第四章 背反

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四章 「背反」

第1節 「イウヴァルトの告白」
帝国の追撃から逃れるため、一行は砂漠から荒野に移動
した。荒れ果てた大地の上で、疲弊したカイム達は一夜
のキャンプを張る――

その時、空から黒い旋風が舞い降りた。

レッドドラゴン
「この匂いは……?」
ヴェルドレ
ドラゴン!?
フリアエ
イウヴァルト!
ヴェルドレ
ドラゴンを連れているとは……
そなた……いつから契約者に?
イウヴァルト
フリアエ……俺のもとへおいで。
何も怖くない。何も恐れるな。
世界はきっと良くなる。
イウヴァルト
君だけが犠牲にならなくていいんだ。
レッドドラゴン
「……堕ちたか」
イウヴァルト
僕、弱くなんかないよ。カイム!
そんな目で僕を見ないで。
僕もっと強くなるから!
イウヴァルト
歌を失くしたものの……
俺は強くなったんだ、カイム。
だから安心してフリアエを任せてくれ。
イウヴァルト
またその目か……。
俺はおまえのその眼がずっと嫌だった。
俺をさげすみ、憐れむその目が!!
イウヴァルト
復讐のためなら、妹をも犠牲にするおまえより……
俺はずっとまともだ!

第2節 「剣と誇り」
フリアエ
兄さん!
イウヴァルト
歌の消えた世界に口づけを!

第3節 「聖と俗」
ヴェルドレ
……イウヴァルトに刃を向けられた時、
私の心にあったのは慈悲でも無でも
……恐怖ですらなかった。
ヴェルドレ
私の心には、怒り、ただそれだけがあった。
……今さら、人に何かを説くなど……

第4節「残存の勢力」
フリアエをさらったイウヴァルトは帝国の方角へと飛び
去った。カイム達はドラゴンの傷が癒えるのを待ち、
帝国領土へと向かう。

亜人の軍団が帝国領土に向かって進軍中だ。
まずは上空部隊を全滅させ、地上の敵軍一掃に向かえ!
レッドドラゴン
この数……どうやら帝国軍との決戦の日は
近づいているようだな。
レッドドラゴン
とにかく、今は帝国領土に向かうことが先決のようだ。
いくぞ!目の前の敵を蹴散らせ!
ヴェルドレ
エルフの里を襲ったのは、あの種族のみ持つ
封印番の力を欲したせいでありましょう。
ヴェルドレ
「契約者」とは、かけがえのないモノを失ってでも
強大な力を手に入れたいと欲した人間のことだ……
ヴェルドレ
憎しみが私の心に黒い雲となって広がってゆく……
ヴェルドレ
”再生の卵”とは世界が終わる時に現れるという
奇跡の呼び名だ。神話の中ではな……
ヴェルドレ
女神の最終封印が解かれた後の世界については知らぬ。
あるのは”終わり”ではないのか?
レッドドラゴン
”再生の卵””女神””天使の教会”……
空洞の欠片ばかり集まりおって!
ヴェルドレ
地上を進軍中の奴らを止めてくれ。向かわせては
我が軍が圧倒的不利になる!

第5節 「暴力の荒野」
ヴェルドレ
帝国軍勢……放っておけば連合軍にとって
脅威となるぞ。カイム、倒してはくれぬか?
イウヴァルトの追撃中、戦場に向かう帝国軍の亜人部隊を発見した。
奴らを戦地に向かわせては我が連合軍は圧倒的に不利になる。
敵部隊を雪原に通すな!
ヴェルドレ
どうやら敵の軍勢は決戦に向けて帝国軍領土へと
向かっているらしいな……。カイム、頼んだぞ!
敵の援軍が到着した!
増援が来る前に迎撃せよ!
ヴェルドレ
女神の安否が気にかかって仕方ないのだ……
カイム、そなたもであろう?
西の谷よりゴブリン部隊が侵入!
合流する前に壊滅せよ!
ヴェルドレ
これほどの数の亜人帝国兵がいるとは! 後々の憂い
とならぬよう、ここで倒しておかれよ。
ヴェルドレ
そなた、笑っておるな?
この者達を刃で切り刻むのがそんなの楽しいか?
レッドドラゴン
己の水瓶を覗くことにかかりきりになっている者が、
未知の敵に気づけると思うか?
ヴェルドレ
中央を帝国軍に突破されたようだ。
急いで奴らの侵攻を止められよ!
中央を敵部隊に突破された!
奴らの侵攻を止めろ!
ヴェルドレ
背を見せて逃げゆく敵にとどめをうちこむ……
神よ……我々は正しいのですよね?
亜人部隊と統括する指揮官が雪原に向かって逃走している。
雪原に入る前に指揮官どもを地獄に送れ!
ヴェルドレ
女神の……あなたへの想いは特別であった。
しかしそれを知って何になろう?
レッドドラゴン
これだけの死骸……手向ける花も枯れてしまうな……
レッドドラゴン
兄妹だから? そんなものが何の言い訳になろう!
ヴェルドレ
エルフ達が”死に絶えれば”封印を司る番人が
いなくなる……
レッドドラゴン
気が急くのはわかるが、やみくもに殺せば
いいものでもなかろう。

第6節 「カイムの過去」
レッドドラゴン
「おぬしの両親は……ドラゴンに?」
レッドドラゴン
「……よし、帝国領土へ急げ。
 女神もきっとそこにいる」

第六節 「セエレの妹」
レッドドラゴン
「おぬしの両親は……ドラゴンに?」
レッドドラゴン
「……よし、帝国領土へ急げ。
 女神もきっとそこにいる」
セエレ
あそこ!
セエレ
あそこ!
僕の妹がいなくなっちゃった谷だよ!
セエレ
ねえ、お願い!
マナの手がかりが何か残ってるかも!!
ゴーレム
テンシノキョウカイ……ノ……
テガカリ、モ……
レッドドラゴン
「谷は深く、恐ろしき場所。
 おぬしの妹はひとりでそんなところに?」
セエレ
……う、ううん。お母さんが……
とにかく! あの谷でいなくなっちゃったんだ!!

セエレの祈


第7節 「禁断の地」
両親を帝国のドラゴンに殺されたカイム。
愚かな人間を蔑むドラゴン。
信じあうというには程遠い関係の中、二人は逃走する帝
国兵の迫撃に向かう。まるで、戦うことでしか語り合え
ないかのように……。

ヴェルドレ
カイム、帝国のドラゴンに両親を殺されたそうだな……
むごい話しよ。だが復讐のためだけに生きるではない。
雪原を逃走している帝国軍亜人部隊を迫撃。
紅蓮の炎で焼き払え!
ヴェルドレ
カイム! 慈悲の心を持って無益な殺生は……いや、
やめておこう。私が語れる言葉はもはやあらぬ。
レッドドラゴン
こざかしい虫けらどもめ。
我が紅蓮の炎で一掃してくれようぞ!
吹雪に紛れて北東より帝国軍救援部隊が出現。
敵部隊が集結する前に戦列を焼き尽くせ!!
レッドドラゴン
まったく!この程度の下級兵など無視してしまえばいい
ものを……
ヴェルドレ
封印を守るため帝国を倒し、再び平和な世界が
取り戻せたなら、復讐もまた大儀となるか……
ヴェルドレ
あれは……オーガ!? 村が襲われているぞ!
暴徒と化した巨人部隊が集落を襲っている。
奴らは今まで倒した雑魚どものようにはいかなそうだ。
心してかかれ!!
レッドドラゴン
うむ。こやつらは帝国軍に生贄になるのであろう。
……おぬしの父母と同じだ。
レッドドラゴン
帝国軍は皆赤い目なのはなぜた?
”天使の教会”は奴らに何をした?
レッドドラゴン
大将は……まだ息があるようだな。

第8節 「残る封印は……?」
レッドドラゴン
「我が心を読もう」
レッドドラゴン
「女神……帝国……要塞……
 要塞だとっ?
 そんなモノ、いったい何処に!?」
レッドドラゴン
「……この悲鳴は!?」
レッドドラゴン
「神殿の封印を守るフェアリーの
 断末魔が聞こえたということは……
 3つの封印は絶望的だな。
レッドドラゴン
「残る封印は……女神の命のみ。間に合うか?」
レッドドラゴン
「とりあえず、帝国領土へ急ぐのだ!
 要塞のことは……それからだ!」

第9節 「石の声」
カイム達は、モンスターの記憶から帝国領土への近道を
読み取る。そこは石で造られた大型ゴーレムと帝国兵に
よって守られている侵食された谷だった。

だが、世界を護る封印が次々と破壊されている現在、
一刻の猶予も無いカイムはその場所を通って帝国領土へ
と向かう。

ヴェルドレ
帝国領土へは、狭くなっている谷を通るしか
ないようだ。
侵食地帯に向かい進軍中の帝国部隊を発見した。
奴らが帝国領土に到着する前に部隊を壊滅させよ!
レッドドラゴン
ここにはブラックドラゴンの気配はない……しかし、
また別の……
侵食地形に敵軍の人造兵器ゴーレムが出現したようだ。
ゴーレムは地上からの攻撃では倒せない。
竜の息吹で破壊せよ!
レッドドラゴン
おぬし、殺すため以外に人間を見つめたことが
あるか?
レッドドラゴン
巧妙に隠れておるが、ここは岩を繰りし種族の棲む谷のようだ。
レッドドラゴン
本当にこの道であっているのか?
なんども通っているような気がするぞ。
侵食地形を抜ける道が開けた。
帝国領土に急げ!!
(エンディングを見てない場合)
レッドドラゴン
うむ……
しかし、ここも帝国軍に踏みにじられた後か!
(エンディングを見ており、四章9節を20分以内にクリアした場合)
ヴェルドレ
帝国兵は何者かに操られておるようだ……
これほどの軍勢を束ねる力を持つものとはいったい?


第五章 「破壊」

 
第十節「母との別れ」
セエレ・マナの母
……だいじょうぶよ。じき楽に……
セエレ・マナの母
あぁ、セエレ! あなたは死んじゃだめよ。
セエレ・マナの母セエレ
……わたしの赤ちゃん……覚えていて。
セエレ・マナの母
私はあなただけを愛してた……。
セエレ
母さん? 母さん? 眠っちゃったの?
父さんも動かないんだ……ねぇ、母さん!
セエレ
母さん、キスしたげる。だから起きて、早く。
セエレ
母さん? どうしたの? お返事してよ。
眠っちゃったの? ねぇ、起きてってば。
セエレ
母さん、僕だけ愛してくれてたんでしょう?
僕だけ……僕……だけ……
第十一節「生存者」
帝国領土へ向かう途中、カイム達は谷の里の隠れ家に迷
い込んでしまい、そこで幼い契約者と出会う。
両親を失った彼は、その両親の手によって石の巨人と契
約をしていた……。
セエレ
この里には誰もいないよ……
セエレ
父さんも母さんももういないよ。
第十二節「セエレの友達」
レッドドラゴン
「ゴーレム、おぬしが我々を導いたのだな?」
セエレ
天使の協会ってトコロに行くの?
連れてって! 僕、行かなきゃ!
妹がさらわれたままなんだ。
レッドドラゴン
「こんな幼な子と契約したか?
 ゴーレムよ……」
ゴーレム
「セエレ、ヒトリ、チイサイ、ヨワイ。
 ココニイテハ、キケン……
 ツレテ、イク……」
セエレ
ゴーレムに、僕の“時間“をあげたの。
そしたら、
友達になってくれるって言うから……
レッドドラゴン
「ゴーレムに時間を渡すとは
 どういうことか、
 おぬし、わかっておるのか?」
レッドドラゴン
「周りの人間が寿命で死んでいくなか、
 おぬしひとり老けも死にもせず、
 一生そのままのだぞ?」
セエレ
ひ、ひとりじゃないもん。ゴーレムがいる!
それに……
僕は”ちいさい勇者さま”になったんだ。
セエレ
このお話知ってる?
僕は母さんから教えてもらったの。
レッドドラゴン
「また神話か! ……人間はすぐに現実から
 目を逸らし、絵空事へ逃避する
 ……あまりに弱い……」
ゴーレム
「ゴーゴゴーッ」
レッドドラゴン
「ゴーレムにも情けはあるのだな」
レッドドラゴン
「では、ゆくか……帝国領土へ」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|