※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年11月23日

空気代  著者:亜季


「空気もそのうち、有料になるぞ。」

ナオキは、ネクタイを緩めながらナミに言う。

「はいはい。」
「聞いてないだろ。」
「聞いてるって。」

カーテン越しに三日月が光るこの部屋で、
ナミは髪をときながら、風呂上りの手入れに必死だった。

「じゃあ、俺の言ったこと、復唱してみろ。」
「食うにもそのうち、いるようになるぞ。」

 ・・・ナミがまた、とてつもない聞き間違いをした。

「・・・そんなこと言ってねぇって。って何がいるんだよ?」
「え?親からの仕送り。貯金が底につきそうなんでしょ?」

キョトンとした目で俺を見るナミ。
俺のがキョトンとしたいほうだ。

「こうなったら、『親からの援助は受けない!』なんて意地はってられないもんね。」

確かに俺の貯金は底につきかけていて、
危うく、ナミの収入にお世話になりかけた。

でも、もう、仕事もせずに、家でゴロゴロしてた
昨日までの俺じゃない。
同棲中のナミにだって、これでやっと楽にしてやれる。

「で、結局なんて言ったの?」
「『空気もそのうち、有料になるぞ。』」
「ぷっ。何それ?」

ナミが可笑しそうに笑う。
この笑顔のために、俺は頑張ったんだ。

「空気が有料になったら、うち、生けていけないね。」
「大丈夫だよ。払えるから。」
「えー?就職決まってから、そのセリフ言ってよね。寝るよ。」
「え!待って!これ見て!」

俺はボロボロに擦り切れたカバンから
紙切れを1枚取り出し、ナミに見せた。

が、電気は消された後だった。

「おーい、見てくれよ。これこれー!」

この暗さではどうせ何も見えそうにも無いが。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|