※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

 1.金星人



 4.M27とM36





(1988年1月14日の霊示)

1.金星人


さてみなさん、大サービスの章がやってまいりました。いよいよ宇宙人です。みなさんこれが知りたかったでしょう。宇宙人とは何か、ね。宇宙人もアダムスキーの宇宙人論とか、アメリカなんかいっぱいね、宇宙のこと言っとる人いっぱいいます。日本人でも宇宙人のこと言ってる人、結構いますね。ま、でも言ってる人がほとんどおかしい人ばっかりですから、何がなんだかわかんない。

また、宇宙人好きな人で霊が好きな人もおるし、宇宙人は好きだけど霊が嫌いだ、霊は好きだけど宇宙人は嫌いだ、まあこういうのもいるし、霊も宇宙人も嫌いだ、まあこういうふうにありますねえ。両方ありますが、まあ多少霊的なものに興味のある人は宇宙人にも興味があることが、一般には多いと言えましょう。ただ霊が好きな人でもまともな霊が好きな人は、宇宙人をいやがる傾向もあります。まあ、そういうこともありますねえ。

さて、金星人という話をしたいと思いますね。みなさんは、おそらく『太陽の法』を読まれておると思いますから、えー昔ね、金星に金星人がいたっていう話は読まれたと思いますね。そしてその姿は上半身が百合(ゆり)の花のようで、下半身が人間であった。そして光合成をして、そしてその光合成のエネルギーによって生きておったようである。こういうふうに書いておったと思いますね。

そんな半分植物、半分人間だったのかって、そんなたまったもんじゃないって言うけど、まあ考えてみりゃそういうこともあり得ますわね。ねえ、植物は植物で動かない、動物は動物で動き回っとるっていうけど、両方合体させたら面白いじゃないかって、そらあり得るわね。エネルギーを得て、で、自由に動ける。面白いですね。ま、そういうのもあり得ることですね。

これ以外にも金星人としていたものはありました。これは非常に少数ではありましたけども、この百合(ゆり)星人と言いますかね、百合の花のような金星人が長い間おったんだけども、彼らは非常に命が長くて死なない、事故がない限り死なないという状況であったんで、非常に長い間生きておったけども、停滞しておったと。まあこういうことで、金星でもまた新たな生物といいますかね、知性体を創る試みはあったんですね。それで今から十億年ぐらい前でしょうかね、そのあたりからそうした試みもありまして、いくつか創ったことがあります。そういう知性体をね、創ったことがあります。

ですからそういう植物兼動物のような、植物兼人間のような金星人、これは結構何百万体もいたんですが、これ以外に非常に身長の小さい金星人もいました。一メートルいくらぐらいのね、小さい金星人もいました。彼らは非常に頭でっかちでした。知性的な面、相当重視しましたが、肉体面が弱くてあまりうまくいかなかったんですね、この金星人は。

お釈迦様の前の生命体が金星で指導霊やっておって、あの人は頭のいい方ですから知性を非常に重視したんだけど、頭が大きすぎて重すぎて地上生活に適さなかった、まあこういう金星人がいっぱいできまして、これもそんなに栄えなかったですね。まだその末裔(まつえい)は多少おるかもしれませんがね、おるようですがね。多少おるようですが、まあほとんど少数でアイヌ人みたいなもんで、非常に少ないですね。そういう感じであろうかと思います。

これ以外に金星におるかということですが、いわゆる宇宙人の基地が金星にはありまして、地上に来て金星人だと名乗っておる者の中には、金星を基地としてね、活動しておる者がかなりおるんですね。金星人そのものじゃないんですが、もっとはるかな遠いところから来ておるけれども、金星を基地にして来ておる者がおって、そうした者は金星人と名乗ったりしています。その中には、地球人と非常によく似た種類の人たちもいます。本当に男女とも地球人そっくりに近い者もいます。ほんとにいます。だから一部分修正するだけで、整形手術したりね、隠すだけで地球人とおぼしき者もおります。

また、一部のそういう宇宙からの通信等の話を聞けば、そういう金星人みたいな人が人間の人類の中に入って住んでおると、まあ、こういうふうな報告もあるだろうと思うんですね。

