※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 あ~。
 桜が満開です。でも今度の土曜で散ってしまうのかなあ・・・。


 流れ出す虹色の光を背にして、イザークが薄く笑った。誰かに笑いかけると言うことがどれほど珍しいことか、アスランは知っていた。

「そんな顔をするな、アスラン」

 仲が良かったとは言えない。同じ目的を持っているとは知っていても、決して協力し合うということはなかった。顔を合わせれば、意味のない憎まれ口の応酬だった。

「貴様は何者にも縛られない空を翔る空賊なのだろ?」

 けれど、自分を誰より理解していたのは実は彼だったのかも知れない。兄と弟に囲まれて、帝国の分裂を回避する道を模索し、常に正しくあろうとした男。
 その為に、清廉潔白ではなかったとは言え、彼自身の精神は決して穢れることはなかった。自分に挑戦し、高みを目指し、周りにも同じものを求めた苛烈な男だったはずだ。

「シンを頼む」

 この男に何かを頼まれることなど、一生ないのだと思っていた。



メモメモです。こんな配役いや~んですか?


カテゴリ: [つれづれ] - &trackback- 2006年04月06日 21:38:30

#blognavi