更新履歴

取得中です。
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目薬の成分と効果一覧表(未完成)

注意:成分が多いからといって効果が高いという素人考えは危険。
自分の症状に必要な必要最低限の成分を保持していれば十分と考えよ。

目薬を買うときに気になったのでメモ代わりにまとめる。

主要成分

成分名 一般的に言われる効用
メチル硫酸ネオスチグミン 目の神経系に直接作用し、ピント調節をスムーズにします
結果、目の疲れがとれます。
ε(イプシロン)ーアミノカプロン酸 アレルギーになどによる目の炎症を鎮めます
マレイン酸クロルフェニラミン 目の炎症を鎮め、目のかゆみや充血を除きます。
抗ヒスタミン作用
塩酸ピリドキシン
(ビタミンB6)
目の新陳代謝促進作用があり、眼病を予防します
パンテノール 角膜の組織代謝を促して、目の疲れの回復を早めます
酢酸d-α-トコフェロール
(天然型ビタミンE)
血行改善作用により、目への栄養補給を助けます
アミノエチルスルホン酸
(タウリン)
炎症によって傷ついた目の組織修復を助けます。
コンドロイチン硫酸ナトリウム 目の乾燥を防ぎます
フラビンアデニンジヌクレチドナトリウム
(FAD-Na)
目の細胞のエネルギー代謝を促進し,明るさの変化に順応する機能(明暗順応)の低下などを改善する
活性化ビタミンB2
塩酸ナファゾリン 目の使いすぎなどで起こる充血をすっきりさせる
塩酸テトラヒドロゾリン 結膜(白目の部分)の充血を抑える
L-アスパラギン酸カリウム 目の細胞の呼吸を促進させ,目の働きを活性化させる

添加物

成分名 一般的に言われる効用
l-メントール
d-ボルネオール
ゲラニオール
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
エデト酸Na
クロロブタノール
塩化ベンザルコニウム
ホウ酸
ユーカリ油
エタノール

点眼薬の副作用リスク

厚生労働省のページより引用
分類について
第1類 一般用医薬品としての市販経験が少ない等、安全上特に注意を要する成分
第2類 まれに日常生活に支障を来す健康被害が生じるおそれがある成分
第3類 上記以外の成分(今現在、目立った副作用の報告が無い)

第1類 第2類 第3類
なし 塩酸エフェドリン
塩酸テトラヒドロゾリン
塩酸ナファゾリン
硝酸ナファゾリン
クロモグリク酸ナトリウム
スルファメトキサゾール
スルファメトキサゾールナトリウム
メチル硫酸ネオスチグミン
アズレンスルホン酸ナトリウム
イプシロン-アミノカプロン酸
グリチルリチン酸二カリウム
硫酸亜鉛
硫酸ベルベリン
塩酸ジフェンヒドラミン
ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)
酢酸トコフェロール(ビタミンE)
シアノコバラミン
パルミチン酸レチノール(ビタミンA)
パンテノール
パントテン酸カルシウム
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(FAD)
L-アスパラギン酸カリウム
L-アスパラギン酸マグネシウム・カリウム
アミノ酸エチルスルホン酸(タウリン)
コンドロイチン硫酸ナトリウム
塩化ナトリウム
塩化カリウム
乾燥炭酸ナトリウム
リン酸水素ナトリウム
ホウ酸
d-マレイン酸クロルフェニラミン
塩化カリウム
塩化カルシウム
塩化ナトリウム
硫酸マグネシウム
リン酸水素ナトリウム
リン酸二水素カリウム
アラントイン
塩化リゾチーム
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|