※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次



 3.そして悟り

 4.最初の神示

 5.ゼウス信仰






(一九八九年八月二十二日の霊示)

1.ゼウス亡きあと


全智全能の神ゼウスである。こうして、我がこの書物もついに最終章を語るにいたった。

まだ、言葉尽きず、我が教え尽きず、我が知れるところの万分の一も語ってはおらぬが、それはおまえたちが、まだまだそれを知るまでに十分にみずからが練(ね)れていないせいだと思うがよい。また、心清く修行を重ねたならば、地上を去って神界に還り、我が話を聴くことも可能ではあろう。その日をめざして日々精進することだ。
さて、最終章では、私はゼウスの復活とアポロンの使命ということを中心にお話をしていきたいと思う。前章は四十七歳にして、我が地上の生命を終えたという話をした。これに関して不思議な思いを持つ者もいるにはいるであろう。全智にして全能の主が、なにゆえに四十七歳にして、地上の生命を断たれなければならなかったのか。全智全能であるならば、流れ矢などにあたって死ぬとは、これは異なこと。しかも、病気になって、最後は死ぬというのは解(げ)せないという方もいるにちがいない。

されど、おまえたちに言っておく。地上の生命はひとときのものだ。それは一瞬の影にしかすぎないのだ。ちょうど、真夏の明るい陽射しのなか、おまえたちが道路を歩いているときに、ふと鳥の影が道路を横切ることもあるであろう。このようなつかのまの一瞬の時が地上の時であるのだ。

我のごとく、すでに神格を得、いや最大限の神格を得ている者にとって、地上の生活はまことに摩訶(まか)不思議ともいうべき不自由さをともなっている。いまこちらの世界にいて、我思うところ実現せざるはなし。そのような日々を送っているが、なんと地上の人間の不自由であることよ。むしろ、大いなる使命終わりしときは、いち早く地上を去るは最上の策とする考えもあるということを忘れてはならぬ。

もし、ゼウス生きながらえて、六十、七十の命をまっとうしたとして、それがいかばかりのことがあろうか。地上の生命はやがては失われていくこととなる。そして、本来の使命に戻るのだ。我が死も、またある意味においては次なる時代への橋渡しであったと言えなくもない。

ただ、気がかりであったことは、我が地上を去りし四十七歳のときに、まだ後継者たる者の確立がされていなかった。アテナも二十代前半の女性であったし、アポロンは二十歳(はたち)になるかならないかという青年であった。まあ、肉体的には成人ではあったが、まだ精神のなかには弱きものもあったであろう。我は地上を去ることによって、アポロンは己(おのれ)の使命を自覚するにちがいないという気持ちもあった。


2.アポロンのめざめ


さて、我が死んで幾日、いや幾十日かが過ぎたであろうか。とりあえずは、国政と軍事の中心はアテナが務めることとなったが、どうしてもアテナは女性、いつまでもアテナの力によってまとめていくことはできないであろうと思われた。そこで、男性であるところのアポロンが、いち早く己の使命に気づくということが急務となった。

それゆえ、実在界に還った私は、実在界からアポロンにインスピレーションを与えることを始めた。そのインスピレーションに気づいてか、気づかぬでか、アポロンはひそかに都を離れ、オリンポスの山中深く分け入り、そうしてみずからの過去をふり返り、みずからの未来をいかにすべきかを考えることにした。過去、生まれてからのち、父と母と自分とはどのようであったのか。打ち続く戦争のなかで、自分が考えたこと、またその戦争の合間に戦争と平和の間で栄えたギリシャの姿を、芸術を、スポーツを、文化を、そうしたものにも思いを巡らせた。

そして、自分が過去思ったことや、行なったことの一つひとつを思い出していった。恵まれた環境に育ちながら愚痴を言わなかったか。不平や不満は言わなかったかどうか。また、あるときには人びとからよからぬ噂(うわさ)をたてられたこともあった。

「あの全智全能の神の子でありながら、あの弱々しく美しい女性のような外見と、柔和な性格、これはけっしてゼウス神(しん)の直系の者とは思われん。きっとちがうにちがいない。ゼウス神もあのように荒々しい神であり、またヘラ神もあのように強気の女性であるから、その嫡男(ちゃくなん)であるならば、かならずやそれらしい武勇に秀(ひい)でた子供ができるであろうに、あのように芸術に耽溺(たんでき)するような子供ができるとは、これはおかしい。」国民(くにたみ)のなかには、そうささやく者があった。

