神経内科 case study 解説4-2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

解説4-2

C6,7神経根障害である。腱反射の消失より、C6,7反射弓の障害である。
頚椎症、椎間板ヘルニアで多く、Spurling徴候陽性であることが多い。