レオナールの飢

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レオナールの飢

第1節 「封印の森」
カイム達はレオナールに導かれ、帝国軍が侵攻している
という封印の森に到着する。

上空には帝国に操られしグリフォンが翼をはばたかせ、
ドラゴンを待ち受けていた。

忌まわしき怪物どもが封印の森の空に――。
やはり封印されし森が襲われているようだ。
やつらを全滅させ森に急げ!
レッドドラゴン
すでにここまで侵攻しているのか……
封印は無事なのか……?
ヴェルドレ
レオナール、そなたの苦しみは弟達を亡くした
罪の意識だけではあるまい。……癒せるとよいが。
レッドドラゴン
うるさい鳥どもめ。おぬしらの羽で我を落とせる
わけがなかろうに!
レオナール
封印は……まだ無事です! ……たぶん。
レッドドラゴン
封印されし森はフェアリーが護っているはずだ……
あまり良い噂は聞かぬがな。
フェアリー
ウヒャー!!
なんかくせぇー匂いがしてこねーかぁ?!
レオナール
この匂い……森が! 森が焼かれている?!
レオナール
急ぎましょう!
封印されし森が襲われているようです!

第2節 「匂い」
深き森に到着したカイム達。

普段は妖精が棲む森も、封印を探す帝国兵によって無残
にも焼き払われようとしていた。
フェアリーは敵が若い兵士であることを意地悪くレオナ
ールに告げる。

フェアリー
ワアチャー! 俺の森が燃えてるよーん。
どうせロクでもない人間が入ったせいだ。
フェアリー
人の土地にずかずかと……やなヤツらだぜ!
おまけにやな臭い! くせぇ、くせぇー!
レオナール
大変だ、すぐに救助を……
フェアリー
よっよっ、おまえよっ、
木の陰もちゃんと探せよっ。
フェアリー
隠れてるヤツが、調子良く生き残ってるかもよっ!
フーヒャハハハッ!!
レオナール
……くっ。
フェアリー
コレ、ソレ、アレ、ドレ? ……フヒャ!
おぅ、木の陰だ!
裏! ちゃんと見ろよ、レオナールさん!
レオナール
………
フェアリー
うさんくさい臭いがしてきたぜ、どーよっ?
気配はないか? 危なくないか? キャハ!
フェアリー
お? 怖くて震えてんのか? それとも……?
キャハハハハ!
フェアリー
こっち! こっち! こっちだよ!
レッドドラゴン
「新米ばかりの部隊か……」
フェアリー
そっ、そっ、ウキャキャ!
まだまだケツの青い甘チャンばかりだぜ!
レオナール
……駐屯地があるということは
このあたりに捕虜もいるはずです。

第3節 「嘆き」
封印の森には大量に帝国軍が侵入していた。

封印の破壊を目論む帝国軍は、一刻も早く壊滅させねば
ならない。だが、新米兵ばかりの部隊を攻撃することに
レオナールは抵抗を感じていた。

レオナール
カイム! 話し合えば彼らだってきっと……。
帝国軍新米兵士部隊が封印の森を焼き払おうとしている。
奴らの暴挙を許すな!
レッドドラゴン
こんな狭いところでは飛べぬ。おぬしの足で進め。
レッドドラゴン
兵士は兵士。敵には違いなかろう!
フェアリー
フヒャッ!ちょっくら可愛いと、すーぐメロメロねぇ、
アンタ。
レオナール
駐屯地に新米兵の部隊……
カイム! 無益な殺生は控えてください!
新米兵
お願い、助けて!! うわあああああ!!
新米兵の援軍到着。
数にものを言わす新米ども。
未熟とはいえど帝国の手先。手加減するな!
レッドドラゴン
カイムよ……いつもながら容赦がないな……
レオナール
まだ無力な彼らを……
ここまでやり込める必要がどこに?……むごい!
レッドドラゴン
不意打ちとは卑怯な…… 後悔させてやるぞ!
フェアリー
ざっくり殺しちまえよー
案外やわらかいって聞くぜ。フヒャヒャ!
新米兵
いやああああああ!
更に新米兵の援軍が到着した!
帝国の愚兵どもは一人残らずあの世に送れ!
新米兵
おかぁさーん。死にたくないよぅ……
新米兵
た……助けて……
レオナール
私には……出来ません。彼らを討つことなど、
私には……
隠れていた新米兵部隊を発見した。
封印の地を汚す者たちは、一人たりとも生かしておくことはできない!
新米兵
誰か助けて。僕ら何にも悪くないんだ!
レオナール
カイム!! お願いだ! これ以上は……もう……
レッドドラゴン
レオナール! 今は倒すことに集中するのだ!!
レオナール
カイム!相手はまだ新人です。
くれぐれも手荒な真似は……
レッドドラゴン
レオナール……おぬし、死にたいのか!
ヴェルドレ
こんな者達まで帝国軍に……まさに地獄の世だ……
レオナール
無理です! 私には無理です!やめて!
やめてください!! 来ないで!!
ヴェルドレ
敵とはいえ、なんと酷い……
レオナール
私は……私はっ! ……弱いのです……
レッドドラゴン
上空にも追っ手がいるようだな……

