第十二章 混沌

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十二章「混沌」

第1節 小さきもの
帝都

(※赤ん坊が空から降ってくるシーンのみで台詞はありません)

第2節 堕胎
神の使いである司教マナの死と共に、この世界の理(こ
とわり)の全てが音を立てて崩れ落ちようとしていた。
空からは異形の”敵”が舞い降り破壊の宴を開始する。

そして”敵”で埋め尽くされた帝都の空にカイムは舞い
上がった。血を吐き、最後まで足掻き続けるために。

レッドドラゴン
この異常な光景! いったいどうなっているのだ!?
ヴェルドレ
司教を倒せば終わり……ではなかったのか?
ヴェルドレ
あの赤子は何者? ……まるで天使のようだ……
レッドドラゴン
退くな! 理由はわからぬ。
我の本能がそう告げている。
ヴェルドレ
世界はどうなってしまうのだ?
誰か! 誰か教えてくれっ!
セエレ
……僕達……許されないのかな……。
レッドドラゴン
もはや神の理を越えた世界。どうなっているのか
誰にもわからぬ。

第3節 真実の行方
レッドドラゴン
もうおぬしを引き止めるものは何もない。
すべてを焼く尽くしてやろうぞ!
謎の「敵」と共に死んだ帝国兵どもが冥界から蘇った。
敵を殲滅し血路を切り開け!
レッドドラゴン
殺すことで生きる意味を見出すおぬしこそ、この世界
にふさわしい男かも知れぬな。
レッドドラゴン
防御だけではどうにもならぬ。あの異形のものを
倒してここを突破しなくては……。
さらに謎の「敵」が舞い降りた。
混沌を呼び寄せる奴らを全て葬り去れ!
レオナール
どうせ一度死んだ身……
いつ何処で朽ち果てようとも悔いはありません。
ヴェルドレ
ク・アボーイル・レヴェ・ヴォーレー・セレ・ヴェー
イーレー
ヴェルドレ
ク・アボーイル・レヴェ・ヴォーレー・セレ・ヴェー
イーレー
レッドドラゴン
待ち受けるは異様な光景か……心してかかれ。
増殖する謎の「敵」。
今はただ、ひたすら斬れ!
アリオーシュ
焼ける匂いがするわ。くっっくくくくく……
あっははははははははは!
謎の「敵」は減る気配がない……。
奴らから生き延びろ!
レオナール
世界が悲鳴に包まれています……早くあの忌まわしき臭いの怪物を殺さなくては!

第4節 聖母の微笑み
アリオーシュ
来て!
アリオーシュ
ひとつに……なりましょう。
私の赤ちゃん。

第5節  それぞれの終わり
レオナール
アリオーシュ、いったい何を?
アリオーシュ
ごちそう、いっぱい
セエレ
アリオーシュが食べられちゃうよう!
ヴェルドレ
何もかも狂ってる……、ここは地獄だ……
レッドドラゴン
「壊れるのはあとにしろ。
  女の開いてくれた道を進まねば命はないぞ!」
ヴェルドレ
ま、待ってくれ~っ!
レオナール
道をひらくにはやるしかありません。
レオナール
さあ! 行ってください!ここは私が……
セエレ
やだよ!
セエレ
一緒に行けないの? どうして行けないの?
僕、イヤだ。もう人が死ぬのはイヤだよ!
レオナール
……セエレ。君はとてもいい匂いだ……
レオナール
だいじょうぶ。私は死にません。
さあ、行って! 行くのです!
フェアリー
”おい、バカ。あさましい真似するなよ。
俺まで死んじゃうよ?”
フェアリー
”死んだら、あのセエレちゃんとも遊べないよ?”
フェアリー
”……お願いしますよ。生きてください、
  レオナールさん。ねっお願い、お願い!”
フェアリー
”ぎゃっ! どうせ怖くて死ねねぇんだろうがっ!?
 なっ? そうだろっ?おい? やめろって!”
フェアリー
”やめろおおおおおおっ!やめろおおおおおおっ!
 やめろおおおおおおっ!”
レオナール
……希望の最期は死にあらず!