そして、我がゼウス宮殿には、もちろん女性はヘラ一人ではなく、数多くの女官たちが仕えていたのは事実。女官あるいは侍女と言ってもよいであろう。美しい侍女が数多くはべっていたことは事実。それゆえに、心なき者があらぬ噂をたてたこともあった。「あのアポロンというのは、きっとヘラの子ではなく、あのなかの侍女の子供にちがいない。とくに、侍女のなかでもとりわけ美しいレトという女性がいて、これはお后(きさき)のヘラにも劣ることのない美貌だ。ゼウスはあのレトをいたく寵愛(ちょうあい)している。あるとき、レトが里帰りしたことがあったので、あれはきっとゼウス神の子を産みに帰ったにちがいない。」という噂がたてられた。

不思議なもので、神々と直接に顔を合わせる人というものは少ないものであるから、その噂がどう巡りめぐったか、アポロンはゼウスとレトとの子供であるという噂が、まことしやかに流れた。それも、生まれたあとではなく、生まれて十数年もたってからのちに流れたのである。

そういうこともあって、妻のヘラはけっして嫉妬に身を焦がしたわけではないのだが、この美しいレトを宮中から追放した。ところがそれがまた悪い噂の種となった。「ヘラ様は嫉妬をして、ゼウス様の側室を追い出しなされた。あれは女性でもあるにもかかわらず、権力闘争しているにちがいない。」そのようなことが、いろいろ言われた。

それ以外にも美しい女官がたくさんいたので、彼女らが子供を産むと、すべてゼウスの子供であるという噂が広がった。まあ、これもやむをえないと言ってしまえば、やむをえぬことかもしれぬ。

なにしろ、真っ昼間から一糸まとわぬ姿で水浴する私たちであったのだから。そのような解放的な生活をしているのであるならば、何が行なわれても、もはや秘めごととは言われないという前提はあったにちがいない。ましてや、一般の者から見れば、王宮の生活というものは羨(うらや)ましい、嫉妬に身が焦がれるような生活であったから、さぞやご自由な生活をされているにちがいないという推測があってもおかしくはなかった。

その真偽(しんぎ)のほどはいかであったか、関心を持つ者もいるであろうが、そのようなことは、人間であるおまえたちの問うような内容ではない。つまらぬことに関心を持たぬほうがよい。真偽は、ただ我は正義と愛の人であったということを信ずれば足りるのである。

このように、アポロンの心のなかには、幼いころの秘密、また長じてよりのちのさまざまな噂、それに悩むことがあった。たしかに自分は、父ゼウスと母ヘラの子であるはずなのに、容貌もゼウスには似ていない。また、母ヘラの気性に比べても柔和である。ほんとうに噂どおりレトという人の息子なのだろうか。

あるいはもうひとつのよからぬ噂は、レトの子であるというが、それも種はゼウスの種ではなく、他(た)の種が入っているという、まことしやかな噂までまかれたことがあった。それが、他の男にはらまされた子であるのに、ゼウス神がそれを知らずに自分の子と思って育てているという、よからぬ噂を立てられた。それというのも、姉のアテナがあれほどまでに勝ち気で、軍事や政治にも才能を持っているにもかかわらず、アポロンがそういうものを持っていないということへの、あてこすりも多かったであろう。

そのようなことを、さまざまに考えるにつけても、わずか二十年の人生ではあるが、心のなかに数々のくもりをつくったということを感じた。そうして、自分自身の性格のなかで、どうしても血を見るのがいやだ、という気持ちについても深く考えねばならなかった。なるほど、人間には永遠の生命はあるかもしれないが、永遠の生命があるからといって、地上に生きている生命を、剣(つるぎ)やあるいは弓矢によって奪ってよいものか。野山の動物一匹たりとて、殺されて喜ぶものはいない。ましてや、万物の霊長たる人間においておや……。そう、アポロンは思った。流血がいやだったのである。

