第一章 源流

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一章「源流」

第1節 「初陣」
遠い昔‥まだドラゴンが空を飛んでいた時代。

地上では『連合軍』と『帝国軍』の二大勢力が
世に調和をもたらす女神をめぐって争いを続けていた。

『帝国軍』は短期間に恐るべき強さを身に付け、
『連合軍』が女神をかくまっている城を襲撃する。

調和を崩し始めた世界の運命は今、
たったひとりの男に託されようとしていた。
フリアエ
来ます。

カイム
フリアエ……

第2節 「城へ」
「連合軍」の傭兵、カイムは城に向かって走り出した。
封印の女神フリアエを守るため。
彼にとって、たった一人の妹である妹を守るため。

国王である両親を殺し、国を滅ぼした「帝国」。
そして今、妹フリアエの居城までもが邪悪な「帝国」に
襲撃されようとしている。

復讐の鬼と化したカイムは帝国勢へと斬りこんだ。

連合軍
城が攻め込まれています!お急ぎを!
女神フリアエのいる城が包囲されている。
軍勢を統括する「TARGET」を倒し、帝国軍包囲剛を撃破せよ!
連合軍
女神はイウヴァルト様が 警護されているはずです。
連合軍
城には妹君……いえ、女神フリアエ様がおられます。
カイム
ひるむな!突っ込め!
カイム
帝国軍のダニめ、死ぬがいい!
連合軍
城内に敵が侵入!
このままでは妹君……いえ、女神フリアエ様が!
敵軍が城内に侵入!
城門は帝国軍護衛部隊によって封鎖されたようだ!
護衛部隊を倒し城門の鍵を手に入れろ!
カイム
おらおらおらおらおらおらーーっ!
連合軍
帝国軍の強さは異常です!
連合軍
帝国兵が城内にドラゴンを……何と恐ろしい。
宝箱が出現!
鍵は手に入れた。城内に向かえ!
カイム
フリアエ、無事でいろよ……

第3節 「ドラゴンとの出会い」
カイム
ドラゴン!
レッドドラゴン
「殺すがよい……」
レッドドラゴン
「ただ……
 我の命は奪えても魂までは汚せぬぞ」
カイム
……おまえに生きる意志はまだあるのか?
レッドドラゴン
「何?」
カイム
他に道はない! 契約だ!
レッドドラゴン
「ふん!  おぬしにそれほどの資格はあるのか?」
カイム
資格などはない!
ただ俺は生きたいだけだ!
カイム
憎むなら憎め!  それでも俺は生きてやる!!
レッドドラゴン
「……」
カイム
答えろ! 契約か! 死か!?

第4節 「剣のゆくえ」
入城したカイムが見たものは、帝国兵によって無残な姿
を晒された赤きドラゴンであった。高潔なレッドドラゴ
ンは捕縛されても帝国の軍門に下ることを良しとしなか
ったのだ。

過去に両親を帝国のドラゴンに殺されたカイムは激しい
憎悪をこのドラゴンに重ねていた。
だがドラゴンと心臓を交換する「契約」をすれば帝国と
戦うための強大な力が手に入る。
ドラゴンもまた愚かなる人間との「契約」によって力を
取り戻す事が出来るのだ。

閉鎖された中庭で、瀕死のドラゴンとカイムは生き延び
るための選択を迫られていた……

己の、そして忌まわしくドラゴンの命を守るため帝国軍を全滅させろ!
カイム
大事な話し合いの最中だ。ザコは引っ込んでろ!!
カイム
かかって来い! 皆殺しにしてやる!!
カイム
この俺が……父と母の仇と契約するとはな……。
それでもっ!
カイム
俺は……生き残るっ!
レッドドラゴン
人の命を奪うことが”生きる意味”とは……
愚かな人間だ。
カイム
ドラゴン!見てるか!?これが生きる戦いだ!!
レッドドラゴン
生き残れたのか……悪運の強い奴だ……
お主なら……
 

