※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アレクサンド・アンデルセン


         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::


出典:NANOSING
死亡時期:1日目・午前
殺害者:ルーテシア・アルピーノ
最期の言葉:「ぬぅおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉォォォォォォォォォォ――――――――……………ッッッ!!!!!」

自身に殺し合いを強要するプレシアに激怒し、この殺し合いから脱出するために行動を開始する。
一応殺し合いには乗らないと決めたアンデルセンであったが、最初に遭遇したのはクアットロ。
元々彼にとってナンバーズとは、最後の大隊に協力するスカリエッティの下僕であり、ロワ以前からの抹殺対象である。
迷うことなく武器を構え、まさしく見敵必殺の気概で戦闘に臨むアンデルセン。
しかしそこにアンジールが乱入し、まんまと逃げられてしまう。
その後はろくに誰にも出会えぬまま、無駄に時間を浪費する羽目になったが、しばらくの後にヴァッシュと遭遇。
これまでに出会ったことのない、病的なまでに不殺を願う男の姿に、彼はひどく興味を抱いた。
こいつの覚悟を見てみたい。己の狂的信仰心にも似た、病的な意固地さを見届けてみたい。
故にアンデルセンはヴァッシュへの協力を承諾、行動を共にすることになる。
その後は殺し合いに乗っていない人間を保護するため、地上本部を目指すことになるが、そこで再びアンジールと出会う。
彼がクアットロの身内である=最後の大隊に関与していると判断したアンデルセンは、
ヴァッシュの制止もお構いなしに戦闘を開始。
一度はヴァッシュに止められるも、その後彼との共闘の果てに、一時的に気絶させることに成功する。
しかし、そこに響いてきた、アーカードの拡声器越しの声があった。
奴が呼んでいる。宿敵が自分を呼んでいる。自分の最大の抹殺対象が、心底ご機嫌な様子で呼んでいる。
ならば、他に取れる道などなかった。他の場所に行っている暇などなかった。
己がライバルの呼び声に応じ、アンデルセンはわき目もふらさずアーカードの元へと向かう。
セフィロスを退け、今まさにはやて(A's)を殺さんとする吸血鬼の元へたどり着き、挨拶代わりにグラーフアイゼンで一撃。
遂に相対した不死王と殺し屋は、殺し屋がガンマンと出会った場所を舞台に、壮絶な死闘を展開する。
だがそれを中断させたのは、狂乱するヴァッシュのエンジェル・アームだった。
それを協力者の仕業と知らぬまま、アーカードと離れ離れになったアンデルセンは、邪魔者を始末すべく南下を開始。
そこでチンクと出会い、交戦状態に入る。
そして彼の元へと乱入してきたのは、これで3度目の戦闘相手となるアンジール。
互いの実力は互角。故に苛烈を極める戦場。
しかし今度もアンデルセンは、第三者の乱入を受ける羽目になった。
神父の体を吹き飛ばしたのは、ルーテシアの召喚するイフリート。
燃え盛る地獄の業火の中、カトリックの敵を排除できなかったという無念の中、アンデルセンはその命を散らしたのだった。
実はよく見てみると、対クアットロ戦時のアンジール、対アンジール戦(2回目)時のヴァッシュ、
対アーカード戦時のヴァッシュ、対チンク戦時のアンジール、対アンジール(3回目)時のルーテシアと、
戦闘時に乱入される比率が半端ではない。
1回目のアンジール戦以外全てで乱入を経験しているのだから、その割合は実に6分の5。
しかも最後はそれが原因で死亡したのだから、浮かばれないことこの上ない。

追悼コメント

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー