あらすじ一覧

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一章 「源流」
第1節  初陣
押し寄せる帝国軍の脅威。
妹であり世界の封印でもある女神フリアエに危機が迫る!
第2節  城へ
目指すは女神フリアエの潜む城。
邪魔者はすべて蹴散らせ!
第3節  ドラゴンとの出会い
ドラゴン……それは両親を殺した憎むべき種族。
しかし今、生きる残るために必要な「力」であった。
第4節  剣のゆくえ
戦場はカイムに苦悶する暇を与えない。
生きるための選択と、生き残るための虐殺。
第5節  究極の契約
進むために、カイムはドラゴンと契る。
守られるべき約束はただひとつ。生きること!
第6節  分かち合う魂
ドラゴンの背に乗り、カイムは空を翔る。
彼らの前に立ちはだかる帝国軍の空中兵器。
第7節  狙いをさだめて
帝国の大型空中兵器がカイム達を阻む。
圧倒的な火力の前になす術はあるのか?
第8節  憎しみは何処へ
帝国軍の手が女神フリアエへと伸びる。
契約者の力を見せる時が来た!
第9節  契約の代償
ドラゴンと一蓮托生の道を選んだカイム。
強大な力の代償は……?
第10節 侵入
帝国兵は城内にまで侵入していた。
手遅れとなる前に女神フリアエのもとへ急げ!
第11節 女神救出
間一髪! 女神フリアエは救われた。
イウヴァルトは安寧を求めてエルフの里に向かう決意をする。
第12節 イウヴァルトの唄
各の運命が混迷の未来に向かって廻り出す。
イウヴァルトの雄々しい唄に希望を託して……。

第二章 「交錯」
第1節  ”声”の知らせ
契約者のみが感じる”声”。
”声”が指し示す悲劇を、イウヴァルトは信じようとはしない。
第2節  エルフの里へ
中立地帯であるはずの場所に帝国の影がちらつく。
敵軍を突破し、エルフの里へ向かえ!
第3節  道なき道を
次々と現れる帝国軍!
エルフの里は果たして!?
第4節  絶望の風景
”声”は正しかった。エルフの里は全滅している……。
イウヴァルトは己の微弱な力を嘆く。
第5節  不吉な祠
大事に記された言葉は、不吉な予言にも似て……。
第五節  遠くの音
尋常な死の見当たらない戦場にて、
レオナールは「封印されし森」からの”声”を聞く。
第6節  遺言
かつての美観の跡形も亡き里。
瀕死のエルフが漏らした言葉はまたも……。
第7節  隠された宮殿
妖精の谷に向かうカイムたち。
行く手を阻む帝国軍の攻撃をかいくぐれ!
第8節  隠された計画
廃墟のごとき「宮殿」でカイム達が見たものは……?
第9節  偽りの国
赤く光る死体の胴……。
疑問と焦燥が募る中、ヴェルドレの”声”が途切れた!
第九節  救済と殺戮
カイムの心に刻まれた文字は何であろう。
救済? それとも……殺戮?
第十節  孤独な戦い
帝国軍の侵攻は妖精の谷に達しようとしている。
モンスターを焼き払え! 道をきりひらけ!
第十一節 レオナールの悔惧
隠者レオナールが弟達のむごたらしい死体を見て、
己に悔惧、羞恥、嫌悪の感情を抱いた時、光が……。
第十二節 なぶり
フェアリーとの契約によって、レオナールは死の淵から生還する。
しかし契約者としての日々はあらなた地獄の始まりだった。
第十三節 焼き討ちのあと
妖精の谷はすでに魔物の巣窟と化していた。
モンスター達を切り裂き、妖精の谷奥地を目指せ!

第三章 「邂逅」
第1節  再会
女神をかばい、神官長ヴェルドレとイウヴァルトが捕まった!
フリアエは自分の気持ちを押し隠し、カイムを送り出す。
第2節  捕虜収容所へ
目指すは神官長救出。
見通しの利かない夜の砂漠に潜むモンスター達を倒せ!
第3節  囚われの人々
捕虜収容所に向かい、ヴェルドレを救い出せ!
第4節  ヴェルドレ救出
神官長ヴェルドレとの出会い。
彼が推測する帝国軍の目的とは?
そして、囚われたままのイウヴァルトは今どこに?
第四節  無念の思い
精霊は「砂漠の神殿」の封印が破られたことを告げる。
一同の前に次なる封印「海の神殿」への道が示された。
第5節  砂漠の神殿
「砂漠の神殿」の封印が危ない!
帝国軍の手から封印を守れ!
第6節  封印されし場所
帝国軍が「砂漠の神殿」を取り囲んだ。絶体絶命!
帝国兵を殲滅させろ!
第7節  闇を汲みし者
封印の無事を確かめようとした時、
彼らの前に新たな敵が現れる!!
第8節  聖の名残
カイムの憤怒はおさまらない。
聖なる場所に血塗られた屍を重ねてゆく。
第9節  ハープは語る
全員の無事を祈り待っていたフリアエ。
そんな彼女だからこそ、いち早くイウヴァルトの姿がない
ことに気づく。
第九節  不穏な”声”
ヴェルドレに届いた”声”。
その気配に危険を感じ、ヴェルドレは保護に向かう。
ドラゴンの侮蔑を受けつつも……。
第十節  牢獄
”声”を追って、カイム達は砂漠地帯に降り立つ。
彼らを牢獄に導く”声”の持ち主とは……?
第十一節 叫び
暗い牢獄。女の嬌声。ここは、呪われた家。
石の床は血で染まり、瓶には壊れた心が詰まっている。
第十二節 精霊のいざない
孤独と混乱をはらんで生きるエルフ、アリオーシュ。
彼女の心の振幅は精霊達を呼び覚ます。
第十三節 解放
牢獄の上空は帝国のモンスターによって強固に守られていた。
迷う事はない。敵軍勢を突破せよ!
第十四節 ”声”の在処
牢獄の前では多数の帝国兵が待ち構えていた!
倒せ! 倒せ!!
第十五節 生き延びたアリオーシュ
新たな契約者、アリオーシュとの出会い。
だが、彼女の心は闇に閉ざされ、「仲間」の意味さえ
わからない……。

第四章 「背反」
第1節  イウヴァルトの告白
イウヴァルトの再会。
赤い眼で黒き竜を駆るその姿に、かつての彼はいない。
第2節  剣と誇り
契約者として強大な力を手に入れたイウヴァルト。
彼はかつての許婚フリアエを、カイムの手元からさらってゆく。
後には鬱屈した憎しみとハープが残されていた……。
第3節  聖と俗
イウヴァルトと対峙した時、ヴェルドレの神官長としての
仮面が剥がれる。
肩書きのない自分に向き合うことは、彼にとって何より
辛い業であった。
第4節  残存の勢力
女神であり、たった一人の肉親でもあるフリアエを奪われ、
カイムの哀しみと怒りに行き場はない。
彼はただ戦うことでしか救われないのか……?
第5節  暴力の荒野
不毛の大地に立ちはだかる帝国の亜人兵士達。
その鎧には暴力と殺戮への衝動しかなかった。
カイムもまた、同じ憎しみで戦いに臨む。
第6節  カイムの過去
ドラゴンはカイムの過去を知る。
ドラゴン種族による両親の虐殺。この経験こそが彼の
「始まり」であった。
第六節  セエレの妹
「僕の妹を捜して!」
セエレのひたむきな願い。そこに隠された真実とは……?
第7節  禁断の地
帝国の行為網をくぐり抜け、カイム達は荒野を抜ける。
第8節  残る封印は……?
神殿の封印はすべて破られてしまった。
カイム達は最終封印フリアエを取り戻すため帝国領土に
向かう。
第9節  石の声
石の示す道標に導かれ、峡谷の奥に辿り着く。
そこは岩の巨人に守られし隠れ里があった。
第十節  母との別れ
一人の少年を残して母は死ぬ。愛を囁いて死ぬ。
少年は「愛」を信じ、苛烈な道を進むことを決意した。
第十一節 生存者
人の絶えた隠れ里で、カイムは岩の巨人と少年に出会う。

第五章 「破壊」
第1節  突撃
連合軍が帝国軍に総攻撃を仕掛ける。
高らかに上がる戦の声。
だが、帝国は恐るべき人造兵器を用意していた!
第2節  死力の客戦
帝国は異形の兵器サイクロプスを駆り出した。
これを破壊し、連合軍を優位に導け!
第3節  荒野の夢
圧倒的多数で攻め込む連合軍。
カイムは契約者の力で殺戮の海へと埋没する。
第4節  偽りの平和
戦局は連合軍優勢にて、カイム達は勝利の雄たけびを上げる。
しかし、その頭上に黒い影と邪悪な空気が忍び寄っていた……。
第5節  阿鼻叫喚
勝利に沸き立つ連合軍の上に、巨大な力が降り注ぐ。
これは裁きなのか?
地上にあるすべてを焼き払うは煉獄の炎なのか?
第6節  天の知ること
ヴェルドレは地獄の光景に取り乱し、最終封印フリアエの
安否を問う。
カイムは怒りの鉄拳で答えることしかできない。
第7節  昇りゆく
亡霊と化してなお襲い掛かる帝国軍兵士。
彼らの怨念が丘陵地帯をさらに腐らせて行く……。
第8節  定刻の脅威
異形のモンスターたちが空を埋め尽くした。
ひるむな! 奴らを撃破し、帝都に向かえ!!

第六章 「宿敵」
第1節  愛の紙魚
フリアエへの愛ゆえに力を欲したイウヴァルト。
望みは叶ったが、その赤い瞳にもはや彼女は映らない……。
第2節  黒きドラゴン
イウヴァルトの魂は既に帝国のものであった。
彼に届く言葉はあるのだろうか……?
第3節  定め
ブラックドラゴンを追い、飛翔するカイムとドラゴン。
空中要塞内部に入り、フリアエを救え!
第4節  汚れた祈り
空中要塞内部での激しい攻防。
フリアエが囚われた祭壇へ向かえ!
第5節  声にならない
カイムの願い虚しく、フリアエの血はすでに流れて
しまっていた……。
最終封印の解かれし後の世界。
今、カイム達は<真実>の目撃者になる。

第七章 「悲劇」
第1節  赤い葬送
フリアエの死はイウヴァルトに正気を与える。
絶望に打ちひしがる彼に、一人の少女が無邪気な
微笑みを投げた。
第2節  彼女のために
利己的な愛が引き起こした誤り。悲劇。
重い十字架を背負ったイウヴァルトが目指す先は……
第3節  決意
フリアエの冷たい体を抱き、イウヴァルトは叫ぶ。
引き裂かれた愛の復活を!
第4節  哀しみの空
封印が解かれし混沌とした世界。誰が誰のために戦うのか?
答えはどこにあるのか……?

第八章 「封印」
第1節  人ならざるもの
敵は帝都上空に控えている。倒せ! 考える前に進め!
第2節  伝説への挑戦
最強の中、エンシェントドラゴンを前に怖気づくドラゴン。
再び飛ぶためには、どうしても必要なものがあった。
第3節  旧き都
恐るべき子供は世界を玩具にするのだろう。
帝都に赴き「天使の教会」の司教マナの暴走を阻止せよ!
第4節  悦びを知らず
帝都地上に降り立ったカイム。
そこでは最後の攻防が待っていた。
第5節  静謐な棺
汚れた祭壇にマナを追い詰めろ!
第6節  あがき
追い詰められたマナに封印を施すヴェルドレ。
しかし、マナが扱う力は世の理の外にあった……。
第7節  墓場なき戦い
巨大化したマナとの戦い。
神の力の前に人間達が為す術は!?
第8節  業垢
洗脳から覚めたマナは自らの死を望む。
だがカイム達がそれを許さない。
人々の憎悪を浴び続ける恐怖に、マナは絶叫する。
第9節  閉じた魂
損なわれた女神の代わりに、ドラゴンは封印となることを
申し出る。
初めて名乗る名。
初めて流す涙。
最初で最後の、愛。

第九章 「鎮魂」
第1節  ドラゴンの息吹
ブラックドラゴンを追い、帝国軍の残党に追われる。
循環する憎悪。穢れし国、損なわれた心。
第2節  愛という名のもとに
イウヴァルトが望むはフリアエの復活、ただそれのみ。
”再生の卵”にかけられた願いは何を生むのか?
第3節  卵を抱いて
大空のもとで、かつての友と戦う。
空は広く、絶望は深く、憎しみは濃く……。
第4節  邂逅
フリアエは復活した。
すべての憎しみと悲しみをその羽根に抱きながら。
最期の瞬間、イウヴァルトは彼女の想いを知ることが
できたのだろうか?
第5節  悪魔の翼
女神という重圧に縛られ、その愛は自ら行方をくらます。
彼女を苦しめる最後の枷を解き放て!
第6節  女神達のさざめき
女神は”再生の卵”によって増殖する。
かつてフリアエであった者達に恩沢を維持できるのか……?
第四節  眠り
イウヴァルトは眼を閉じた。口元には微笑が浮かんでいた……。
彼は幸せだったのか? その答えは今や永遠の謎だ。
一方、祭壇に逃げ込んだマナはドラゴンの本当の姿を見る。
第五節   摂理
「我らの契約はここに終了する」
ドラゴンの言葉は新たな関係の始まりを告げていた。
感情と本能の狭間で、ドラゴンはカイムに望まぬ戦いを挑む。
第六節  夜空の下で
長い旅路の果てにあったものは、皮肉なふるい。
この世で「生き続ける」ためにカイムとドラゴンは戦うのだろう。
種の存亡を賭けて……。
第七節  光
ドラゴンの屍を越えて、カイムは一人立つ。
人類の未来にはいよいよ「死」が濃い影を落とす。
それでもカイムは戦うだろう。一本の剣に命を賭けて……。

第十章 「迷走」
第1節  結界
海上に到達したドラゴン。
巨大要塞には結界が張り巡らされていた。
第2節  幻惑の方舟
海上要塞の強固な防衛網を突破し、要塞内部に突入せよ!
第3節  凪
フリアエの無事を確かめたい!
不気味に静まり返る要塞の中で、囚われし女神を探し出せ!
第4節  毒を食らわば
女神不在の祭壇。
レオナールには彼女の運命が視えるようだった……。
第二節  海鳴り
フリアエは何処に祀られているのか?
帝国兵を倒し、祭壇を探せ!
第三節  神の意志
海上要塞の祭壇に辿り着いたカイム達。
だが惜しくも、敵は一足早く去ってしまった後だった。

第十一章 「別離」
第1節  迷路
空中要塞内部で、帝国軍勢と対峙するカイム。
敵を撃破し、フリアエを捜し出せ!
第2節  夢の現実
フリアエの心の中を歌い上げるマナ。
彼女は天使なのか? それとも……
第3節  落花
兄に届かなかった想い。その重さに耐え切れず、フリアエは
自害する。
茫然自失のカイムを、マナの無邪気な笑い声が包んだ。
第4節  理性としての自己
カイムの憤怒はマナに向く。
そんなカイムを説き伏せ、ドラゴンは要塞脱出を促す。
”再生の卵”がある限り、彼らの責務は終わらない……。
第二節  かくれんぼ
女神が没し、世界は暴走をはじめる。
カイムには哀しみに暮れる暇も与えられない。
ただちに司教マナを追え!
第三節  裏切り
セエレは必死で守ろうとした。
血に飢えた司教を。母に愛されなかった妹を。
だが、その声はマナには届かない……。
第四節  愛に包まれて
マナが永遠の眠りにつき、具現化した神の試練は動きを
止める。
しかし、すでに世界はそれ自体が「殉教者」であった。
第五節  楽園
崩壊する空中要塞の中で神の死を叫ぶイウヴァルト。
愛するフリアエの声すら彼には届かない……。