しかし、王家の使命として、後継者となったならば血を流さねば、ならぬこともある。これをいかにすべきか。心のなかには逃避(とうひ)の思いがあった。そして、次第しだいに内向的になり、まあ、今日的にいうならばネクラの思いもあったと言ってよいであろう。こうして、アポロンは次第しだいに人の心の奥の悪を見る性格、また人を見ては殺人鬼のように見る性格、こうぃうものが出てきて、まさしく光明思想の反対である暗黒思想の持ち主のようになったこともあった。


3.そして悟り


そうしたことがあったので、アポロンはオリンポス山中にて禅定(ぜんじょう)を開始し、その一つひとつについて思いを点検してみた。そうして、たどり着いた結論が何であったかというと、すべて弱さの根源にあるものは、信ずるということを忘れたところに始まっているということだった。

自分は信ずるという力が弱いのではないか。信ずるということができないばかりか、信じないという意識が強いのではないか。そして、現実は、事実は、すべて自分に不利にはたらくのではないか、というふうに考えてきた、そういう性格があった。思えば、この性格はどんどんと自分の運命を暗くし、弱くしていくことはあっても、強くすることはあるまい。なんとかして、この考え方を改めてゆかねばならない。そう思った。

そこで、さらに禅定をくり返していたが、次第しだいに心の垢(あか)がとれてきた。ものごとには光明の側面もあるということがわかってきた。父ゼウスの生き方は豪放であり、磊落(らいらく)であり、とてもまねはできないものであるが、そのなかにも自分にとって真似(まね)のできる部分もあると思われた。

それは、あの軍事においては英雄ともいうべき父ゼウスが、ときおりかいま見せたあのやさしさ、また芸術や文学への関心、霊的な思想の普及という情熱、こうしたものは自分でもできるにちがいない。そのように思った。

要は信ずることだ。オフェアリスの神もおれば、ヘルメスの神もいる。そして、もう神になったであろうと思われる父ゼウスもいる。こうした諸霊が神々の世界におられるというなら、もし我に使命あらば、かならずや我を立たしめるであろう。そう自覚したのであった。

こうして、何日か、何十日かが過ぎていったが、ある夜、彼がいつものとおり瞑想に耽(ふけ)っているときに、突如、満月に雲がかかり、また雲が晴れ、雲がかかり、雲が晴れ、満月のまわりに雲がかかったり晴れたりするようなことが続いた。彼は、その満月を眺めていて、ふと思うことがあった。

ああ、我ら人間の心もあのようなものだな。月は煌々(こうこう)と輝いているのに、雲がかかればその明るさは消えてしまう。しかし、雲が通り過ぎれば、また元の明るさだ。雲がかかろうがかかるまいが、おそらくあの月は地球からはるかに離れたところで煌々と輝き続けているのだろう。欠けることもなく、まん丸い姿で、光を放って輝き続けているのであろう。

それを、月が欠けたと見るのも、月が陰ったと見るのも、月が消えたと見るのも、すべて、これは思いのまちがいによるのだ。雲は片々(へんべん)たるものであっても、月を隠せるように見えるが、それは我ら人間の目にそのように見えるだけであって、月そのものの実相はつねに光り輝いているのだ。

おそらく人間の神性というものも、あのようなものであろう。月のように輝き続けているが、一時期その上に雲がかかるとその光が出なくなる。そうして、悪人が出たりするように思えることもあるのだろう。善悪というものは、本来あるものではなく、心にあの月にかかった雲のように、曇りがかかったときに光が射さなくなり、そうして悪人が出るように見えるのであろう。すべての人間の根本には、善性があり、この善性を覆(おお)い隠すものとして、地上のさまざまな悩みや苦しみや、憤り、怒りというようなものがあるのであろう。

わかった、こうした心のまちがいを一つひとつ取り除いていくことが、これが真実の自分自身を知るということなのだ。あの満月のような心になることを誓おう。そして、その満月は、つねに自分のなかに輝いているということを知って、たとえ人の言葉、あるいは軍事、政治、その他のもので苦しみを受けることがあったとしても、あの雲は直接に月に届かないように、私の心の奥底にあるこの実相の輝きを隠すことはできないのだということを知ろう。

一度かかった雲はかならずや晴れるであろう。あまりにも多くの雲がかかったとしても、雨が降り、風が吹けば、やがてその雲は晴れていくであろう。どのような辱(はずかし)めや苦しみがあろうとも、非難や中傷があろうとも、それはやがて通り過ぎていくものだと思って、忍辱(にんにく)の心を持とう。そうして、みずからはつねに限りなく光を投げかける存在でありたい。そのようにアポロンは考えた。


