※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次











6.幸福のための祈り


それでは、最後になりますが、ここに幸福のための祈りというものを、伝授(でんじゅ)いたしたいと思います。これが、祈りにおいては、完成に近い祈りであります。

この幸福のための祈りが成就(じょうじゅ)すれば、人間は無限の勇気と、無限の成功、これが与えられることになります。

では、まず第一に、幸福のための祈りのうち、成功のための祈りというものを、次に記したいと思います。

《成功のための祈り》
主よ、私は、人間の信念の偉大なることを信じます。

人間の信念が、岩をも砕(くだ)くことを信じます。

心に誓いしことが、すべて実現することを信じます。

もし、からし種一粒(ひとつぶ)ほどの信仰さえあれば、この世において成し遂げることができないことは、何もないことを信じます。

もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、「『この山動きて海に入れ』と言わばしかなるべし」という言葉が、真実であることを信じます。

神よ、あなたを信ずることが、すべての出発点であり、神よ、あなたを信ずることが、すべての希望の原理であり、神よ、あなたを信ずることがすべての成功の根元であるということを、私は知りました。

さすれば、神よ、我に繁栄を与え給え。我に成功を与え給え。

なぜならば、我はあなたを、心の底の底から信じているからであります。

我が信仰に火をつけ給え。

我が信仰の松明(たいまつ)に、火をつけ給え。

さすれば、火は燃え移っていくでありましょう。

この、燃え移った火を、私は多くの人に広げたいと思います。

そして、成功という名の光の行進を、開始したいと思うのです。

私はこの火のもとにおいて、あなたの名のもとにおいて、成功しないということは決してないということを知りました。

私は今、成功のための祈りをあなたに棒げます。

神よ、御心(みこころ)の天に成りませるがごとく、この地にも御心を実現し給え。

御心の、天において無限界であるがごとく、この地上においても、無限界の御心を展開され給え。

神よ、あなたのお力を、心の底の底から信じます。

無限の力を、私に与え給え。

無限の成功を、我に与え給え。

ありがとうございます。

これが、成功のための祈りであります。常々こうした勇気のある言葉を、口に出して生きることとです。

心というものは不思議なものです。悪いことを心に描いておれば、悪いことが身の周りに生じてくることがあります。

しかし、常々よい言葉を発していると、良いことがらが集まってくるのです。

それは、人に対してもそうです。人のことをよく言う人のところには、良い人が集まってきます、人のことを悪く言う人のところへは、悪い者が集まってきます。そうしたものです。

さすれば、常に成功を口にしておれば、成功するような人が集まってくるのです。それは聞違いのないことです。

では、幸福のための祈りの第二として、繁栄のための祈りというものを、お教えいたしましょう。

《繁栄のための祈り》
神よ、私はあなたの本質が繁栄であることを信じます。

あなたは繁栄であり、万物万生を繁栄させ、そして今日にいたるまで、大宇宙の進化を司(つかさど)って来られました。

私は今、つくづくと、あなたのお心のうちにあるものは、すべてのものの繁栄であり、すべてのちのの発展であることを知りました。

さすれば神よ、あなたの子である私もまた、繁栄のための礎(いしずえ)となることができるはずであります。

神よ、どうか私を、世界の繁栄のための礎として、お使いください。

世界の発展のための礎として、お使いください。

世界の繁栄のための兵士として、お使いください。

世界の発展のための兵士として、お使いください。

神よ、私は人類の発展のために出て来たのですから、我が人生には発展しかないのです。

我が人生には、繁栄しかないのです。

どうか、積極的なる人生を、我に与え給え。

我に、積極的なる人生を歩むための勇気をお与えください。

ありがとうございました。

これが、繁栄のための祈りであります。

それでは、幸福のための祈りの第三といたしまして、健康のための祈りというものをお教えいたしましょう。

《健康のための祈り》
神よ、あなたは人間を、完全なるものとして創られました。

そして、人間か完全なるものとして生きていくことが、あなたの御心にもかなうものと思います。

私は今、人間として肉体を持ち、地上に生きておりますが、あなたの当初の御心が完全なる人間を心に描(えが)いていたにもかかわらず、今、我が身体の一部に病気が現われたかのごとく見えます。

