※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月27日

ままごと 著者:亜季


「なんでだろ…うちらの歳って、一発殴られなきゃ現実に気づけないの。」

「キミらの歳じゃなくても、きっとみんなそんなもんだよ。
10も歳の離れたボクだって、そんなもんだしね。」

「・・・でも・・・」

「でも?」

「・・・でも、殴られるのはやっぱり怖い。」

「そりゃそうさ。
誰も殴られたいために分からないことを作ってるわけじゃないんだし。」

「殴られなくても気付ける方法ってないのかな?」

「うーん・・・。ないかもしれないね。」

「痛いのはイヤ。」

「人生ってやつは、『ままごと』をしないと解決しないんだよ。
悩んだり理解されたりっていう『ままごと』をして、学んでいくんだ。」

「・・・理解されたりって?・・・」

「『ままごと』には相棒が必要なんだよ。キミみたいな素直な子の気持ちを理解して、
殴ってでも真実を伝えてくれるような熱い相棒がね。」



コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|