成田良悟まとめ@デュラララ2期放映中!

メニュー













リンク




メキシコの劇場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは、アニメ版ドラマCD『フィーロ・プロシェンツォ、ピエトロ・ゴンザレスの五十三回目の死を目撃す』の舞台となった、アントニオ・ロバが経営する メキシコの劇場 に関係する登場人物について説明する。なお、成田良悟が直接シナリオを担当したわけではないため、これらの設定が原作本編に通じる公式のものであるかどうかは保証できない。『2002上』に、50年以上前にフィーロとラックがメキシコの小さな組織を潰したことがあるという記述があるので、原作内に取り入れられた可能性は高い。



ピエトロ・ゴンザレス
メキシコ出身の陽気なチンピラ。男性。不死者。
ドミニコとは幼馴染で、いつも2人一緒にいる親友という間柄である。
1930年の事件における火事騒ぎで残っていた不死の酒を偶然飲んでしまい、不死者となる。不死者となったが、ドミニコをおいて生き続けるのは嫌なために、死ぬ方法を探している。
アントニオの「不死の体を元に戻せる魔術師が現れる」という言葉を信じ、劇場で働き続けていた。1936年の事件が終わった現在では死ぬ方法を求めてドミニコとアイザック、ミリアと共に南下した。
なお、ピエトロはドラマCDオリジナルの登場人物であるが、『2002』内でアンジェロが行きつけのバーのマスターとして彼と思しき男について言及している。
ドミニコ・フェンデス
メキシコ出身のチンピラ。男性。
ピエトロとは幼馴染で、いつも2人一緒にいる親友という間柄である。
ピエトロだけが不死者になってしまったために、ピエトロが死ぬ方法を探している。
アントニオ・バロ
事件の舞台となった劇場の主。男性。
ピエトロの不死性を金儲けに利用するため、ピエトロとドミニコを虚言で騙し、劇場で使役していた。「ロバ(動物)」と呼ばれるとキれる。
エリータ
アントニオの愛人。女性。
ピエトロとドミニコの行方を訊いてきたフィーロを劇場へと案内し、アントニオの命のもと売り飛ばそうとする。
マリアのメキシコ時代の友人?


名前:
コメント:

更新履歴

取得中です。