第5節 「窮極の契約」
カイム
……さあ……答えろ……
レッドドラゴン
「契約か? ……死か?」
レッドドラゴン
「……おぬしの生きる意志に誓おう」
カイム
では?
レッドドラゴン
「いいだろう……。契約だ!」

第6節 「分かち合う魂」

帝国軍勢は想像以上だ。このままでは確実に落城する。
地上は連合軍に任せ、上空から敵軍を壊滅させろ!
連合軍
上空から帝国軍が侵入!カイム様、地上は
我々に任せ、敵の空中兵器を撃破してください!
レッドドラゴン
しっかり我が背につかまれ!
人間ごとき……蹴散らしてやるわ!
レッドドラゴン
人間どもの翼が我が深紅の翼に敵うわけがなかろう。
愚かな。
レッドドラゴン
そこまで殺さずとも良いものを……
レッドドラゴン
まだ敵は残っているのか。やれやれ、うるさい小蝿め。
レッドドラゴン
敵は我らをねらっておるぞ。うまく避けながら攻撃せよ!
レッドドラゴン
どうだ、空を飛ぶ気分は?
レッドドラゴン
人間とは何と愚かな生き者か。

第7節 「狙いをさだめて」
ドラゴンの力により帝国軍を次々と撃破するカイム。

そんな中、女神フリアエの城にガーゴイル部隊と大型
の空中兵器が迫ろうとしていた。

帝国どもは怪物をも味方につけているらしい。
上空の残党を一掃し、城に向かえ!
レッドドラゴン
この臭い……敵はまだ残っているようだな。
レッドドラゴン
賢者は戦いよりも死を選ぶ。
さらなる賢者は生まれぬことを選ぶという。
レッドドラゴン
血の足跡をつけずに人類が歩むことは、
不可能なのか……?
連合軍
カイム様!城周辺に敵地上軍が出現しました!
お戻りください!
レッドドラゴン
よし……これで下に降りられそうだ。
いくぞ!

第8節 「憎しみはどこへ」
城はすでに帝国軍兵士に囲まれてしまっている。
灼熱の炎で城周辺の帝国兵どもを倒せ!
レッドドラゴン
城周辺を一掃せねばなるまい……
行くぞ!
連合軍
城周辺に帝国軍兵士が集結しております!
なんだ……この数は!
連合軍
くそっ!倒しても倒してもキリがないぞ!
連合軍
城の背後へまわれ! 守りを固めろ!
連合軍士の意地を見せるんだ!
レッドドラゴン
”帝国”なる輩に随分圧倒されているようだが……
勝ち目はあるのか?
連合軍
奴らのねらいは何だ?女神か?
レッドドラゴン
ここはもう落城するな……
連合軍
カイム様!既に城周辺は帝国郡に囲まれて
しまっています。お急ぎを!
レッドドラゴン
人間どもの作る城など……砂上のものに過ぎぬ。
連合軍
正面より帝国軍が侵入!
クソッ!奴らの強さは異常だぞ……
連合軍
帝国軍に更に増援部隊が!
このままではもちません!
敵増援部隊が城周辺を包囲し始めた!
戦局が不利になる前に兵士どもを薙ぎ払え!
レッドドラゴン
こやつら……いったいどこからやってくるのだ?
まったくきりがない。一気に灰にしてくれるわ!
連合軍
カイム様!カイム様!?お返事を!
連合軍
カイム様!帝国軍に増援部隊が来ています!
我が軍のほうはまだですか!?
連合軍
くそ!帝国軍のあの団結力はどこから来るんだ?
病的だぜ!
連合軍
カイム様!城内に帝国軍が侵入しました!
お急ぎを!
敵軍、城に侵入!
女神フリアエの救出に向かえ!
連合軍
おぉ……城には女神がまだ……
連合軍
カイム様!我々では食い止める事が出来ません!

