第二章 交錯

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二章 「交錯」

第1節 「声の知らせ」
永世中立の里へと続く道。
カイム達は連合軍の護衛兵と共に野営していた。

だが、まもなくドラゴンが不吉な”声”を聴く……

森林地帯 カイム達のキャンプ
連合軍1
目をつぶると血みどろの首が……
うぅぅぅ、これが戦なのか……
連合軍1
うぅ……
母さんは無事なんだろうか……
連合軍1
エルフの里に着いたら除隊させて下さい。
僕はカイム様のようにはなれません。
連合軍2
いつのまに帝国軍はあれほどの力を……?
連合軍2
カイム様の連隊で生き残っている者は
我々だけです……
連合軍2
女神のお姿を拝めるなんて……ありがたいな。
連合軍3
先代から仕えてきたこの身、
カイム様にお預けします。
連合軍3
坊ちゃん……いえ、カイム様、
私はどこまでもお供しますぞ。
連合軍3
世が世ならカイム様は王家を担うお方……
不憫ですぞ。
フリアエ
私は生き抜かなければならないのでしょう?
封印として……
フリアエ
エルフ達に迷惑を掛けなければ
良いのですが……
フリアエ
兄さんやイウヴァルトと行動を共にするのは
久しぶりね……
イウヴァルト
どうかしたのか?
レッドドラゴン
「エルフの里が襲われた。
 おそらく……全滅だな」
イウヴァルト
なっ……
レッドドラゴン
「”声”を感じるのだ……
 我らは……」
イウヴァルト
まさか!
契約者のちからだかなんだか知らないが……
この目で見ないことを……信じられるか!
イウヴァルト
出発だ! 出発!! エルフの里へ向かうぞ!
フリアエ
……!
イウヴァルト
フリアエ!
フリアエ
平気です。すみません。
イウヴァルト
平気なものか!
彼女の身体は封印の負荷により
限界に来ている。
イウヴァルト
一刻も早く休めてやりたいんだ。
カイム
……

第2節 「エルフの里へ」
不穏な空気が漂う中、カイムはエルフの里に空から向か
う。だが、そこが中立地帯にも関わらず上空には帝国の
軍勢が待ち構えていた。

エルフの里の方向から帝国軍が向かってきている……。
奴らを一掃してエルフの里に向かい、その目で真実を確かめろ!
レッドドラゴン
とにかく、このうるさい蝿どもを一掃するぞ!
イウヴァルト
ドラゴンが人間との契約に応じるとはな……
神話のような奇跡だ。
イウヴァルト
永世中立の里を破壊するなんて行動が許されたら……
世界の秩序はなくなるぞ。
イウヴァルト
フリアエ……女神である君がいなくなれば世界は
滅ぶといわれているらしいな。
イウヴァルト
フリアエが女神として幽閉されている現在、
俺はすでに世界の終わりって気分だ。
レッドドラゴン
ここに帝国軍がいるということは……覚悟しておけ。
イウヴァルト
この辺りがエルフの集落のはずなのに……
まさか!まさか!
レッドドラゴン
よし!このまま集落まで下降するぞ!
掴まれ!

第3節 「道なき道を」
イウヴァルト
この先の橋を渡った森にエルフの集落があるはずだ…
きっとあるさ!
帝国軍強化兵部隊が森へと通じる道を渡ろうとしている。
奴らが橋を渡る前に絶望と後悔の悲鳴をあげさせろ!
イウヴァルト
こんなところにも帝国軍がいるなんて……
集落はどうなっているんだ?
イウヴァルト
まさかこんな奥地まで侵攻してきているはずがない……
そうだろう、カイム?
連合軍
伝令! 東の方向にエルフの里を発見しました!
イウヴァルト
カイム……おまえ、本当はフリアエと……?
いや、何でもない。
フリアエ
私の身体はもう私ひとりのものではないけれど……
もし兄さんが……
フリアエ
私はどちらでもかまいません。
進むも退くも、御心のままに。
フリアエ
兄さん、イウヴァルト……
私のためにムリをしないで下さい……
イウヴァルト
エルフの里をこの目で見るまでは信じないぞ!
俺は信じない!