実際はどうかって言うと、いることはいるんですね。ほんとにいることはいるんです。ごく少数です。数名ぐらいでしょうかね。数名ぐらい地球の五十億の中に混じり込んで肉体修行やっておるのがおります。実際に整形手術なんかして地上人そっくりに切り換えしてね、住んどるのがおります。だから自分の亭主だなんて思ってたら金星人だったりね。妻だなんて思ったら金星人だったりして、意外にこの本読んでうなずいてるあなたが金星人だったりしてね。まあそういうこともあるかもしれませんが、非常にそういう地球人とよく似た姿、形をした金星人もおるように思いますね。

その中には他の星から来た者かおるということと、あと金星に住み着いておる、ステーション作って住み着いておる者の中にね、第二世代、第三世代がおるんですね。たとえば日系二世とか、三世とかいうのがおるように、ステーション作ってからの二世、三世もおるんですね。こういう者は自称金星人を名乗っております。この金星の宇宙ステーション、あるいは宇宙人たちの姿については、やがて明らかになっていくでしょう。ここ数十年の間におそらく明らかになってくるであろうと思います。

金星というのはそういう意味で太古から霊的磁場の中心であった、こう言えますが、これ以外で太陽系で、木星人というのがおったこともあります。だけどこれはね、現時点ではもう生きている者はおりません。霊体としては木星人もまだおりますが、現時点では生きてません。

この木星人は今からおよそ、そうですね、まあ二十億年前から七、八億年前ぐらいまで生きておったことがあります。これも木星そのものじゃなくて、他の天体から飛んで来て住んでおったことがあったんですね。その形は非常に爬虫類によく似た形でありました。姿、形を言えば爬虫類に似ておる。全長三メートルぐらいの、まあ、ワニと恐竜なんかに似たような形でありましたが、高度な知性を持ったワニ、あるいは恐竜のような形でありましたね。だからワニ皮のハンドバッグなんか持ってる人は、よくよく反省しなきゃいけないですよ。昔、こんなとこ住んでたかもしれませんよ。ほんとは、懐かしくてワニ皮ばっかり愛してたりして。そういうことがあるかもしれませんね。ま、そういう生物もいたことはあります。

ま、これがだいたいなんて言いますかねえ、金星人、まあ木星人も入りましたが、だいたい金星人の話です。


2.オリオン星人


オリオン星人なんて言うと、ウルトラマンかなんかみたいな感じがみなさんするでしょう。オリオン星って言いますねえ、星座、オリオンというのがあって、まあ有名ですが、ここにもおるんですね。知性ある生命体がおります。

オリオン星座の人は非常に詩人が多いですね。詩的な魂です。芸術家たちが集まっておるんですね。芸術的魂がここから出ておることが非常に多く、住んでおります。その姿は非常に優美な姿をしております。

オリオン星人の姿というのをこの世的に表現すると、非常に天使の姿に近いです。私たちが天使と呼んでおる姿に近いです。もちろん手、足があることはあるんですが、羽が生えておることが多いです。羽が生えておるオリオン星人がね。ですから羽が生えておる天使が、竪琴(たてごと)かなんか奏(かな)でてるようなのをみなさんはギリシャ神話かなんかで見られたかもしれないけれども、まさしくそういう感じがするんですね。非常に芸術性の高い魂が多い。まあ体の大きさそのものはいろいろです。一メートル台から三メートルぐらいまであるのもおります。いろいろですが、天使の姿によく似ている。まあこういう星人がおりますね。

オリオンからも、地球にも多少は来ておらんこともありません。多少はいることはいますね。でもただ、オリオンからは肉体舟(にくたいぶね)で来るよりは、魂として地球に来た人がかなりいるように思います。魂として地球に来た人がいる。芸術家的な、非常に芸術家的な傾向を持った人は、オリオンから来た人が多いです。詩人であるとかね、芸術家、画家、音楽家、そういう素質が非常に強い人はここから来た人が多いです。

まあ、なんか名前から言っても芸術的な響きがある星ではないのか、まあこういうふうに思いますね。彼らは羽が生えておるけども、面白いことに羽が生えておって、空を飛べるオリオン星人と飛べないのがおるんですね。

