第七章 悲劇

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第七章 「悲劇」

第1節  「赤い葬送」
彼女は「天使の教会」の司教であり、
彼女は帝国軍の首領であり、
彼女は全ての破壊者であり、
彼女は神の使いである。
全ての元凶、マナ。

幼い瞳が見つめる先には、無残に破壊された封印が
横たわっていた。

イウヴァルト
フリアエ……?
イウヴァルト
フリアエをどうしたっ!?
マナ
『封印は解けた。もういらない。』
マナ
『天使が笑った。天使は笑うよ。』

第2節 「彼女のために」
イウヴァルト
フリアエ! フリアエ! 俺は……
君の幸せを思って……違う! 違う!
俺は君に歌すら贈れなかった!
イウヴァルト
では俺の幸せのため?
イウヴァルト
……俺が、君を、殺した?
マナ
ラララララ、天使、回る回る、
笑う笑う。ララ…天使。
マナ
ララララララララ…ラララララ…ララ…
天使、回る回る。

第3節 「決意」
イウヴァルト
もう邪魔はいない……
イウヴァルト
フリアエ……
イウヴァルト
奇跡を……女神の復活を!

第4節 「哀しみの空」
封印は全て破壊された。
世界には「再生の卵」が出現し、人間は最期の時を迎えようとしていた。

マナの呪縛から開放されたイウヴァルトは、
「復活を司る」とも云われる「再生の卵」を利用し女神復活を目論む。
冷たくなった妹を抱く親友を、カイムは追った。
「天使の教会」が全てを破壊した上で生じた「再生の卵」に、希望などある筈が無い。

だが、イウヴァルトの耳にそれが届く筈も無かった。

最後の封印を解き、司教マナは帝都へと向かった。
しかし、女神フリアエの遺体を抱くイウヴァルトが目の前に……。
最後の決着をつけろ!
イウヴァルト
うわはははははは! 死ね死ね死ねーい!
レッドドラゴン
よかろう。貴様の炎と我が炎、どちらが勝っているか教えてやろうぞ!
レッドドラゴン
なかなかやるではないか。
だが我の足元にもおよばぬぞ。燃え尽きろ!!
レッドドラゴン
ふん……所詮、貴様の炎などそんなものだ。
身の程を知れ!

分岐

→第八章第9節を見ていない場合
ヴェルドレ
やめるんだカイム!もう封印は解かれてし
まった。これ以上の戦闘は無意味だ!!


第八章 「封印」

→第八章第9節を見ており、4分30秒以内にブラックドラゴンのHPを20%まで下げた場合
レッドドラゴン
奴も帝都へ……?
目的はやはり「再生の卵」か?


第九章 「鎮魂」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|