第4節 「絶望の風景」
エルフの里に到着したカイム達。
だがそこは、既に帝国軍によって無残にも襲われた後
だった。

どこにも行く場所が無くなり、絶望するイウヴァルト。
そこへカイムの元に、ある”声”が届く。

レッドドラゴン
エルフの里はもうすぐだが……油断するな。
レッドドラゴン
もうじきエルフの里に着くぞ。
イウヴァルト
地獄だ……地獄だよ……
イウヴァルト
僕、どうすれば……
レッドドラゴン
「神官長ヴェルドレから”声”がきたぞ」
イウヴァルト
”声”? 神官長も契約者なのか?
レッドドラゴン
「うむ。相手のドラゴンは、すでに
 石化しておるがな……」
フリアエ
彼は今どこに?
レッドドラゴン
「神殿巡礼中で砂漠にいる……
 異常事態を危惧し、女神の保護を申し出てきた。
 早急に向かうが良い」
イウヴァルト
……すまない、フリアエ。
俺ごときではやはり……おまえを守れないな。
フリアエ
あなたの歌に、私は癒されます。
イウヴァルト
歌など!
……俺は……ちからが欲しい……
イウヴァルト
行かないのか?
レッドドラゴン
「我々はもう少しここを調査して向かう。
……フリアエはおまえに任せるそうだ。
しっかりやれ」

第5節 「不吉な詞」
”声”の主は神官長ヴェルドレであった。
ヴェルドレは封印を預かると同時に連合軍の最高司令官
でもある。

海の神殿、砂漠の神殿、森の神殿、そして女神フリアエ
この4つの封印を帝国の真の手から守る事がヴェルドレ
の使命であった。

ヴェルドレにフリアエ達を託し、エルフの里を調査して
いたカイムは、帝国兵の死体のそばに、ある血文字が刻
まれているのを発見する……

カイム
……?
レッドドラゴン
「……天使を語ってはならない。
 天使を描いてはならない。
 天使を書いてはならない。
 天使を彫ってはならない。
 天使を歌ってはならない。
 天使の名を呼んではならない。
 ……なんだ、これは!?」

第五節「遠くの音」
”声”の主は神官長ヴェルドレであった。
ヴェルドレは封印を預かると同時に連合軍の最高司令官
でもある。

海の神殿、砂漠の神殿、森の神殿、そして女神フリアエ
この4つの封印を帝国の魔の手から守る事がヴェルドレ
の使命であった。

ヴェルドレにフリアエ達を託し、エルフの里を調査して
いたカイムは、帝国兵の死体のそばに、ある血文字が刻
まれているのを発見する……

カイム
……?
レッドドラゴン
「……天使を語ってはならない。
 天使を描いてはならない。
 天使を書いてはならない。
 天使を彫ってはならない。
 天使を歌ってはならない。
 天使の名を呼んではならない。
 ……なんだ、これは!?」
レオナール
……
レオナール
視えます。
森が……燃えている。
レッドドラゴン
「何処を視ておるのだ?」
レオナール
これは……封印されし森?
帝国軍が侵攻しているようです。
レオナール
……どうしますか?
カイム
……。

第6節 「遺言」
エルフ
この近くの渓谷に……
”天使の教会”の宮殿があります。
そこにみんな捕らえられて……
レッドドラゴン
「また天使か……いったい何なのだ?」
カイム
……。

第7節 「隠された宮殿」
エルフから聞き出した「天使の教会」の宮殿の情報。
カイム達は、次々と出てくる「天使の教会」という名前
と「帝国軍」に何か繋がりがあるのでは、と疑問を抱き
始めていた。

その疑問に答えるべく、カイム達はエルフ救助のために
空から宮殿を目指す。

「天使の教会」の宮殿は強力な結界によって護られているという。
付近を飛び回る雑魚どもを殲滅させ結界を破壊し、宮殿に向かえ!
レッドドラゴン
エルフ達は封印を司る神殿の番人。
彼らが無事ならよいのだが……
レッドドラゴン
もうやめておけ!
やつらも生き者だ、死して横たわる権利はあろう。
レッドドラゴン
こんな山奥に帝国軍の拠点が作られているとはな……
虚勢と気合だけでは崩せぬ。
レッドドラゴン
宮殿だと?
帝国軍も所詮は偶像を崇める愚かな人間か。
レッドドラゴン
よし、宮殿までの道は開かれた!
レッドドラゴン
憎しみで血潮は作れど、涙には勝てぬ……