飛べるのと飛べないのがおって、空を飛べる方が支配階級なんですね。で、空を飛べないのが奴隷階級になってます、ここはね。だからより高度な芸術家のために尽くすのが、空を飛べないオリオン星人ですね。これらは羽がちょっと小さいです。鶏の羽じゃありませんが、ちっちゃな羽になってますね。で、生まれつき大きい羽を持ってるのがおりますね。だから大きな羽持ってる者どうしがだいたい子孫創っていって、一種の貴族階級創っとるんですね。天使の貴族階級創っておって、彼らの芸術的な才能に奉仕するために羽の短いのが、だいたいあまり空を飛べないぐらいの天使みたいな形したのが仕えておる。まあこういうふうに言うことができると思いますね。

だから地球にあって霊界での天使という姿がよく言われてますが、これは霊体として来たオリオン星人たちの姿をみなさんよしと思われて、そしてまねをしてだんだんそういうものを創っていったことが多いんですね。まあそういうふうにだいたい思って間違いないんではないでしょうか。私はそう感じますね。


3.ベーター星人


まあ、これもSFかなんかみたいで、みなさん笑っちゃうかもしれませんが、べー夕ー星っていうのを私何度も言いましたが、これが母星です。地球の母星でございます。ベーエルダ星とも言いますが、ここから、だいたい今から三億数千万年前に、私を中心とした巨大言団が円盤に乗って移って来たんです。そこの星人の姿については多少前に話をしたかもしれませんが、地球人とそう変わらないサイズであったかもしれません。ま、違ってた部分でね、多少しっぼがあったとかね、耳がとんがっておったとか、まあそういうことを言いました。宇宙服着て飛んで来ました。

ベーター星の景色についても前にちょっと話をしたと思いますが、ま、非常に高度な星でありましたし、科学技術は非常に進んでましたね。それは地球の比じゃないです。科学というのは、まだまだみなさんね、五十倍も百倍も進む可能性があるんですね。そうしてくると、今なんか当然と思われないようなことがね、みんな当然になってきますよ。

みなさん今、空間移動するのに時間かかることは当然だと思ってるね。通勤に一時間半かかるの当然だと思ってますねえ。四国から東京へ来るのは大変だ、ね。秋田から東京へ来るのも大変だ。まあこういうふうになりますね。四国から東京へは日本エアシステムが飛んでるけども、秋田から東京へは全日空が飛んでおるとかね、まあこうぃうふうにいろいろ種類はありますが、大仕事であることは事実ですね。ただそうした大仕事をみなさんよしとしておられる。ところが科学技術が発達するとね、全然違ってくるんですね。

たとえば今空港へ行って、東京とその地方とを結ぶとて時間程度かもしれないけども、この空港まで行くだけで一時間以上かかったりする人いっぱいいるね。空港まで一時間半、成田や羽田でもそうだろ。一時間じゃ行けないなあ、空港までね、一時間、二時間かかっちゃう。空港まで一時間半で空港から三十分とかね、一時間とかいうことが多い。こういうのバカバカしいですね。

そうすると未来型のこういうべー夕ー星人たちはどういうことやってるかっていうと、たとえばここが地球がべー夕ー星だとして、羽田から、羽田発でね、どこでもいい、九州でも行くとしようか。九州に行くとする。そうするとそういう航空券買うね。羽田から九州行き買って、それがたとえば午前十時発としましょうか。そうするとどうなるかって言うとね、もう十時ちょっと前には空港からお迎えが来るんですね。ピューンとお迎えがね。個人お迎え飛行機みたいなのが来て、個人乗りのね、一人乗りロボットつきのね、個人お迎えみたいなのがピューンと飛んで来るんだ、自宅までね。自宅まで飛んで来て、ピューンと飛んで来て窓の外で止まっとるんだ。「あっら、もうお迎え来ちゃった」というんであわててネクタイ締めてね、ヒョイッと飛び乗る。そしたらシューッとね、羽田まで飛んじゃうんですね。シューッと一瞬ですよ。アッという間ですよ。シューッと行っちゃいます、ね。ほんの五分です。五分ぐらいでシュッと行っちゃう、ね。そういう中型、小型機だな。小型機迎えに来て、自動的にお迎えに来てシューッと帰っちゃう。こういうのが来るね。

それが今だと、まあ朝の四時起きだとかねえ、何時起きだとか言って、地下鉄乗って中央線乗って、東京駅出て、浜松町駅行って、あなたモノレール乗って行くんでしょ。大変だ、ね。こんなのブーブー言うとる。こんなの解決されますね。当然のことです。

それから弾丸列車みたいなの、もっとできますね。地下にチューブみたいなのができてね、ある点、ある都市、東京と大阪なら東京と大阪を重力みたいなもんでね、引っ張るような感じの弾丸列車が地中を走るんですね。

東京から発車して、地下へ向かってシューッと降りていくんですね。ジェットコースターの原理みたいです。それでその余力でもって大阪までシューッと上がっていく、ね。大阪から出てまた地下の方ヘシューッと深く降りて行って、その力でもってシューッと上へ上がって来るね。こういう直線距離ね、まったくの直線で、途中一切止まらないっていうようなチューブ型のこういう列車ですね。こんなのがいっぱい走ってますね。こういう星です。これはみなさんがいた星ですよ。もといた星の話、私はしてるんですよ。こんな星でございます。

あるいはねえ、もっと面白いのをあげようとすると、まあこういうのもあるねえ。みなさんは人の気持が読めないなんて悩んでるねえ。男性は女性の気持がわかんない。女性は男性の気持がわかんない。彼は僕が好きなのか、あ、違ったか、彼は私が好きなのか、「彼女は僕が好きかなあ、嫌いかなあ、わかんない」ね。あるいは「彼女はきれいな洋服着てるけれども、洋服の下はガリガリかな、それともゴールデンサイズかな、わかんない」ね。こんなわかんないことでいっぱい。この世は不思議がいっぱいですね。

ところがね、この国行くと、この星のべーター星では面白いんだね。個人がそういうマイクロコンピュータじゃないけど、こんなのをちょっと持っとるんだなー。胸のとこあたりにね、ちっちゃなちっちゃなマイクロコンピュータでものすごい頭のいいコンピュータがおるんだよ。そして道歩いとったり、あるいは仕事してていろんな疑問があると、ボタン、ピュッと押してね、「おい、僕のマイコンよ」なんてね。今、前に座ってる女性、ねえ、たとえば、二十二、三歳の女性が座っとるとする。「僕は彼女が非常に美しいと思うんだけども、彼女は実際どうだろうか」「たとえば結婚生活に適する方だろうか、どうだろうか」なんて、こうマイクロコンピュータに問い合わせをする。

そうすると、「しばらくお待ち下さい。調査します」と言って、「ピピピピピピッ」ときたら「ハイッ」五秒ぐらいしたら「調査結果が入りました。彼女は身長がいくら、体重はいくら、そしてバストはいくら、ウエストいくらです」ってね。「ところがバストが全然なくて洗濯板でございまして、この上で洗濯ができるぐらいです。ご主人様、これでよろしければお嫁にもらわれたらいいけれども、当機械と致しましてはね、洗濯板をお嫁にもらう場合には現在のように全自動がはやっておる時には、非常に似つかわしくないのではないかとのコメントもあります。それは最後はご主人様のご判断でございます」なんていうことをね、こういう便利なことをもし言う機械があったら、いいねえ。

あるいは仕事の時で、たとえば相手と話してるけど、「なかなかこの人ちょっと悪人面しとる」と、「もしかしてわなじゃねえか、引っかけるんじゃねえか」と思うね。そしたら秘密の装置でピピッとね、「おいどうだ調査しろ」って言ったら「わかりました、ご主人様」って言って、雑談してるうちにそのマイコンがね、中央の情報システムの方につながって、「おい、こういう何とか会社のなんとか専務と今話をしておるけれども、これはどういう人物か、信頼できるかどうか」って言ったら「ピピピッ、わかりました。すぐ調査します」って、興信所みたいなのがね、ものすごく早い。

もうデータがパーッと入っておってね、バババーッとあっという間に二秒か三秒でもう情報が出て来る。それが聞こえない電波でパーッと送られて来るね。そしてその装置にパッと入って来る。そしたらその装置はまた周りの人に聞こえないようにね、情報が本人には全部わかるんですね。自分だけに聞こえて、向こうに聞こえないような声が出るんですね。そして「この専務っていうのは前科三犯ですよ」って。「前科三犯で、特に結婚詐欺をよくやった人ですよ。まあこういう人ですから手形詐欺だってやるかもしれません」こういうのパッパッパッて言いますね、そしたらわかっちゃいますね。ま、こんな便利な機械も発明されます。人類の夢と言ってもよいでしょうか。ま、こんな機械ですね。

あるいはみなさんは、地球にいると物質化現象なんていうのは不思議で不思議でしょうがないね。イエス様は空中からパン出したとかね。空中から魚出したなんて不思議で不思議でしょうがないね。ところがこの国ではできるんだよ。このベーター星でできるんだ。そういう機械あるんだよ。あのみなさんね、なんだ、電子レンジなんか持ってるけど、空中からの製造機みたいなのがあってね、電子製造機あって、望みのもの押すね。そしたらそこらへんにある空中の成分使って作っちゃうんだ、ね。何でもいい。上にね、漏斗(ろうと)みたいなのあってね、そこにいろんな物をぶち込むんだ。何でもいいんだ、廃棄物でも何でもいい、ぶち込むと、その中からチューッと抽出(ちゅうしゅつ)してね、ミキサーみたいなのかけて、そして新しいもの作り出す力がある。

何でもいいんだ、物入れたらそれを分子、原子に分解しちゃって、そして原子、あるいはもっと小さな単位で分解しちゃってね、そして再構成するんだな。だから、はた目にはね、いきなり今の日本の電子レンジで言えば、電子レンジの中にいきなり物がボコッと出るような感じだ。上から何かを放り込むと、そらあなたね、椅子を放り込むとパンが出て米るとかね、こういう手品みたいなもんですよ。椅子を放り込むと椅子がパッと姿を消して、原子レベルかなんかに分解されてしまって、なんと今度パンになって出て来るという、ね、こんなのがあるんですね。こういう星の人が生活してるんですね。これがべー夕ー星人です。

だから、魔法の国みたいですね、まるで。こういうとこに私も住んでおったけど、魂の修行ができんのだ、もうあんまり便利すぎて。相手の考えてることとか、相手の情報が全部ね、ピッピッピッとわかってしまったらこんなんじゃね、俺たち自力がねえじゃないかって、ね、どうやって修行するんだってそんなとこで、もう便利すぎて全然ダメだって、ね。何でもかんでも機械万能でね、おかしいじゃないかって、科学万能でおかしい。私も科学者だったけど、まあそれじゃおかしいということで出て来たんだ。

ねえ、ジュースなんか飲もうと思ったって、そんなのボタンひとつで空中からジュースが湧いてくるんじゃこんなのたまったもんじゃない。こんなの面白くない。空中にたとえばね、ポーッとこうシャボン玉みたいな形で、もう「オレンジジュース」ってたとえばボタン押すとね、そういう装置、食事装置ってあるんだな、それを押すと空中の成分分解してね、オレンジジュースが出て来るんですよ。ね、空中にポンと水玉みたいなオレンジジュース出て来て、この水玉がポコポコと口に入ってくるんだよ。飲もうと思ったら、ペロッペロッペロッペロッと飲んだら終わりだな。こんなんですよ。

信じられるでしょうか、みなさん。ねえ、これだったら魂の修行がない。こういうこともあって、私たちはもう一回やり直してみたいという魂がね、大船団組んで、六千万人でもって大編隊組んで、十年かかって地球に飛んできたんですね。そして新たな地球人の元祖となったんです。そういうこともやりましたね。こういうことがあるんです。

ですからいろんな星があるんですよ、いろんな星で魂修行があるんです。みなさん方はほとんどもう一回やり直したい、地球という国でやり直したい、まあこういうふうに思ったと言っていいでしょう。


4.M27とM36


さてね、まあ銀河の中でM27と呼ばれてる星、それからM36と呼ばれてる星があるんですね。この二つ、Mっていうのはね、これはメシアのMです、ね。メシアという記号があるんです。M27、M36というのがありますね、今、出てます。まあこれはね、なかなかみなさんわからないかもしれませんが、銀河系にはメシアがね、だいぶおるわけです。

