機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- アンドリュー・バルトフェルド(オペレーター)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンドリュー・バルトフェルド(CV:置鮎龍太郎)


【解説】
コーディネーター。
パイロット版アンドリュー・バルトフェルドも参照の事。
ストライクとの戦闘の末に瀕死の重傷を負うが、副官ダコスタに助け出されしぶとく生還を果たす。
その際隻眼・隻腕・義足となる。
プラントでは奇跡の生還を果たした英雄ともてはやされ、その人気に目をつけたパトリック・ザラによって
新鋭艦エターナルの艦長に任命される。
しかし既にクライン派であった彼はラクスと共にエターナルをジャック。
三隻同盟に参入しキラ達と共に戦う道を選ぶ。


【台詞】

  • 作戦説明
    • ×××××(ステージ名)で敵部隊と遭遇した、敵部隊を撃破しろ!
  • 作戦中
    • これ以上は危険だぞ、もたせろ!(自軍コスト減少)
    • あと一息だぞ(敵軍コスト減少)
  • 作戦成功
    • よおし、作戦成功だ。
  • 作戦失敗
  • 戦果画面
    • やるねぇ、君が敵だったらと思うとゾッとするよ(S~SS)
    • 君にも何か通り名が 欲しいところだねぇ どんなのがいいかね?(SEED)
    • ふむ……その活躍、まるでバーサーカーだねぇ(同上)
    • 腕のいい部下を持つと気分がいいねぇ
    • 君みたいなのをエースって言うのかねぇ