第8節 「隠された計画」
レッドドラゴン
この付近に宮殿があるはずだ。気をつけろ!
人間以外の気配を感じる……
宮殿に向かう道に帝国軍投石部隊が配備されている。
行く手を阻む大型兵器を沈黙させろ!
連合軍
カイム様! 帝国軍の赤い兵士は封魔術用に
強化されているようです!
連合軍
「天使の教会」の宮殿は森の奥に位置するはずです。
しかし、なぜこんなところにまで帝国軍が……?
宮殿付近に帝国軍が集結している。
中立地帯を侵すものどもを斬り刻め!
レッドドラゴン
この廃墟が”宮殿”だとすれば、奴らは何をもってして
”帝国”と呼ぶつもりだ?
帝国軍
コノ場所ニ入ルモノは全テ死ネ! 死ぬがヨイ!
帝国軍
感情ナラヌ全てのモノが我らの血!
レッドドラゴン
これが”宮殿”なら、あばら屋は”城”と呼べるな。
連合軍
新たな帝国兵です! カイム様お気をつけを!
宮殿の傍に指揮官である司祭が現れた!
奴らの思念は、この地に帝国軍を呼び寄せているようだ。
この地から生きて返すな!
レッドドラゴン
倒しても倒してもやってくる…… 奴らに怖れは
ないのか?
連合軍
くそッ、帝国は魔術まで使いこなすのか!
司祭の分身が宮殿を取り囲んだ!
邪悪な敵を根絶やしにしろ!
連合軍
宮殿には敵の気配はあまりないようですが……
くれぐれもお気をつけください。
司祭の本体が
「天使の教会」に逃げ込んだ。
追って息の根を止めろ!
レッドドラゴン
もう敵はいないようだな。
囚われたエルフの姿も見えぬが……?

第9節 「偽りの国」
レッドドラゴン
「エルフ達はどこか別の場所に
 運ばれてしまったか」
カイム
……
レッドドラゴン
「帝国軍の目的?
 我が知るはずなかろう。人間の考えは
 あまりに卑小すぎて、想像もつかぬわ」
カイム
……
レッドドラゴン
「赤い眼がどうかしたか?」
レッドドラゴン
「ヴェルドレ!?
 ……”声”が……途切れたぞ」
レッドドラゴン
「砂漠へ急ぐがよい。
 女神にも危険が迫っておるかも知れぬ」

第九節 「救済と殺戮」
レッドドラゴン
「エルフ達はどこか別の場所に
運ばれてしまったか」
カイム
……
レッドドラゴン
「帝国軍の目的?
 我が知るはずなかろう。人間の考えは
 あまりに卑小すぎて、我には想像もつかぬわ。」
カイム
……
レッドドラゴン
「赤い眼がどうかしたか?」
レッドドラゴン
「ヴェルドレ!?
 ……”声”が……途切れたぞ」
レッドドラゴン
「砂漠へ急ぐがよい。
 女神にも危険が迫っておるかも知れぬ」
村人
た、助けてください!
我々の村が、帝国軍に……
レッドドラゴン
「おぬし、何処の者だ?」
村人
この先の……妖精の谷です。
どうなっていることやら……うぅ。
レッドドラゴン
「おぬし、助けにゆくのか?
 殺しにゆくのか?」

第十節 「孤独な戦い」
村人からの情報で帝国軍の存在をかぎつけ、妖精の谷へ
向かうカイム達。ドラゴンの忠告虚しく、憎しみに我を
忘れたカイムは、全ての帝国兵を抹殺するつもりでした。

妖精の谷を襲った帝国軍が上空で旋回している。
一掃して、妖精の谷へ進め!