地球系団にはメシアと言われる人たちが約十名おりますが、全銀河系ではね、このメシアと言われる人たちがどれぐらいおるかって言うと、まあそうだねえ、数でいくと三千人ぐらいいるかねえ。メシアと言われる人たちは、全銀河では三千人ぐらいいると思います。地球では、その中の十人ぐらいがおるわけですね。その中で、メシアが地上に出るような星のことをM何とかと言うことが多いんですね。M27、M36、まあこういうふうに言われます。ま、M26なんていうとこにも、ちょっと小さなの出てます。

M37というところもありますが、これはメシアの番号なんですね。こういうのがあって、銀河系団で約三千人近いメシアかおるけれども、メシアにねえ、残念ながらみなさんね、序列があるんですよ。知らないでしょう。こんなメシアの世界で序列があるなんて許せない、なんて言う人いるかもわかんない。不平等だ。みんなあるんです、ちゃーんとあるんですね。地球系霊団でも九次元の十人に序列がついてるんですね、はっきりついてる。

ということは、地の惑星系団でもメシア序列がついておる。そうすると今度地球系のメシアと、オリオン星人のメシア、べーター星人のメシア、まあいろいろあるけども、これらのメシアと比べて、地球のトップが向こうの何番目に当たるか、地球のビリが向こうの何番目に当たるか、こういうのをまたコンピュータではじいとるんだなあ。全国統一方式みたいなもんで、共通一次試験じゃないけど、あるんですねえ。

だから三千人のメシアに能力管理がされていて、三千人の中で順番が一から三千までついとるんですね。パーッと全国統一ですね。三千人、予備校みたいなもんですね、三千人の中でメシア。そらみんなやってるでしょ、地球で何回も出ては仕事をしてる。そして実績がつくでしょ、それでコンピュータにインプットされてるんだな。これだけのことした、こういうインプットされてる。そのインプットデータが出て来るんですね。過去七回転生して出て来た。そしてデータが出て来た。ピピピッ、トータルの順位は三千人中、今、二五六一番、ね。かたや一四三一番、こう出てるんですよ。

そしてコンピュータ偏差値出て、かなりレベルが上がってきたら、地球ではもう魂修行するべきじゃない。五百番以内は地球はだめで、五百番以内は何とか星へ行かなきゃいけないとかね。こうやってるんですよ、進路決定で進路指導があってね。だいたい太陽系におれるのは何百番から何百番ぐらいの人がだいたいおる。

三千人いたらね、太陽系のメシアのレベルというのはだいたいどのぐらいかっていうと、まあ普通は五百番から千番ぐらいまでの人がだいたい太陽系に来るようになっとるんだな。メシアレベルでね。そうすると五百番より先になってくると、もうちょっと進化した星に行かなきゃいけないんだな。まあそういうふうに言えます。

もちろん太陽系といっても、まあ私みたいな人はまた別格ですがね。こういう別格はもちろんおるわけで、そういう人をヘッドと言うわけで、ヘッドはまた、全然違ってヘッドの順位はなかなかわからないようになっとるんですが、それぞれ自分が一番偉いと思ってコンピュータが教えない。まあこういうとこありますね。あるわけであります。

だから三千人でもね、ちゃーんと能力管理があって、実績と能力の管理があって、序列がついておる。そして、それも今世限り六十年、七十年じゃなくて、何億年、何十億年の過去の実績の積み重ねで、集大成で、ちゃんと成績が出とるんです、ピシーッとはじかれとるんです。そしてさらに転生していくんですね。まあそういうふうに言えます。だからメシアが出てる星はいくらでもありますが、それは全部メシアナンバーがついてます、ちゃんとピシッとね。メシアナンバーがついて、能力管理されてます。

そしてM27のメシアと地球のゴータマ・ブッダと、どっちが偉いか。どっちが偉い、向こうが偉いとして、それで能力係数でどれだけ差があるか。ゴータマ・ブッダがそのM27のメシアと同じ程度まで行くのに、あと何年の時間が必要であるか。ねえ、すぐパパパッと計算して、あとだいたい二万年必要と、まあ出るね。あと二万年のうちに何回出る必要があるかっていって、パパパッと計算して、だいたい十回出ればよいって出るね。

