※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月08日

意地の張り合い、その先に…… 著者:知


 私にむけられる怨嗟があるとすれば、それは無言の他にない。
 私に何を言っても、馬耳東風、のれんに腕押し、豆腐にかすがい、ぬかに釘……私に一番効く攻撃は無言……
 長い付き合いでそれがわかっているからか、はたまた、彼女が怒るときの癖か、彼女は終始無言を貫く。
 そう頑なに無言を貫かれると、私も意地でも話しかけるもんかという気になってきて、お互いにただただ無言のまま時間だけが過ぎていく。


 ――2時間経過――


 喫茶店で向かい合って座っているのに互いに2時間も無言のまま……周りからは相当変に見られているに違いない。
 いや……気にしたら負けだ……そう思い、気にしないよう努める。


 ――3時間経過――


 ……私はわざわざ電車で30分以上かけて何をしにここに来たんだろう……
ちらりと彼女の顔色を窺う……全く変化なし……というか彼女は元々が表情の変化が欠しいんだよね。


 ――4時間経過――


 ……店員もよく私達を店から追い出さないものだ……
だって、コーヒー1杯ずつで、お互いに無言のままで4時間も店に居座っているんだよ?店としては甚だ迷惑な客なのに……ちらりと店員の様子を窺ってみる

 ……明らかに私達を避けてるよ……


 ――6時間経過――


 「すみません……そろそろ閉店時間なのですが……」
おずおずと店員がそう話しかけてきた。
その言葉に彼女は席を立つと何も言わず店を出た。
彼女のいきなりな行動に私も店員も思わず呆然としてしまう
でも……

……そうだ、今日は私の奢りだった……

私はそう思い出すと、バックから財布を取り出しお札を1枚店員に渡す
 「お釣りは……いらないです……」
お釣りの分はせめてもの迷惑料のつもりだった。
店員が呆然としている間に、私はそそくさと店を出た。

 ――もう二度とこの店には来れないね――


 6時過ぎとはいえ、この時期になると外はもう暗い。
前を見ると彼女が喫茶店にいるときとは違い、笑顔で私を見ている。

 その笑顔を見ると背筋が凍るのは何故だろう。
 今の彼女は誰がどう見ても笑顔を浮かべている。表情の変化が欠しい彼女としては珍しい、満面の笑み……
 その笑顔をみて、蛇ににらまれた蛙のように微動だにできない私がいる
正直に言おう、彼女をこれほど怖いと思ったことは今までにない。
いや、今までで一番の恐怖に直面しているのではないだろうか。


 私は日記の代わりにその日に強く印象に残ったことを1行で書くようにしている。
 日記はすぐに飽きて書かなくなってしまうんだけど、どのように1行で書くのかを考えるのが楽しいからこれはもう2年くらい続いている。
 彼女の笑顔を見たとき今日の1行がふと思い浮かんだ


 「喫茶店を出ると、夜がもう行く手一杯に立ちふさがっていて、彼女はこわかった」





コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|