機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- トール・ケーニヒ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トール・ケーニヒ(TOLLE KOENIG)(CV:井上隆之)


【解説】
ナチュラル
生年月日…C.E.55年4月11日、牡羊座
没年月日…C.E.71年4月17日、享年16歳
血液型…A型
(名前はドイツ語で「素敵な」「王様」)

主人公キラの同級生の一人でナチュラル。 同級生の中では明るく、調子のいい印象を受けるキャラクター。同じく同級生のミリアリアとは恋仲でもあった。
キラの親友であり、キラが密かに想っている同級生の事を気付いていたり、それを茶化したりしている。またコーディネーターというだけで連合兵に銃を向けられたキラを、身を挺して庇ったりもしている。
他のメンバーと同じく、戦争に巻き込まれ、他の仲間と共に除隊許可証を破り捨て、アークエンジェルのクルー(副操縦士)になった。
それ以後は特に活躍していないように思えるが29話にて、いきなり スカイグラスパーのパイロットとなり死亡フラグが…と思ったら、30話で投げられたイージスの盾がコクピットに直撃し戦死する。 その際の死亡シーンは2回も描き直され、ニコルと同じく死亡バンク要員に。 キラとは親友という設定なのだが、なぜこんな設定なのかと言うと、「キラとアスランの友情の為に、キラがニコルを殺した事に対しての等価交換としてこの親友という設定があるのではないか」という説が存在する。


(余談になるが、サンライズの作ったハインライン原作のモビルスーツSFアニメ『宇宙の戦士』では、主人公の戦友二人が異星人との交戦で、一人は胴体を切断され、一人はヘルメットごと首を飛ばされるという、ニコルとトールのような死に様をしていた。後者の落語好きで関西弁の臆病者の声が池田秀一なのは驚きである。なお『宇宙の戦士』は映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の原作だが、これには何故か肝心のMSが出てこない。)

搭乗機体は原作通りのスカイグラスパーと、原作では搭乗していない(できなかった)ランチャーストライク、ストライク(バズーカ装備)。