第6節  異種の存在
圧倒的な数の”敵”の前にアリオーシュが倒され、レオ
ナールもまたカイム達に道を作るべく爆死した。

もはや帰るべき場所はどこにも無い。
ただ、この世界の破壊を食い止めるために、残された契
約者達は”敵”の巨大な本体を目指した。
セエレ
ねえ……レオナールは死んじゃったの?僕のせい?
僕のせいかな?
「敵」を破壊しながら本体を目指せ!
アリオーシュとレオナールの死を無駄にするな!
レッドドラゴン
すまぬ、カイム。我が翼ではこの先に進めぬようだ。
セエレ
あの大きくてコワイやつは……”時間”を操るんだよ。
ヴェルドレ
セエレの言っている”時間”とはもしや……
”おおいなる時間”のことか?
ヴェルドレ
”おおいなる時間”とは世界を成り立たせている
時のことだ。神話の中での話だが……
レッドドラゴン
倒せたか……?いや……
あの様子ではまだかかりそうだ。
レッドドラゴン
大丈夫か、カイム!? あとはあの大物を倒せば……

第7節  おおいなる時間
ヴェルドレ
世界の……何もかもが飲み込まれていく……
アレは……何だ?
なぜ、”おおいなる時間”を歪める!?
セエレ
熱い! からだが熱いよ!
ゴーレム
「ハンノウ、シテル?」
ヴェルドレ
反応? 何と?
……まさか、アイツと!?
レッドドラゴン
「幼子が失ったものは”時間”。
  ありえぬ話ではない」
ゴーレム
「ゴオオオオオー!
  セエレ、ケイヤク、キレル」
レッドドラゴン
「……”おおいなる時間”か……?
 ならば……最期の希望は………」

第8節  ちいさい勇者さま
巨大化し、今にも世界を飲み込もうとする”敵”
終わりゆく世界を前に、セエレが最期の提案をする。

それは自らの身体に封じられた”おおいなる時間”を解
き放ち”敵”の本体もろとも永遠の時間の中に自分を凍
結する、というものだった。

全てを覚悟するセエレにカイム達は最期の希望を託す。
苛烈な運命を生きた小さな勇者の願いと共に、ドラゴン
が”敵”に向けて飛び立った。

ヴェルドレ
助けて! 神よ!!  助けたまえ!
カイム
………
ヴェルドレ
死ぬ! 死ぬ! 死ぬのはイヤだ!!
ヴェルドレ
イヤだっっっっ!
ゴーレム
「セエレ、アブ……ナイ」
セエレ
バイバイ。
レッドドラゴン
「……本気か?」
セエレ
僕……わかるんだ。
アレは”時間”を操るモノでしょ?
放っておけば、怖いことがたくさん起こるよ。
ヴェルドレ
セエレ! 何をするつもりだ?
セエレ
僕しか……いないんだ。
同じモノを持ってるのは、僕しか……
レッドドラゴン
「ヤツと戦えば、自分がどうなるかわかっておる
 な?」
セエレ
昔々あるところにひとりの勇敢な兵士がおりました。
兵士は時の滴を飲み干し、世界の穴で眠っており
ました。
セエレ
ずっとずっと、若くて強い、そのままの姿で……。
セエレ
レッドドラゴン
「?」
けれども、世界が血で染まった時、兵士は目覚め
ました。
「今こそ、我が命を使う時!」
セエレ
兵士は時の滴にひたった体で、世界の果てを目指し
ました。
セエレ
兵士は老い、劣り、やがては死にましたが、兵士の永
遠の時は、世界に新たな命を作りましたとさ。
おしまい。
セエレ
……”ちいさい勇者さま”の話だよ。
母さんがお話してくれた。
レッドドラゴン
「神話において勇者はいつも”希望”だ。
 ……おぬしにも……その血は流れておる」
セエレ
うれしいな……。
飛んでよ。あそこまで連れてって!
レッドドラゴン
「……辿り着けるか?」
ヴェルドレ
無駄だ! 無駄だ!!
幼子のいのちひとつで何が変わろう!?
ゴーレム
「セ……エ、レ」

第9節  覚醒
セエレ
出来るさ!僕は・・・・
”ちいさい勇者さま”なんだ
「敵」の猛攻をくぐり抜け、セエレと共に敵中心部に辿り着け!
レッドドラゴン
”時間”が……壊れる???

第10節 セエレの安堵
「ごめんね……」

永遠の時間の中でセエレはマナに許しを乞う。
そして、全てを封じる力が時間を止めた。

セエレ
これで……許してくれる? マナ……

the Deffy child's wildest dreams

A weakling in an eternal solitude will eventually halt
a jumping minute hand.
(永遠の孤独を持つ弱き者は最後に跳ね飛ぶ長針を止めるだろう)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|