第十二章 「混乱」
第1節  小さきもの
それは終わりを告げるもの……。
第2節  堕胎
結末の鐘を響かせて、異形の「敵」が舞い降りる。
彼らを倒した先にある世界に、人間は焦がれた。
第3節  真実の行方
世界は「敵」で埋め尽くされる。
何も信じるな。ただ、突き進め。
第4節  聖母の微笑み
最後の「敵」との融合を望むアリオーシュ。
彼女の瞳に映ったものは我が子であったか?
それとも真の餌か?
第5節  それぞれの終わり
「敵」の前にアリオーシュが力尽きる。
レオナールもまた……。
彼らはたしかに「神罰」だったのだ。
第6節  異種の存在
圧倒する「敵」。
そして、壊れゆく世界。
第7節  おおいなる時間
巨大な「敵」は「時間」をゆがめ、世界を消し去ろうとしていた!
ドラゴンはセエレの苦しみに最後の希望を見出す。
第8節  ちいさい勇者さま
昔々のおはなし。
名もなきちいさな者のおはなし。
たくさんの大切なものを失った世界のおはなし。
第9節  覚醒
「時間」を壊す巨大な「敵」に、セエレが立ち向かう。
小さな希望を背に乗せて、ドラゴンは「敵」の中心部に
突入した!
第10節 セエレの安堵
小さな体すべての「時間」を使って、セエレは「敵」を凍結
させた。「時間」の結晶は光となって世界に降りそそぎ、
セエレは伝説となるだろう。

レオナールの飢
第1節  封印の森
何人をも寄せ付けぬはずの封印の森も、帝国軍に汚され
ていた!モンスター達を叩き落し、空の自由を取り戻せ!
第2節  匂い
若き兵士を視るレオナールに向かって、フェアリーが棘を
投げつける。契約という縁にて、地獄の日々は続く。
第3節  嘆き
封印の森に駐留している帝国軍を発見!
だがその時、レオナールの心をよぎるためらいに
誰も気づけずにいた。
第4節  規格外の憐憫
レオナールはうら若き敵兵を助けた。
しかし、その行為の裏に潜む愛と優しさが敵兵に通じる
はずもなく……。
第5節  妖精の記憶
封印を狙って帝国軍が上空に現れた。
幾多もの戦いを制し、封印のもとへ!
第6節  落穂拾い
カイム達は養成の長を探す。
封印を護ると言われている彼は如何なる人物であるのか?
第7節  ドラゴンの休息
封印の森奥深く、ついに妖精の長が現れた。
その目は澱み、その口からは汚れた言葉が次々と吐き
出されてゆく。

アリオーシュの奇
第1節  海蛇の苦悩
海上要塞に向かう途中、帝国の船団と遭遇。
捕虜を心配するレオナールをドラゴンが叱責する。
「封印を守ってから考えろ!」
第2節  大好きな……
屍を見て、歓喜するアリオーシュ。
今、精霊達によって彼女の過去が明かされる。
第3節  漁火
帝国の海上船団が神殿を包囲した!
一刻も早く奴らを撃沈せよ!!
第4節  独り遊び
海上神殿の封印は破られた。
世界は取り返しのつかない事態へと転がっていく。
絶望が支配する中、アリオーシュが一人封印の残骸を
愛でるのだった……。

セエレの祈
第1節  岩の道
僕、セエレ。
みんなが僕の妹をさがしに来てくれた!
でも僕がうっかりしたばっかりにみんなをあぶない目に
あわせちゃって……
第2節  辺境の巨人
僕、セエレ。
こわいゴーレムが沢山現れたよ!
たすけてカイム!
第3節  翻弄
僕、セエレ。
妹を探しにこんなところまで来ちゃったけれど……
あっ空にも帝国軍がいっぱいいるよ!気をつけて!
第4節  友へ
僕、セエレ。
大変だ!ゴーレムの様子がおかしい!
「ゴーレム!僕を殴れ!」
第5節  道程
僕、セエレ。
次から次へと敵が現れるんだ。
こんな危ないところに妹のマナはいるのかなぁ。
第6節  音の消えた場所
僕、セエレ。
妹がいるはずの谷に着いたんだけど……
ワァッ、モンスターだ!
第7節  足跡なき誘拐
僕、セエレ。
誘拐された僕をカイム達は探してくれている。
敵がいっぱい飛んでいるから気をつけてね!
第8節  新しい剣
僕、セエレ。
誘拐された僕はコロシアムで賞品にされちゃった。
でも僕はできそこないじゃない!
第9節
僕、セエレ。
第10節  狂気のコロシアム
僕、セエレ。
カイムが助けに来てくれた!
無理しないでね!カイム!
第11節  感謝と怠慢
僕、セエレ。
僕のせいでみんなに迷惑をかけてばかり。
もう、足手まといにはなりたくない……。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|