機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- 長距離強行偵察複座型ジン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長距離強行偵察複座型ジン

正式名称:ZGMF-LRR704B GINN  通称:偵察型ジン、偵ジン
コスト:☆2(270)  耐久力:520  盾:×  変形:×
名称 弾数 威力 備考
射撃 スナイパーライフル 10 100 サブと弾数共有。
サブ射撃 砲撃モード (10) 90 ライフルを構えた砲撃モード。
移行時にメインを1発発射。1発当たれば3発確定
通常格闘 格闘 157 間合いの狭い二段。1段→メインはよろけ、2段→メインは強制ダウン
前格闘 アッパーカット 100 前に突進してアッパー。主力。メイン射撃追撃可
横格闘 引っ込んでろキック 120 蹴り飛ばす。距離せまい。メイン射撃追撃可
特殊格闘 竜巻旋風脚 100 竜巻旋風脚なのに一段。メイン射撃追撃可

■更新履歴

02/07 攻撃関係に手入れ
02/04 全体整理
01/14 各武装&覚醒コンボ整理

■機体解説

偵察用MS。戦闘は基本的に想定されておらず、自衛用武装として、その強力な索敵性能を生かせるスナイパーライフルを持つ。しかし、本作だとスナイパーライフルの性能を含めその戦闘能力は明らかに自衛とかそういう次元を凌駕している。が、多分気のせい。きっと気のせい。
無印種序盤で、偵察用なのに奇襲食らって撃墜された所為で各所でいじられてる可哀想なMS。逆にデスティニーでは核攻撃隊を発見通報するという勲章ものの活躍を見せている。地味だけどそれは偵察機の宿命ということで。以降も偵察の場面で地味に登場、活躍。偵察用ゲイツとか無いんだろうか。
ちなみに本編では漢字を間違えられている。

本編:長距離強行偵察   座型ジン
設定:長距離強行偵察   座型ジン

なお種第7話にてキラが「長距離強行偵察型複座のジン!」と、
やや長いがとても分かり易い説明的台詞、と言うか台詞的説明を発している。
この時のキラの台詞を聞けば保志総一郎の声優としての上手さを実感できる、かもしれない。

■射撃武装

《メイン射撃》 スナイパーライフル  [ダウン値:3][補正率:56%]
弾速と追尾に優れる上☆3.5のBRと同威力と、☆2としては相当優秀な武器。弾速はデュエルASのCSと同等である。
レールガン系統の武器なので、実弾でありながらビームや実弾に当たっても消滅しない。
ダウン値は3なので、BRとこの射撃でクロスするとダウンが取れる。当然スナイパーライフル*2でもダウン。
リロードは一般的な実弾武装と同様の撃ち切り全弾回復式。
難点は2発目を撃つまでの時間が長い事。

《サブ射撃》 砲撃モード  [ダウン値:2][補正率:37%]
1hit 2hit 3hit 合計
通常 90 33 13 136
覚醒中 135 49 20 204

1発撃つと共にその場に停滞し、以降連射が効くようになる。弾速はメインと同じ。
格闘orジャンプボタンorサブ射撃で解除。ボタン連打ではなくタイミングを少し遅らせて連射すれば3秒以上相手を拘束することもできる。
サブ射撃とはいえ、使用している武器はもちろんスナイパーライフルなので弾はメインと共有。
調子に乗って連射しまくると弾数がすぐに尽きてしまうので注意。

射程はヘリオポリスのステージの一辺分程もあり、ステージの中央にいれば大抵ロックオン出来る上、誘導が強い+アサルトシュラウドのCSと同じ弾速の為に無視されてても着地硬直がとれたりする。相手としてはかなり脅威。
また、発生がバスターのガンランチャー並みに早く、自機が後ろを向いていようが敵機が真上、真下にいようがお構い無しに銃口補正の効く鬼仕様。
至近距離ならステップ中の横移動さえ簡単に狩れるし、自機が背を向けている相手からの格闘を見てから反応しても間に合う程…あな恐ろしや。
代償として動きが止まるが大した問題ではなく、むしろブーストを消費せずに空中に留まれるのは強みでさえある。
しかし、威力90なので、威力100のビームと相打ちになるタイミングでの砲撃モード移行は控えましょう。