第9節 「契約の代償」
レッドドラゴン
「城内が不穏だ。急ぐがよい!」
カイム:
……!
レッドドラゴン
「声を失ったか……
 へらず口はあって百害。
 契約の代償としては軽いものよ」
レッドドラゴン
「……案ずるな。我がおぬしの声となろうぞ。」
レッドドラゴン
「……城へはひとりで行く気か。
 うむ。では、おぬしの帰りを待ってるぞ」
レッドドラゴン
「ふん……おぬしが死んだらすぐわかる。
 我が命もそこで尽きるゆえ……」
レッドドラゴン
「憎しみだけでは生き残れまいて……」
カイム
……

第10節 「進入」
舌に紋章を刻まれ、声を失ったカイム。
それは強大な力を契約によって手に入れた代償であった。

女神フリアエが殺されてしまえば世界を守る封印が破壊
されてしまう。
今は親友イウヴァルトがフリアエの警護に当たっているが
一刻も早く女神救出に向かえ!

連合軍
女神フリアエ様は最上階におられます。お急ぎを!
女神フリアエのは城の最上階にいるはずだ。
もう時間はない!急いでフリアエのいる部屋を探せ!
レッドドラゴン
離れていても、契約者と我は”声”を通わすことが
できる。
レッドドラゴン
”声”とは……そうさな……思念による通信と
考えたらよかろう。

帝国軍
我ラノ誓イ……世界ノ誓イ……一緒!
連合軍
帝国軍の奴らは何なんだ? 尋常な力じゃない!
帝国軍
女神……殺ス……封印……
帝国軍
上ダッ……上ダッ……上ニ封印!
封印ノ女神……ガ居ルゾッ!
レッドドラゴン
急げ! 女神は既に最上階へ追い詰められている。
帝国軍
許ス……許さナイ……許されナイ……ナイ
連合軍
こいつらの目を見てると……何だか……うわっ!
レッドドラゴン
あやつを倒さぬ限り、先へは進めんようだな。
連合軍
フリアエ様はもっと奥に……
帝国軍重歩兵部隊が行く手を阻んでいる。
全員を倒し一刻も早く女神フリアエの部屋に進め!
連合軍
フリアエ様の部屋はその先に……

第11節 「女神救出」
女神の部屋

イウヴァルト
待て!
フリアエ
……!
イウヴァルト
フリアエ!
イウヴァルト
カーイム!
イウヴァルト
カイム! もういいぞ!
もう、死んでる……。
イウヴァルト
相変わらず激しい奴だな。
だが……助かったよ。また、おまえに助けられた。
カイム
……!
イウヴァルト
……?
カイム
………
イウヴァルト
カイム? おまえ……喋れないのか?
イウヴァルト
”契約者”に!?
イウヴァルト
この城も、もう安全じゃない。
イウヴァルト
俺は……フリアエをエルフの里に
連れて行こうと思ってる。
イウヴァルト
あそこは永世中立の里なんだ。
きっと帝国軍も簡単には手が出せないはずさ。
女神を連れ回すなど恐れ多い事だが
イウヴァルト
……こんな世だ、仕方あるまい?
イウヴァルト
今やフリアエは世界の封印を保つ女神だ。
……しかし、もともとは俺の許婚なのだ!!
死なせたくはない!
イウヴァルト
なぁ、カイム。俺に任せてくれ!
イウヴァルト
カイムにとってもフリアエは
女神である以前に大切な妹なのだろう?

第12節 「イウヴァルトの唱」
カイムは、フリアエを想うイウヴァルトの強引な誘いに
よって、共にエルフの里へ向かうこととなる。
そしてイウヴァルトは女神とともに旅立つ事への喜びの
歌を奏でる。

これが絶望への旅とも知らずに……
イウヴァルト
それでは、祝杯を……
イウヴァルト
いつもの歌だが……
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|