4.最初の神示


そのときに、私は天上界からアポロンヘ声をかけた。

「アポロンよ、よくぞ悟った。おまえのこの今の悟りを忘れてはならない。人間には、それぞれ個性がある。我が悟りとおまえの悟りには違いもあるであろう。しかしながら、おまえはおまえとしての最大限の悟りを得るということが、だいじなことであるのだ。おまえは、過去二十年をふり返って、みすがらが非力(ひりき)な華奢(きゃしゃ)な弱い青年のように思っているであろうが、真実おまえ自身の魂の力は巨大なものなのだ。おまえは自分の魂の偉大性にまだ気づいてはいない。」

「おまえの魂は過去幾転生の過程で、地上に出てはいつも多くの人びとを導いてきた。そういう魂であるのだ。そうした偉大な救世の魂がおまえであるのだ。おまえは、もっと強くならねばならない。おまえを強くするものは信仰の力である。信ずる心なくば、人間はただの地上の肉片にしかすぎなくなる。しかし、信ずる力あれば、地上にありても神と同一の力を持つことはできるのだ。おまえは、その力の実在を信じなければならない。おまえはその力の臨在を信じなければならない。」

「今日よりのち、私はおまえを指導するし、いや私のみならず生前私を指導していたところのヘルメス神(がみ)や、またオフェアリス神(がみ)もおまえの指導をすることがあるであろう。また、おまえはまだ名前を知らないであろう他の神々が、おまえを指導することもあるであろう。」

「我は生前、あのハデスの反乱によって、クラリオという名のエジプトの神は邪神であると思っていたが、いま実在界に還ってきて話をしてみると、この神も偉大な神であることがわかった。そうして、その教えが単にただ、正しく伝わっていないだけであるということがわかった。こうした偉大な他国の神も現にいるのだ。そうした神々もおまえが気づこうが気づくまいが、陰になり日向(ひなた)になって、おまえを指導するであろう。そのことを信じよ。今日よりのち、おまえは百万人力だ。けっして自分一人で仕事をすると思うな。」

「また、アポロンよ、おまえは自分の軍事的能力の欠陥、流血を見ることがいやだという性格に対して、深く反省をし、またそれが自分にとって今後苦しい選択になると悩んでいることであろう。しかし、ギリシャにはおまえの使命を助ける者が大勢いる。おまえ一人の力では為すことができなくとも、他の者の力を借りるならば、かならずやおまえは、みずからの使命を果たすことができるであろう。これから都に帰りなさい。都に帰ってまずおまえの協力者を募(つの)りなさい。おまえの弟子たちを集めていくのだ。」

「そう、おまえは軍事が苦手だと考えているかもしれないが、ギリシャの都には、今、怪力無双の英雄がいる。その名をヘラクレスという。そのヘラクレスを呼び、おまえの将軍にしなさい。このヘラクレスをして軍の指揮にあたらせば、天下無双であろう。天下無双であって、彼は百人力の力を持っている。私が見たところ、なんと数十人、馬をも合わせた数十人の人が縄を引いても、このヘラクレス一人ですべてを薙(な)ぎ倒すほどの力を持っている。これだけの武勇の者をおまえの側近においたならば、人びとはかならずおまえに対する軍事の不満を言うことはなくなるにちがいない。また、おまえは自分のまわりに知恵ある者を集めよ。知恵ある者の力を使え。みずから一人でやろうとするのではなく、知恵ある者を集めなさい。力ある者、知恵ある者を集めることだ。」

「これから、おまえも大いなる使命があって、人びとを導いていくことになるが、その際には、人選ということによくよく気をつけなさい。どういう人を集めたらよいか、悩むこともあるであろうが、できうるならば神のみ心にかなう者を集めることだ。それは、霊的にめざめた者を数多く集めるということだ。指導者にどのような人が多くいるかによって、その国の性格は変わる。その国の国民(くにたみ)たちの感情まで変わってくる。できうるならば、おまえのまわりに悟りの高い者を集めることだ。おまえの仕事を助けうるような者を集めることだ。」