■格闘

《N格闘》 左肘→回転肘打ちの二段
威力 ダウン値 補正率
1段目 80 98%
2段目 78 34%

発生、距離、追尾が弱い。
使う場面は相手の格闘回避後など限定される。
ライフルCで191ダメ+きりもみダウンで吹っ飛ばせる。2発目を当てた瞬間にCしないと繋がらない事がある。
1段目からライフルCで177。攻撃を継続したい時のみどうぞ。

《前格闘》 前方に伸びるアッパー  [威力:100][ダウン値:1][補正率:50%]
発生は標準程度、間合いと追尾がそこそこあるので主力。
伸び方が特殊で、やや遅めの前進から最後に1キャラ分ほど加速して伸びる。
ライフルCでダメージは149。N格を狙いづらい時はここからをお勧めする。

《横格闘》 回り込みキック一段  [威力:120][ダウン値:1][補正率:37%]
回り込みはするのだが、接近した時点でキックをしてしまうため多少距離がないと攻撃を回避できない。
逆を言えば距離が合ってれば射撃回避→キックとなっておいしい。
発生はやや遅い。接近までは早いのだが、接近してからドライブシュートを放つ大空翼くんの如く足を振りかぶる為だ。
距離、追尾はイマイチだが、吹っとばし効果は強いので場合によって使い分け。
ライフルCで156ダメージ。ジャンプ同時押しで上昇しながらが安定。

《特殊格闘》 回し蹴り  [威力:110][ダウン値:1][補正率:37%]
ロマン技。発生、距離、追尾が貧弱。
全てにおいて前格闘に劣るが、近距離で相手が自機より下にいる時のみデュエルの特殊格闘に似た使い方が可能。
ライフルCではダメージ136。

■覚醒

覚醒は、3.5と組むなら自機1機目もしくは2機目損害軽微、相手を片方落とした状態で味方が落ちてないならば、2回覚醒を狙えるので即使う。そうでない場合はここぞと言うときに1回。
  • 安定優先…ブーストダッシュor歩きでメイン連射(159)
  • ダメージ優先…ブーストダッシュで近距離を取ってから砲撃モード連射(204)
格闘コンボのシメにサブをどうぞ(覚醒中のサブは威力が50%UP)

コマンド 威力 備考
N格→サブ→メイン 264
前格→サブ→メイン 191 リーチ重視
N格→前格→サブ→メイン 276 安定高威力コンボ
N格→特格→前格→メインorサブ 246or251
N格→前格→特格→前格→サブ 280 壁際限定5Hitコンボ
N格→ 覚キャン →N格→前格→サブ 305 覚醒キャンセルを利用したコンボ。 300越え
N格→覚キャン→N格→サブ 299 覚キャン使用。攻め継続。サブを×2にすると強制ダウンで307

ちなみに敵機覚醒時に通常時の砲撃モードを当てても空中ヒット時は連続ヒットとならないので要注意。格闘は禁物。
大体、撃ち切って覚醒効果で速く回復しきった時点で覚醒解除になるお時間。
その後は何もなかったように基本の立ち回り。
一応、格闘→格闘→砲撃モード→射撃というコンボがある。
でも普通に射撃した方が断然良い。