第4節 「規則外の憐憫」
フェアリー
おいおい、死体をどうするつもりだ?
ウヒャ。さらに痛めつけマスかー?
レオナール
弔ってやるのです!
フェアリー
フヒャフヒャフヒャ……
そんな悠長なことしてる場合か?
聞こえねーのかよー、よー、よー。
レオナール
!?
新米兵
たす……けて……
新米兵
僕……僕、こわい……
レオナール
だいじょうぶだ。もう、だいじょうぶだ。
フェアリー
おや? おやややや?
情けかけちゃってマスかー? 敵だぜ?
震えてる場合じゃねーんだよっ。よっ!
レオナール
私の弟と……そっくりなんです。
声が……
レッドドラゴン
「おぬし、何をやっておる!?」
レオナール
まだほんの子供ではありませんか!
レオナール
そんな……
新米兵
バーカ。
フェアリー
フヒャヒャヒャヒャ!
バーカー、バーカ。傑作。一等賞!
汚れた者どもよ……。殲滅されるがよい。
レッドドラゴン
「不意打ちとは卑怯な……
 後悔させてやるぞ!」
レッドドラゴン
「少し騒ぎすぎたな。
 上空にも集まってきたようだ……」

第5節 「妖精の記憶」
己の愚かさゆえに敵に隙を見せてしまったレオナール。
ドラゴンはその愚かさを激しく叱咤する。

レオナールが後悔する間もなく、空からは帝国軍の軍勢が
牙を剥く。敵を殲滅し、封印の下へ向かえ!

駐屯地を襲撃したことにより、
またも上空に帝国の雑魚どもが集まってきたようだ。
まとめて蹴散らし、封印されし森へ急げ!
レッドドラゴン
こざかしい! 一気に葬りさってやるわ!
レオナール
まさか……彼が私をだましていたなんて……
戦いとはむごいものです。
フェアリー
懲りませんねぇ、アンタ。この先もそんな調子で
生きていけるんでしょうかねぇ?
レオナール
罪は人を生きる道へと導くものなのでしょうか?
フェアリー
よぉよぉ! 弟達も浮かばれないよね~。
レオナール
……何を言われても仕方ありません。
私はそれだけの人間です……
レッドドラゴン
ほぼ一掃したようだな。改めて封印の森へ向かうぞ。

第6節 「落穂拾い」
レッドドラゴン
この先は我が翼ではゆけぬ。おぬしの足で進んでくれ。
森の奥地に駐屯地を統括する重装騎馬部隊が集まっている。
奴らを倒し、この地から帝国兵どもを追い出せ!
ヴェルドレ
封印は森の奥地で妖精に護られているはずだ。
帝国の手が及ぶ前に見つけてくれ! 頼むぞ!
フェアリー
ありゃ?レオナールちゃんのせいで
ドラゴン様がお疲れのようだぜ。ウヒャヒャ。
レオナール
私のせいで要らぬ戦いを…… 申し訳ありません。
レッドドラゴン
身の程を知らぬ情けをかけるのは人間の悪い癖だな。
フェアリー
ありゃ?レオナールちゃんのせいで
ドラゴン様がお疲れのようだぜ。ウヒャヒャ。
帝国軍重装備部隊は全滅した。
森の奥地で妖精に守られている封印を目指せ!
フェアリー
フヒャヒャッ。俺だったら、
この先には行かないね!バーカ。

第7節 「ドラゴンの休息」
森の最深部には封印を守る妖精の長がた。

その口から吐き出される汚れた言葉から、カイム達は砂
漠に居る女神フリアエ達の危機を知る。

レオナール
どうもすみません!
レッドドラゴン
「なぜいらぬ情けをかける!?」
レオナール
それは……
フェアリー
言えねーよなあ! フヒャ。
いつだって本当のコトは言えねーんだよなあ!
ひ・み・つ! ……プッ。フヒャヒャハアッハ!
レオナール
いっそ……
今ここで死なせてくれ……。
フェアリー
はあ? 何言ってんのお? もしもーし?
アナタ死ねなかったんですよねー?
ためらい傷バリバリ!
フェアリー
……やだなあ。
俺といっしょに生きてくれるって
約束したじゃないですか、お兄さん。
フェアリー
俺、もうひとりじゃ
生きられない身体なんですよ。
契約ね、契約。
フェアリー
フヒャヒャヒャ。
おねがいしマッス。
レッドドラゴン
「おぬし、まさか……?」
妖精の長
いえ、特に名乗るほどの者では……
ただ私は臭くて野蛮なあんた達にこれ以上
この森にいてほしくないだけでして。
妖精の長
ほぉっほ。こりゃ失敬。
いちおう長としてはね、
言うべきことを言わないと。
レッドドラゴン
「フェアリーの長か!」
妖精の長
燃えた木は元に戻らないんですよねえ?
人間ひとり死んだってロクな肥料にならんが、
木は森を作る骨組みでしてね、はい。
レッドドラゴン
「脅すならよそをあたれ。
 付き合ってられぬわ!」
妖精の長
ほおっほ。
脅すなんてそんな!
とんだ邪推ってもんですなあ。
妖精の長
ドラゴンさまほど位が高いと、さぞかし複雑な
ことをお考えのようで……。
妖精の長
人間とじゃれ合うのも
ひとつの作戦なのか?と。
妖精の長
下等なものにやられるのも
興のひとつか?と……。
レッドドラゴン
「失せよ!」
妖精の長
ほおほっほっほ。こりゃ失敬。
図星はイタイもんですからね。へっへっへ。
妖精の長
それはそうと砂漠は暑いですねえ………
死体の腐りも早いでしょうなあ。
レオナール
砂漠? 砂漠がどうかしたのですか?
妖精の長
おっと、こりゃ口が滑った。
いや、言えませんよ。神官長一行が間抜けヅラ
並べてあっさり襲われた、なんてねえ。
妖精の長
あんたらのお仲間の無事も定かじゃない。
いい気味だ!なんてねえ。
レッドドラゴン
「カイム! 砂漠へ急げ!」
妖精の長
みんな死ねばいいのに……なんてそんなとても
とてもめっそうもなくて、言えませんってばあ。
へっへっへっへ。ほおほっほっほ!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|