点ごとにAMAZONの定める送料がかかります。
その配送料の一部(本の場合60円)はAmazonが持っていきますが、
払い込まれる額よりも安い手段で送付できれば、出品者の利益となります。


Q5.複数同時購入で値引の旨書いてあるけど、
買い物カゴにいれて決済しても安くなってないようなんだけど?

A5.通常、当該商品出品者が注文確定後に一部返金という処理を行います。



当店商品複数同時購入で100円引など、
複数同時購入で値引の旨を記す出品者の多くは、
当該商品出品者が注文確定後に一部返金という処理を行います。
カートに入れて、決済完了した時点では値引きされていませんがご了承ください。


なお、一部出品者は商品に切手や現金を同封して送付することもあるようです。
詳しくは当該商品出品者にお問い合わせください。
ヘルプ > 注文 > Amazonマーケットプレイス™での注文 > 出品者へのお問い合わせについて


関連:「書籍同時購入で200円引き」などとコメント欄に記している出品者の他の出品物を見る方法
出品者ごとの出品一覧を見たいのですが...



Q6.注文したのに全額返金された!?

A6.申し訳ありませんが在庫切れによる返金のようです。


一部出品者は実売店舗・他市場併売品があり、在庫切れによるキャンセル・返金が発生します。
また、返金理由を詳細に連絡しない出品者もいます。ご了承ください。