■立ち回り

メイン、サブ共に銃口補正、誘導に優れるので長距離でも着地取りが可能。常に意識して行く。
格闘はヒットしたらライフルで追撃、遠くへ吹き飛ばし相方の援護に向かう。
相方がビームライフル装備の場合ライフルとビームのクロスでダウンを奪えるので上手く連携をとれれば楽。(威力100のビームとクロスで158ダメ)
ステップ性能はあまり良くないので、ステキャンがないと無理。
BD中の射角の余裕がそれほど無く、振り向き撃ちになりやすく、
振り撃ちは多大な隙が生じる(突進系格闘が間に合う程度)のでヒットする確信のある時以外撃ってはならない。
その場合カット覚悟で砲撃モードを狙う。
この砲撃モードは破格の強さを誇るが、近距離で残弾が3未満の時に使うと反撃確定なのでご利用は計画的に。
逆に遠距離なら反撃は確定しないので2発止め(威力は13しか変わらない)で攻めを継続させつつ
弾切れを装うのも時には有効。
この場合あっと言う間に放置されるはずなので、安心している次のブーストダッシュの着地を砲撃モードでガッツリ頂こう。
砲撃モードは無防備な着地であればかなりの距離でも取れるので。
そして、砲撃モードで相手をダウンさせた場合、とりあえず解除はしないでサーチを変える。建物などがなければとりあえず射撃。脅威の性能でそこから3発確定するかもしれない。

また、砲撃モードは真上からの射撃に真価を発揮する(かも)。射角の外なので反撃の心配は無いし、回避の為に地上ステップを繰り返すのが見えたらワンテンポ置いて、次のステップ硬直を取るように射撃をすると苦も無く当てられる。ステップ性能によって必中レンジ(高度)が変わるのでその辺は臨機応変に。
ちなみに弾が切れても弱気にならずに絡んで行く。一度ダウンするか高飛びするか程度の時間でリロード完了するので。あと前格闘。
ただ、あまり強気に出られるほどの格闘性能ではないので、無視されない程度ににとどめておくこと。
この機体の主力のダメージソースはあくまでスナイパーライフル。基本的には格闘はほぼ確定で狙える時にとどめておいた方が無難です。

組み合わせは☆3.5と組むのが基本。射撃メインの機体全てに共通することだが格闘機体との相性はいまいち。汎用的な機体と組むのがベスト。
そして自分が攻めて行く。前格闘は比較的実用レベルなので弱気になっている相手、こちらを見ていないでブーストダッシュしている相手には狙っていける。
サブ射撃は約3秒ほどの食らい硬直&強制ダウン、合計で5、6秒拘束できるので、当てている間は相方の苦労がかなり軽減される。よって、タイマン性能が高いほうを積極的に狙って拘束するのが望ましい。
2人にロックされたらとりあえず高飛び。恐らく片方はロックを外して相方に向かうはず。但しブースト全部使ったら駄目。

半ば強制的に☆3.5が囮になるので、知人と組まないとやや苦しい勝負になる。

ただ、何より大事なのは強いことではなく狙撃手気分を味わって楽しむコト!

ダケジャナイ偵ジン!!


■機体別攻略

ソードストライク
覚醒高飛び砲撃すると全ての攻撃を受けない。
カラミティ
砲撃モードに収束を撃たれると酷く痛いが、近距離ならステップを見てからメイン射撃をするだけで当てることが出来る。落ち着いていこう。
高飛びに対しては追いかけるように高飛び→着地待って砲撃モード でOK。この時はもう一人にサーチされていても構わない。ダメージ負けする事は無い。
デュエルAS
ステキャンでお茶を濁す→キャンセルチャージショットまで避けるか十分近付いたら砲撃モード。
この時もサーチされたままで構わない。
ランチャーストライク
結構厳しい。アグニは175と高威力な為、低コスト特有の相打ち戦法をすればあっという間に落ちる。高飛び砲撃もガンランチャーやCSアグニですぐ叩き落とされるため、僚機に張り付いてもらうしか。
但しチャージショットを避ければどの距離からでも砲撃モード3発が確定する。
イージス
下方向に強い機体なので、上方から砲撃モードで着地狙いをした方が安定する。多少のカットは覚悟しよう。
ドリルを砲撃モードで迎撃できると非常においしい。
レイダーも同様の戦法で対処可能。
ラゴゥ
比較的お客様。よほど腕に差があるor☆4の援護が無い場合高飛び砲撃で安定。


「複座」型なのでパイロットにはぜひバルドフェルド&アイシャを。

好機を見逃さず、相手の隙を撃ち抜け!長距離強行偵察複座型ジン!