「そして、帰ったならばアポロンの神殿というものを造れ。私がゼウス神殿を造ったように、おまえはアポロンの神殿を造れ。そうして、その神殿にときおりかよっては我らに祈れ。そのおまえの信仰心に満ちた姿を見て、国民たちもかならずやおまえに続くであろう。我は政治的・軍事的に力を使いすぎたと思う。そのような恨みがある。おまえはできうるならば、その霊的能力を生かして人びとを教化、教導することに力を注げ。アポロンよ、これはおまえの父ゼウスからの言葉である。これから必要な限りおまえに教えを説くこととしよう。」


5.ゼウス信仰


以上が、だいたい最初に我がアポロンに送った神示の内容ではあるが、これ以後さまざまなアドバイスをするにいたった。

いかに優れた魂であるとはいっても、地上に生まれるときには赤子同然、まったく何も知らない。そして環境に支配され、教育に支配され、人の意見や言葉に支配されるようになる。こうして本来の魂というものは、その霊性、魂の光というものが、二十歳になるころには、もはや四分の一ぐらいしか光っていないというふうになっているのが通常の姿である。

この二十歳をすぎてから、人間にはさまざまな社会経験を積み、そして魂がめざめていくという過程が待っている。我は、このアポロン二十歳のころから三十歳のころまでの十年が勝負だと思い、この間(かん)にさまざまな霊的指導をなした。

姉のアテナがしばらくは、政治・軍事の大役を引き受けていたが、やがてアポロンは成長していった。もちろん、彼は軍事・政治はあまり得意ではなかったので、まあ言ってみれば象徴的な国王となっていった。そして実権は信頼できる部下たちに任せるようになっていた。アポロンはアポロン神殿を我が命じたとおり造り、そしてそのアポロン神殿を全国各地に広めていった。そこでは、毎週一度人びとは集まって、なんらかの祭祀(さいし)を行なった。

そして、その祭祀のなかでは、主として我ゼウスヘの信仰を強めることを中心とした。人びとは週に一回集まっては、そのゼウスの徳をたたえ、そうしてみんなで国の平和と繁栄を祈願するということを始めた。また、アポロンの悟りのことも有名となって、新たな語(かた)り部(べ)により、そのアポロンの悟りの物語、いってみれば出家成道(じょうどう)の物語であるが、これがつくられ、そして津々浦々まで語られるようになってきた。

こうして、しばらく我が没後もギリシャは繁栄をみるようになったが、やがてそれから十数年が流れてアテナも四十歳近い年齢になった。このとき、アポロンは神官あるいは宗教家、日本でいえば天皇のような立場でもあったかもしれぬ。そうした立場にいたが、この姉のアテナが戦いにおいて敗れるということがあった。それにより、深く心に傷みを感じた。

そして、さらに悲しむべきことは、地の果てとも言うべきあの地中海のはずれ、スペインの南端においてアフリカの反乱軍とギリシャ正規軍が戦った際に、あの怪力無双の勇将ヘラクレスが討ち死にするということがあった。あの不死身といわれたヘラクレスが討ち死にするという悲報が入ってきた。そして、次から次へとさまざまな軍事的な崩壊が訪れた。


6.オリンポスの太陽


アポロンはすでに三十代の後半になっていた。自分が頼りにしていた者たちが次つぎと敗れていく。さて、どうしたものか。また、以前、父ゼウスを破ったところのマケドニアの地方から出兵がくり返され、そこの王が次第に力を持ち始めてきた。

アポロンは神殿にぬかずいて、悩みに悩んだが、どうやら政治を行なっていくということは我が天命にあらずということで、宗教に専念することになった。すなわち、マケドニア軍に、この都を追い払われ、そうして一時期オリンポスの山のほうに逃げなければならない事態となった。

ここで、彼はけっして軍事的・政治的に、もはや争おうとするのではなく、ひとつの巨大な宗教団体をつくろうと専念した。政治によって人を治めることは、一時期はできても永遠に人の心を治めることはできない。人の心を永遠に治めることができるのは神の教えである。

こうしてこのオリンポスの山の近くで、アポロンは新たな教団をつくっていった。そして、そのアポロンのまわりに五大弟子が集まり、さらにその弟子たちが集まるというようであった。