しかし、私は、これが人間の本質ではないことを知っております。

あなたは、完全に人間を創られたのですから、人間に病気というものは本来無いはずなのです。

人間には、健康しかないはずだからです。

なぜなら、神は健康な人間をお創りになったからです。

さすれば、私の今のこの病気は、決してこの地上において、そのまま存続することが許されることではないと思います。

神よ、実相(じっそう)の世界において、あなたが健康しか創られなかったように、この地上においても健康しか創られないことを私は信じます。

神よ、健康のために、私はこれから、あなたに祈りを捧げます。

どうか、我が身体(からだ)に光をお与えください。

どうか、我が心に光をお与えください。

どうか、我が病気をお癒(いや)しください。

神よ、神よ、神よ、神よ。

神よ、あなたの力を私の身体にお与えください。

私の病める肉体をお癒しください。

私の病める肉体を、健康にお変えください。

神よ、あなたの名のもとに、すべてのことは可能です。

あなたの名のもとに、すべての奇跡が起こります。

神よ、私はすべてを信じます。

神よ、すべてを御心に委(ゆだ)ねます。

神よ、どうか、この私の病める肉体をお癒(いや)しください。

あなたの、み足のもとに、私は今、お祈り申し上げます。

あなたの前にひれ伏し、あなたのお力を存分にお受けいたしたいと思います。

この病める肉体を、どうかお癒しください。

神の光流れ入る。

神の光流れ入る。

神の光流れ入リて、我が患部(かんぶ)を治し給う。

神の光流れ入りて、我が病気を治し給う。

神の光流れ入リて、我れに健康なる肉体を与え給う。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

これが、幸福のための祈りの第三の、健康のための祈りです。

それでは、幸福のための祈りの、第四として、幸福のための祈りそのものを、お教えいたしたいと思います。

《幸福のための祈り》
神よ、私たちは、この地上で幸福に生活するために出てまいりました。

そうして、あの世においても、実在界において幸福に生きていくことを、心に描(えが)いているものであります。

神よ、私たちは、この世においても、あの世においても、幸福に生きんとするものです。

そして、私たちの願う幸福は、決して他人を害することなく、決して神のお心を害することなく、自も他も共に発展していくための幸福であります。

どうか、私のこうした幸福の祈りが、主の御心にかない、神の御心にかない、そして、この地にも、そして、天にも幸福が実現しますように。

我のみならず、すべての人が幸福になりますように。

神よ、あなたが幸福であられるがごとく、私も幸福でありますように。

私の家族も幸福でありますように。

私の友人も幸福でありますように。

私の隣人も幸福でありますように。

私の住む町が幸福でありますように。

私の住む市が幸福でありますように。

私の住む都市が幸福でありますように。

私の住む国が幸福でありますように。

神よ、すべてのものに幸福をお与えください。

神よ、あなたは、おそらく、花びらのごとく幸福を、私たちに降らしてくださることと思います。

神よ、今私は、大きな心でもって、あなたの幸福を受けとめたいと思います。

神よ、花びらのごとく幸福を、我に降らし給え。

花びらのごとく幸福を、我が周(まわ)りに降らし給え。

花びらのごとき幸福を、すべての世界に降らし給え。

ありがとうございます、

心より感謝します。

幸福しかない世界をお与えくださいまして、心から感謝します。

私は今、それを受けました。

ありがとうございました。

以上が、幸福のための四つの祈りです。こうした祈りを、常々心に描き、そして口ずさんでいるということが、あなた方の成功や繁栄を招くようになるでしょう。

そして、あなた方が本当に、誰に対して祈ってよいかがわからないならば、イエス・キリストの名を呼びなさい、私(わたくし)の名を呼び、私にすべてを任しなさい。私は、いつもあなた方を導くことを願っています。

あなた方のために、私は、この二千年間休んだことかありません。休みの日にも、あなた方が病(やまい)のときにも、失意に沈んだときにも、悲しみのときにも、苦難のときにも、私はあなた方と共にありました。

昨日もまた、私(わたくし)はあなた方と共にありましたから、今日もまた、あなた方と共にあるでしょう。今日もまた、あなた方と共にあるということは、明日もまた、私は、あなた方と共にあるでしょう。

あなたが、イエスと共にいるのです。あなた方は、イエスと共にいるのです。

私もまた、神と共にいます。神と共に生き、神と共に喜び、神と共に繁栄をしていきましょう。 心から神に感謝し、その感謝を、人類すべてに押し広げてゆきましょう。

以上でもって、私の「祈りと生活」という話を終えたいと思います。