第五章 破壊

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五章 「破壊」

第1節  「突撃」
(台詞なし)

第2節 「死力の客戦」
連合軍は総力を結集し、優勢な状態で帝国軍と対峙。
最期の決戦に臨もうとしていた。

だがそこに帝国軍が持ち出したのは、外法の技術で造り
出された巨大人造兵器サイクロプスであった。
その巨体の前に、連合兵士達は立ちすくむ。

カイムは連合軍の戦況を有利に導くために、空からサイ
クロプスをドラゴンで攻撃する。契約者の圧倒的な力で
連合軍を勝利に導け!

帝国の信奉者どもが作り出した生物兵器サイクロプス。
強力な波動を避けながら奴の弱点に炎を打ち込め!
レッドドラゴン
一つ目のウスノロめ。
我が炎できさまの目を焼き焦がしてやろうぞ!
レッドドラゴン
サイクロプスを人工的に繁殖させるなど……
正気の沙汰とは思えぬな。
レッドドラゴン
こやつら……人間に造り出されたのか……?
ヴェルドレ
神よ、お導きください。
哀れなる迷い子に慈悲を……
レッドドラゴン
これで一つ目は全て倒したようだ。
あとは帝国の残党狩り……おぬしの好きな時間だぞ。

第3節 「荒野の夢」
レッドドラゴン
ウジ虫のようにわきおって!
サイクロプスは倒した。
次は地上に広がる数千の帝国のダニどもを竜の力で壊滅させろ!
連合兵
カイム様が帝国軍最前線にて攻撃を開始!
我々も遅れをとるな!
連合兵
よし、このまま押し切るのだ。
連合軍の底力を見せてやれ!
レッドドラゴン
これで帝国軍も退くしかなかろう。
おぬしたちの勝利も目前か……?
レッドドラゴン
最後の決着をつけるべく、連合、帝国共に総力を
結集したようだな。
連合軍
カイム様! 帝国軍を倒し、亡き国王の仇を今こそ!
ヴェルドレ
これを、人類が行う最後の戦いに……
いつもそう願っておるよ。
レッドドラゴン
無駄ぞ!! 所詮人間どもが我に敵うわけがなかろう。
ヴェルドレ
女神……女神フリアエは無事か? 女神フリアエを捜してくれ!
誰か!!
ヴェルドレ
私は女神のお世話係、神官長ヴェルドレだ!
誰か女神の姿を見た者はいないか!?
連合兵
帝国の対魔術師団出現!
お気をつけください!
南西に帝国対魔法師団出現!
合流して戦力となる前に叩き潰せ!
連合兵
カイム様は命を賭して戦っておられる!
我々も後につづけ!
最後の灯火。敵軍は戦力を集め中央陣地に集結し始めた。
集結した敵部隊隊長を急襲し戦局を決定づけろ!
ヴェルドレ
指揮部隊が出現したようだ! 奴らを逃せばまた戦火
が広がることになる。カイム、頼んだぞ!
敵指揮部隊出現!
ここで逃しては再び力をつけさせることになる。
逃走される前に奴らの首を討ち取れ!
レッドドラゴン
連合軍が優勢になったようだな。しかし……
たやすすぎないか?
レッドドラゴン
気を抜くな! 向こうが何か変だぞ。
……余裕すぎる。
レッドドラゴン
何だ、この威圧感は……悪い予感がするぞ。

第4節 「偽りの平和」
連合軍の勝利が間近になり喜びをかみしめる連合兵達。

囚われたままのフリアエの事は心配だが、憎き帝国を打
ち破った事にカイムは満足していた。

だがそんな彼らの上空に暗雲が立ち込める……

連合兵1
正義は勝つんだ!
やったぞ!!
連合兵1
サイクロプスがなんだ!
団結力の勝利だ!
連合兵2
やりましたぞ!
カイム様!
連合兵2
先代もさぞや喜んでいることでしょう!
連合兵3
俺達の勝利だ
カイム様、やりましたね!
連合兵3
赤い眼の化け物になんか負けるか!
連合兵4
勝った!勝ったぞ!!
ざまあみろ!!
連合兵4
連合軍の底力を見せてやったわ!
カイム
……!
連合兵
なんだ!?
帝国兵
裁きがきたぞ!

