※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月07日

タイトルなし 著者:GURA


──どどん、という鈍い音が校庭の方から聞こえてきた


「始まった」

立ち上がる黒煙のいくつかを見届け、あらゆるものの残骸が消え去るようにと祈っ
た。
天使たちの創造物が、何もかもを消し去ってくれるだろう。

そう、なにもかも。
喉の奥に、詰まったままの思いも。
胸の隙間に、絡みついた記憶も。
頭の隅に、焦げ付いて離れない気持ちも。
なにもかも。

激しい音と視界を奪う煙が、背後に残したものを全て拭い去ってくれるはずだ。
この体を終わりを報せる音を遠くにいつまでも聞きながら、いつの間にか、少年は自
宅の前まで辿り着いていた。

「残すはあとひとつ」

手に握られた鍵が、太陽の反射で、少年に覚悟の有無を語りかけているようだった。


「もちろん」

ドアを開け、身に沁み込む馴染んだ匂いにむせかえる。
体の奥に沸き返るような記憶が踊るが、彼はそれを呼び起こそうとはしなかった。
すでにそれは、少年の進む先には不要な邪念でしかなかったからだ。


障子を開けて、薄暗い茶室の畳の上に少年は一歩目を踏み出した






コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|