十回出てどういう仕事をすればいいかって、王様を三回して、何とかを、一番下を二回やって、それから何、科学者をやって、政治家をやって何かやってダダッて十回やると、だいたい同じレベルになるって、こう出るんですね。うーん、面白いですねえ。こういう能力管理があるんですよ。

だからみなさんね、試験受けてヒーヒー言ってたらいけないよ。まだもっとすっと上でもあるっていうことね。能力係数が、ちゃんとはじかれてるんですね。まあ、そういうことですが、具体的にどの人が何番かなんていうことはこれは恐れ多くて言えません。恐れ多くて言えませんから私は言いませんが、だからそういうふうに序列はあるということ。だからこれはどこの世界でもあってね、それが調和と進歩と両方に奉仕しとるんですね。まあそういうことは言えると思います。


5.大宇宙の救世主


ま、そういうことですから、いわゆる救世主と言われる人も相当の数はいます。三千人って言ったら大会社ぐらいですね。大会社の、中会社かな、人数ぐらいだと思います、社員のね。それぐらいの人いるけれども、その中でもやっぱり課長クラス、部長クラス、ね、役員クラス、社長クラスとおるわけですね。

で、大宇宙の救世主、どこにおるんだ、一体誰だ、この三千人のトップに立っとるのは一体誰だ、ね。あるいは重役クラスは誰だ、一体、まあこういう疑問があるわね。三千人ぐらいの会社だったら、重役がだいたい三十人ぐらいかね。役員さんでは二十何人か三十人ぐらいと思いますね。三十人ぐらい。そしてその中にヒラ取締役、常務取締役、専務取締役、副社長、社長、こうおるわけですね。

まあ、どの程度か。果たして高橋信次は三千人中取締役になっておるのか、なってないのか。あるいは取締役降格されて左遷(させん)されたのか。子会社の社長として出向させられたんだろうか。このへんはみなさん疑問があり、興味もあるとこでしよう。これについては私は何も語りません。

ただね、まあ銀河系団の中では、銀河系、そうだなあ、うーん、大宇宙の中で、と言っても難しいかもしれないけど、ちょっと、ま、みなさん方は知らないのもおるけども、銀河系の中ではまあこの大宇宙の中で、そうだね、専務クラスぐらいの魂はおるわけですね。大宇宙の中の専務クラスぐらいの魂がおります。

こういうのは、もうほとんど惑星意識になりかかってますね。まだちょっと人格が残ってるけども、つぎ行ったらもう惑星の意識そのものになっちゃうような人たちですね。このへんは相当の力を持ってますね。この程度の人たちになってくると、星を移動させるぐらいの力持ってますね。星を移動させたりね、星丸ごとね、潰(つぶ)したりね、消滅させたり、出現さしたりするぐらいの力持ってますね。この程度の力があるんですね、霊能力でも。

いくら霊能者たってあんた、地球潰したり地球出したりできないでしょ、そう簡単に。その程度の力持っとるのがおるっていうことですね。霊能力として、タマゴ出したり二ワトリ出したりするぐらいの霊能者かおるわけだから、もっとすごくなりゃ地球出したり消したりするぐらいの霊能者おってもおかしくない。この程度の力持っとる人が、大救世主の中のまあ専務クラスですね。銀河系にはこの程度の人もおります。実際この程度の人も二、三名おります。こういうとこですね。

大宇宙の大救世主、それは高橋信次です、というのはまったくの嘘でございますが、まあべー夕ー星っていう私がいたとこにもね、やっぱり専務クラスはおりました、ね。そういうことで、大宇宙の救世主はなかなかわかりません。ほんとはわからないんです。おるはずなんですが、一体誰なのかわからないんです。私たちにもよくわからないんです。わかんないということで私らがどの程度かだいたいわかると思いますが、わかんないんですね。ただ、どこかにはおるはずなんですね。

で、これなんかもほんとは惑星意識になってもいいような人間がね、おそらく惑星意識にならずに、人格霊として統治をしておるんだろうと思うんですね。こういう一段高いのが、多分統治をしておると思いますね。救世主の世界に止まってね。そういうことです。だから私もまあ、まだまだ修行の余地があって、頑張るつもりです。だからみなさんもね、頑張っていこうねー。いろんな勉強していくんだよ、ね。そういうことだ。

で、今年はこれでまあ、一冊目スタートと、いうことです。