※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●特殊ルール


○能力値

そのスートに対して、能力値分だけ、パスナンバーを増やす事ができる。
例えば、ハート:2 の能力値を持っている時、その魔法が7レベルであるなら、ハートのみパスナンバーが9になる。


○魔法の組み合わせ

魔法は組み合せる事ができる。組み合せる事ができる最大数は、能力値の合計分。
1つ組み合せる毎に、カードを1枚出したのと同じ扱いになる。ただし、魔法の組み合わせには、次の制限がある。
・組み合わせた数以上の枚数のカードを出さなければ、成功にならない。
・組み合わせた魔法全てに共通するスートのカードしか出せない
・魔法のレベルは、組み合わせた魔法の中で最低のものに合わせられる

 

○他PCとの組み合わせ

基本的には組み合わせと同様。次のルールが付け加わる。
・イニシアチブは最も遅いPCに合わせられる
・カードは交互に1枚ずつ出す
・自分の能力値しか使えない
・バックラッシュ(後述)が発生した時、目標決定のカードの数字は、お互い+5される。


○エース

出したカードの中にエースが混じっていたら、1枚毎に効果が+1倍になる。
ただし、エースを出した/山札から出た時は、必ずもう一枚カードを出さなければならない(エース止めの禁止)


○JOKER

JOKERは特殊なカードである。JOKERは次の効果を持つ。
・JOKERが出てきたら、捨て札と山札を混ぜてリシャッフルし、新しく山札を作る。
・「ギャンブルタイム」となる。出したPLは赤か黒かを宣言する。カードを山札から引く。宣言通りの色のカードが出れば、効果+1倍で成功となる。絵札とエースはさらに効果を+1倍にする。
宣言と逆の色のカードが出た場合、効果+1倍で失敗となる。エースか絵札だった場合、効果はさらに+1倍になる。
さらにJOKERが出た場合、どんな相手でも、何人でもHPを0にできる(魔子様を除く)。その状況は完全にクリアされる。

 

○魔法を溜める

魔法の発動を次のターン以降に持ち越す事ができる。数ターンかけて成功数を増すために用いる。
ダメージを受けたら、その時点で溜めていた魔法は暴走し、バックラッシュを開始する。
溜めている間、もし別なバックラッシュのダメージを受けた場合、そのバックラッシュが解決されてから、改めて溜めていた魔法のバックラッシュを解決する。