第十三章 真実

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十三章「真実」
第1節
敵の本体はますます成長し、世界を飲み込もうとしてい
た。カイムは、敵本体中心部への突入を決意。

セエレの最期の叫びが響く中、ドラゴンの突入と共に
”敵”は光となって時空の狭間に消える。

そして、カイムが見る世界とは?
ヴェルドレ
おしまいだ! おしまいだー!
レッドドラゴン
『祈らぬのか?』
ヴェルドレ
何にっ? ……何にすがれば良いのです!?
レッドドラゴン
『知るか。すがるものなど、
 はじめから何もないのだ』
レッドドラゴン
『そうさな……虎の子を見つけたくば、
 虎の巣に入るしかなかろう』
セエレ
やだ。行かないで……カイム!
僕をひとりにしないでよー!
レッドドラゴン
『生きておれば、また会えようぞ』
セエレ
じゃあさ、せめて……忘れないでっ!僕のこと!!
ヴェルドレ
カイムは善も悪も全て道連れにして飛び出った。
我々は生きるしかあるまい、混沌の世界で。
第2節
レッドドラゴン
『ここは……神の国なのか?』
新宿
第3節
『母』は歌い始めた……。
陰と陽、正と邪…。
摂理を見出し母天使の声の波紋を押さえつけろ!
レッドドラゴン
何なのだ、これは! どうすればいいのだ!?
Epilogue
常軌を逸した戦闘の末”敵”を倒したカイム。
世界を救った勇者の血で、塔は赤く染まった。
レッドドラゴン
『やったぞ! ついに……。』
自衛隊
「こちらスカーフェイス。目標に命中。
正体は依然不明。霞ヶ関方面に落下したもよう。」
Drag-on Dragoon
the E nd of dragon sphere

Thank you for playing!
(本当に、本当にありがとうございました)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|