このとき、アポロンは新たな霊的な力を授かった。その霊的な力は、天上界から投げかけられたその姿を、地上に投影することができるという力であった。地上のちょうど湖、あるいは池、泉、こうした水盤があるところであるならば、そこに天上界の姿を投影することができる。ヘルメスの姿、ゼウスの姿、天の軍勢の姿、そういうものを水に映し出して大勢の人に見せるという奇跡ができるようになってきた。もちろん、これは水というものを媒介としたひとつの方法論ではあったが、実際は集団で集まった者たちに、一時的な霊的覚醒状態をつくって、そういうビジョンを見せていたのであるが、そうした能力を授かった。

こうして新たな実在界信仰、神界の信仰というものが始まっていき、多くの人びとは地上の生を楽しむよりも、むしろ来世の悦びを得ようという動きにはしってきた。こうして、宗教と政治とが一致していたこのギリシャの国が、政治は政治、宗教は宗教というふうに分かれてくるにいたった。

しかし、幸いなことがある。いったんアポロンたちを追い出して、そしてギリシャの支配をなしとげたマケドニアの王たちも、やがてはアポロンの教えに帰依(きえ)するにいたった。「あなたは、地上の王より偉大な方。」ということを彼らは言い始め、政治的指導者よりも宗数的指導者のほうが上である、ということを認めるにいたった。

そして、みずからは一種の執政官を名乗り、アポロンたちをその上に置いた。ちょうどローマの教皇のように、そうした姿でアポロンたちを置くようになった。こうしてギリシャには、政治を下部構造とし、宗教を上部構造とする、そうしたシステムができあがった。

そして、このアポロンが広めた教団がやがて大きな仕事をしていくようになった。後のちまでギリシャでは信仰豊かな精神風上がつくられていったが、それはひとりゼウスの力によるのではなく、アポロンの力によることが大きかった。ゼウス信仰も、このアポロンの力によって広げられたものであると言ってよいだろう。

最初に悟りを開くときに、あの満月を見て悟ったアポロンであったが、アポロンの活躍が日増しに強くなるにつれて、アポロンを太陽神だという人びとが増えてき始めた。太陽を見ては、あれがアポロン様のほんとうの姿だという人が増えてくるようになった。

そのように、かつて暗く、なよなよとした優柔不断の青年であったアポロンが、やがてたくましく、ますます美しく、光に満ちてくるようになり、人びとの心の太陽になっていったのであった。


7.最後のメッセージ


こうして我の復活とアポロンの使命という本章の標題についての私の話は終わることとする。

しかし、この本章を結ぶにあたって、ぜひとも私が地上のおまえたちに言っておきたいことを、最後に語っておきたいと思う。

地上のおまえたちの世界は、まだまだ光が弱い。光が弱く、信仰する者は少なく、神を愚弄(ぐろう)し、魂を信じない者たちがあふれている。けれども、それは人類の永い永い歴史のなかでは、ほんの短い異端の時代であるということを忘れてはならない。人類史の九十九パーセントは信仰の歴史であったということを忘れてはならない。そして、宗教というものを、けっして侮辱(ぶじょく)し愚弄してはならない。それは、本来の価値あるものなのだ。この価値あるものを押し上げていくためには、あらゆる努力を惜しんではならないと思う。

今、天上界の神々が相(あい)集いて、地上のおまえたちにメッセージを送っている理由も、その意味も取りちがえてはならない、忘れてはならない。真実のものを真実であるということを証明せんとしているのだ。また、無神論の時代であるからこそ、唯物論が蔓延(まんえん)している時代であるからこそ、このようなかたちで神々が降臨(こうりん)するということがなされているのだ。

おまえたちは、よくよく心しなさい。自分たちの時代がいかなる時代であるかを。あのギリシャに数千年の繁栄があったように、日本の地を中心として、今後大いなる繁栄が来るであろう。その繁栄を担い始めるのは、むしろ、まさしくおまえたちであるのだ。おまえたちは、自分の使命を十分に悟って生きてゆかねばならない。

ゼウスが、かつての神話のゼウスではなく、今このようなかたちでおまえたちの前に新たに復活をし、霊示を送っているという事実を忘れてはならない。大いなるものを尊敬し、そして尊敬することによって、みずからも大いなるものになっていこうとする努力を怠ってはならない。

これが私のおまえたちへの最後のメッセージだ。