レッドドラゴン
フェアリー……あの性悪どもの巣か……
レッドドラゴン
こやつら、妖精の谷に向かっておったようだな。
レッドドラゴン
我はフェアリーは好かぬ。
人間はもっと好かぬがな……
レッドドラゴン
森のどこかにフェアリーの棲む谷がある。
そこも無事ではあるまいが……

第十一節 「レオナールの侮恨」
レオナール
ラウム、リベサル、ルーキフルゲ、
こんな情けない兄を許しておくれ。

第十二節 「なぶり」
レオナール
……私は汚らわしい人間なのです。
弟達が殺され、家が焼き払われていることも知らず
裏の林で……
フェアリー
ん? おいおい、それからどうした? アレか?
おまえ、弟達を見捨てちまったか?
おお、哀れでみじめな弟達よ、
フェアリー
キャハハハハハッ! お気の毒っと!
ますますおもれぇ! 一等賞!
フェアリー
うげえ! こりゃまた派手にやられたなァ。
おいおい、見ろよ。この可哀相な目!
最期に何見て死んだんだろうな?
レオナール
見たくありません。……私には見られないっ!
フェアリー
キャハハハハ! 気持ち悪いってかァ?
人間なんてダメだね。ぜんぜんダメ!
汚いし、臭いし、……死ねばぁ?
フェアリー
そーだ! 死ねよぉ!
いのち捨ててちょうだい!
ダメダメダメダメ。最低。はい、決定!
レオナール
私は……
フェアリー
キャハハハハ! 怖いんだろ?
死ぬのがよっ!
死にたくねぇんだろ? 本当はよっ!
フェアリー
ワアチャー!!
うざってぇ!! マジで!
さっさと死ねよ!!
フェアリー
…………待てよ? な・ん・な・ら!
ちょっと“契約”してみっか?
レオナール
それは……どういう……?
フェアリー
あ? わかんねーかなァ? もしもーし!
その頭は飾りデスカー? キャハ!
フェアリー
これからおまえと俺は手を組むのヨ。
一生離れられないのヨ。
フェアリー
キャハハハハーハ! ダッサー!
ウソ、ウソ、お願いしマース。
契約してくだサーイ!

第十三節 「焼き討ちのあと」
村を救うためではなく、帝国兵を殺すため。
憎悪に燃えるカイムは村があるという霧深い妖精の森へ。

その森には契約者が居た。
自らの意志の弱さにつけ込まれ、悪意あるフェアリーと
の契約を行い光を失った悲しい男、レオナール。

レッドドラゴン
みにくく下等な生き物め。
我が炎でその臭いを断ち切ってくれるわ!
中央地帯にのさばる帝国兵ども。
ここが奴らの居場所でないことを思い知らせろ!
レッドドラゴン
なんて濃い霧だ。まったく先が見えぬ。
気をつけて進まぬと敵の格好の的となるぞ。
レッドドラゴン
何もかも寓話のようだな。ばかばかしい……
レオナール
おぉ……地獄の炎が……
東の方向から”声”を感じる。
付近では帝国のゴブリンどもが暴れまわっているようだ。
ゴブリンどもを皆殺しにして”声”の出を探れ!
レッドドラゴン
”声”が聞こえた。契約者か!?
レオナール
待て! 話し合え!
その者達にもう戦う意志はない!
帝国軍は付近の集落を襲ったらしい。
消失した家から”声”を感じる。
”声”の出の元へ迎え!
レッドドラゴン
荒波に浮かぶ者が助けを求めるとは限らぬ。
レオナール
あなた達! わたしの”声”が聞こえているのか?

第十四節「闇の手触り」
”声”は近いぞ!森の奥に進め!
レオナール
そちらは、連合軍の兵士さんですね?
剣さばきの音でわります。
レオナール
初めまして。私……レオナールと申します。
レオナール
あぁ、私は目が見えません。
そう、君と同じく契約の代償です。
レッドドラゴン
「闇より明るい希望はなし……
 人間の愚かさを見ずに済むとは幸運よ」
レオナール
見ずとも……感じますから。
レオナール
……死者はもはや土塊と同じ。
悼むべき存在です。
レオナール
……わかりました。
レオナール
君に従いましょう、カイム。
死体はこのままにして砂漠へ急ぐ事にします。
レオナール
私とて、女神達のことは心配ですから……。
レオナール
……誰にでも……
赦される権利はあると信じたい……。

レオナールの飢

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|