第6節 「天の知るところ」
終戦モードだった戦場に巨大な爆発が一閃する。
帝国の空中要塞からの反撃であった。
残党狩りをしていた連合軍は壊滅。
付近一帯は地獄絵図となる。

通常では考えられない巨大な力の解放……
それは、女神フリアエが封印解除の生贄となろうとして
いる予兆であった。

全てを悟ったカイムは怒りに震える。

連合兵1
眼が……眼が見えない……耳も聴こえない
……カイム様?カイム様、どこですかっ?
連合兵1
俺は……地獄に堕ちたのか?
連合兵2
……助け……て……
連合兵2
バカな……人間の限界を……越えてるぞ……
連合兵3
カイム様、この剣を……
先代から私が賜ったものです……
連合兵3
この剣を差し上げます。どうか私の仇を……
連合兵3
あぁ……先に逝くことをお許しください。
連合兵4
さ……裁きって何だ?
あれは一体……
連合兵4
い、いやだ……まだ死にたくないよ……。
連合兵5
うぅぅ……帝国軍の……仕業なのか?
連合兵5
カイム様……後は……お願いします……
ヴェルドレ
わ、私にも何が何やら……まさか……
最後の封印が……解かれた?
レッドドラゴン
女神の血がすでに流れたと?
ヴェルドレ
そうだ!
この惨状は天からの戒め、人間への呪いだ!
女神は天に捧げられたに違いない!
レッドドラゴン
真実は天のみぞ知る……
そこに、道があるのならばな

第7節 「昇りゆく」
「巨大な爆発」の後、死んだと思われていた帝国兵
が不可解な動きで次々と立ち上がる。

帝国兵は邪悪な力で肉体を再生しているようだ。

ヴェルドレ
封印破壊の予兆だけでこれほどの惨事となるのだ。
封印が無に帰した時、世界は本当に……
生き返った帝国兵を一掃しろ!
レッドドラゴン
この怪物どもはどこから現れたのだ?
骨が折れるわ……
悪しき魂がアンデッドナイトとなり蘇った!
ヴェルドレ
恐ろしい……未来が……見えぬ……。
レッドドラゴン
恐ろしい光景だ……何がしたいのだ、奴らは……?
連合兵
カイム様! いったい何が起きたのですか?
カイム様!
死に絶えたはずの帝国兵が悪霊となり蘇った!
ヴェルドレ
世界の終わりとは……こんな光景なのかもしれぬな。
レッドドラゴン
人間共が神を恐れたなど……遥か昔のお伽噺よ。
ヴェルドレ
カイム! 女神からの”声”は受け取っていないか?
そなたならきっと……
ヴェルドレ
うらぶれた魂がさまよっておる……
ここは……地獄だ……
死者の魂が呪われしアンデッドナイトとなり現れた!
連合兵
なっなんだこいつらは!
帝国兵士が絶望の淵よりアンデッドとなり蘇った!
レッドドラゴン
空……あれはいったい!?

第8節 「帝国の脅威」
カイムの眼科には焼き尽くされた大地。
上空にも続々と帝国軍のモンスターが集結していた。

カイムはドラゴンに乗り、女神が囚われているであろう
空中要塞へと向かう。

帝国の力により作られし悪しき目玉ども。
奴らを全滅させ、空中要塞へ……。
レッドドラゴン
なんだあの巨大な貝殻は!人間の力では到底作れぬ
代物だぞ。
レッドドラゴン
あの貝殻……
いったいどのくらい上を飛んでいるのだ?
レッドドラゴン
カイム! 気をつけろ! こやつら手強いぞ!
ヴェルドレ
人間の力だけで空中要塞など作れるものか!
”天使の教会”とはいったい何なのだ……?
レッドドラゴン
「これ以上は無理か」

2週目だと
レッドドラゴン
「レオナールからだ。……なんと……!」
レッドドラゴン
「女神は海の上だ。海上要塞におる。
 つまらぬ小細工をしおってからに!」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|