※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

八神はやて(A's)


                 ,.、
                 |_|
            ,ィ7'l:::Kス
             〈_)-`'::::::ハ          _ --― -  _
              〉、:::::/::::ハ          /         `丶
           ヾ三ソ::::::::ト、       /, -=ニ三ミ、       ヽ
                \::::::::ノ!:ヘ     // / i    、 `ヾヽ i.   ',
               Y´  ! ト、 ./‐/ニA_ニi、=ハ   ヾ::::!    }
           {ヽ   ∨   l ヘ ! l /Ll_\トj七メ  l V     !
           ヾ::\ ∨ i   ヘl !〈 ト'::l   7゚::ヽ!×!  !     ,'  /7
            >:::\ヽノ __ 「`ト!、.ゞ' ,  弋ソ.!  !  ト、  ノ /::/
            \:::::::ハ./, '   l l:::ハ. r‐ 、 ""| !  l、:X/:::::::7
             〈::::::::::::l〉    .〉 〉:::トゝノ__,.ィー!  l  .K>、\::<
             ヾ_::::::::!    / //テ、}][`7ヲヘ!イノ!∧トゝ::\:X´
                レヘ:::ゝ _  y' _ -、 ! |  lヾ'<`ー-,.、:::::::::::::_ル、}
                 \::! 7/   ! ト、_ノイト、l::::::/|_|二_ ̄
                  `/ /〉    ! |:::|!|:::!| レ〈ヽ!:LLレ}
                       / 〈/   / l:∧ソ::!| | `K:::::::ノ〉
                   /}  レ´二_ー-'_/:《::::::/ノ l `ト、二ソ|
                 /:::/  _>'<二ヾ´:::|ソ::::::>ヽ,イ  ト、::::::::イ
           /::::::/ /  ̄/7ソ三`,>ヘ/-‐' .l /   ̄ .ト、
          /::::::/!/ ノー'二7ニソ>‐y`/7 〉|\ ヽ     /:::::\
          ∠/!/  / /::://:::::/ソ>:::〈〈:::「ヾ,!:::::\ `ー-イ::r 、:::::\
            /!   / /:::::://:::::〈〈:::::::::::! |::「ヽゞ,::::::::ヽ   ヾ! \ト-
         /:::::|  / /二´/:::::::::[二]:::::::! |∧._ ̄ト、::::::丶、_
.          /::::::/ / /{:::::`':::::::::::::::|!|:::::::::レイヽヽ ! l::::::::::::::`ヽ
      /:::/l/   `7::,イ::/二二,ニ,ニニニ=、!::ヘ∨ ヾ::::::::::ト、:::\
      /:::/!/    /::::l::l/ /    ∨|      l:::::::l::ヽ  .\ト、!   ̄
    /::::/     !::::::!:::∨     !=!     .l:::::::ヾ:::\_
   //        |::::::|::::::ヘ     l::::!     !:::::::::::\:::::`丶


出典:仮面ライダーリリカル龍騎
死亡時期:1日目・朝
殺害者:アンジール・ヒューレー
最期の言葉:「初めて……名前で、呼んでくれた……ね……」

【ロワ内での活躍】
この殺し合いを止め、皆で脱出するべく行動を開始する。
夜の海ではやてが出会ったのは、最強の参加者の一角にして、今まさに殺し合いに乗らんとしていたセフィロスだった。
殺されると思った。ストラーダを突きつけられたはやては、しかしそのまま殺されることはなかった。
戸惑うはやてへとセフィロスが問いかける。自分がこの殺し合いに乗っているとすれば、お前はどうするのか、と。
殺し合いは絶対に止める。もう大切な人を失いたくはない。
はやての答えは、殺し合いへと乗りかけたセフィロスを思い留まらせることに成功。以降、行動を共にすることとなる。
翠屋へと到着したはやては、セフィロスの進言により睡眠を取る。
だがその間に、セフィロスは発生した殺し合いを止めるべく、単身戦場へ向かってしまった。
もちろん、はやてに放っておけるはずもない。忠告を破り、駆けつけた先には、セフィロスと戦うアレックスとシグナムの姿。
殺し合いに乗ったセフィロスに騙された少女と誤解され、そのままはやてはアレックスにさらわれてしまった。
あそこには死亡したティアナがいた。あの2人は殺し合いに乗っているかもしれない。
だが、もしそうだとするならば、自分の手で止めなければ。強引にアレックスを振り切ると、はやては戦場へと舞い戻る。
新たに現れたかがみを倒したセフィロス達へと、その意識を問いただすはやて。
セフィロスは戦いに乗っていなかった。だが、シグナムは彼女を生かすために、殺し合いに乗っていた。
自責に囚われたシグナムを説得するはやては、彼女と共に贖罪の道を進むことを決意する。
しかし、そこに復活したかがみが現れる。仮面ライダー王蛇へと変身し、はやてへ襲い掛かるかがみ。
立ちはだかったのはシグナムだった。ファイナルベントの二連撃を受け、アスファルトに倒れ伏すシグナム。
はやてに看取られ、シグナムは逝った。はやては遂に、彼女を救うことはできなかったのだ。
もうこんな悲しみは、誰にも味わわせたくない。シグナムのような犠牲は絶対に出さない。
大切な家族を失ったことで、遂にはやては憑神刀(マハ)を覚醒させる。
圧倒的な破壊力を発揮し、全ての戦闘行動を停止させるはやて。
そのまま気絶し、再び目覚めた彼女を襲ったのは、シグナムを失ったことへの深い悲しみだった。
それでも、立ち止まることは許されない。彼女の分まで、自分は戦わなければならない。
決意を新たにしたはやては、セフィロスと共に、闘争を求め強者を集めんとするアーカードに立ち向かう。
だが、最強の吸血鬼の力は、彼女らの想像を遥かに上回っていた。
憑神刀を手にしていても、立ち入ることのできない戦闘。セフィロスの攻撃すらも凌がれ、最後には膝をついてしまう。
決死の覚悟でアーカードの前に立ちはだかったはやてだったが、結局何もできなかった。
アンデルセンの乱入がなければ、そのまま間違いなく2人共死んでいた。
自分は何もできない。何の力もないのに理想だけを振りかざし、結果大切な人々を傷付けている。
突如戦場に放たれたエンジェル・アームから逃れた後、はやては強烈な自己嫌悪へと囚われた。
だが、そこへ新たな敵が現れる。動けないセフィロスへと銃口を向けるのは、彼を危険視するアンジール。
このままではセフィロスはやられてしまう。もうこれ以上、何もできずにいるのは御免だ。
咄嗟にはやてが取った手段は、アンジールの銃弾を我が身に受けることだった。
ようやく誰かを守ることができた。安堵の表情を浮かべながら、はやてはセフィロスに看取られ逝く。
奇しくも彼が、異世界で出会ったもう1人の自分の口にした言葉と、同じ言葉を遺して。
残される全ての人々の幸福を願いながら、はやては亡きリインフォースの元へと旅立った。
しかし、彼女は知らない。
セフィロスの言う「大切な人」が、他ならぬもう1人の自分であったことも。
自らの末期の想いとは裏腹に、セフィロスが闇へと堕ちてしまったことさえも。

追悼コメント

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー