第十一章 別離

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十一章 「別離」

第1節 迷路
海上要塞で祭壇に辿り着いたカイム達だったが、フリア
エは空中要塞に運ばれた後だった。絶望するレオナール
を叱咤し、カイムは空中要塞に空中移転する。

空中要塞 内部

レオナール
カイム。私は別の場所へ飛ばされたようです。
手分けして女神を探しましょう。
もう一刻の猶予も許されない。
帝国兵を倒し、女神フリアエの元へ急げ!
レッドドラゴン
ここは……空中要塞のようだ……
女神の”声”を感じるぞ。
ヴェルドレ
封印が解かれたら……世界は終わりだ、
……ハハ……ハ。
ヴェルドレ
”再生の卵”……それは封印が解かれた時に出ると
いわれるモノ……善か悪か?
アリオーシュ
血の臭いが近いわ。あははあははあはははははっ!
ヴェルドレ
女神はこの要塞の祭壇に囚われているようだ。
宝箱が出現した!
ヴェルドレ
一刻も早く女神の元へ!  封印が……封印がっ!
レッドドラゴン
我の”声”が聞こえていたら、返事をしろ。
無事にたどりついたのか?

第2節 夢の現実
神殿内部に進むカイム達はフリアエが囚われている祭壇
に近づきつつあった。

だが、その先でカイムとフリアエを待つのは、司教マナ
が仕組んだ最後の儀式だった。

レッドドラゴン
うむ、女神はまだ辛うじて無事なようだ。
だが時間はないぞ。
女神が捕らえられている祭壇に辿り着け!

イウヴァルト
”裏切り者”なんて言わないでくれ、カイム。
俺たちは今、新しい世界を生み出そうと
しているんだぞ。
イウヴァルト
フリアエも生きられる、新しい世界だ!
目を覚ませ、カイム。司教様の教えに賛同しろよ。
生き残ろうぜ!
フリアエ
イウヴァルト!
こんなところにいてはいけない。
自分の場所に戻って。……く!
イウヴァルト
!?
イウヴァルト
………
マナ
天使は笑わない。天使は起こしてはならない……
フリアエ
うっ!
マナ
ラララララ、ララ、ララララ……
私は女なのに、普通の女なのに、どうして
こんな……ちぇっ、ちぇっ、クソが!
フリアエ
やめて……
マナ
封印がなんだってんだよ! 私を助けろよ!
役に立たない男どもめ! 助けてください。
おねがい。助けて。抱きしめて。お兄ちゃん。
フリアエ
いや!!
マナ
わたし、あなたの心が読めるの。
ふふ、うふふふ……
フリアエ
違うわ、私……そんなこと思ってない。
マナ
憎い、憎いよ、クソ野郎!
こんな世界滅びればいい!
フリアエ
違う!
マナ
汚いの。私、汚いの。女神なんかじゃない。
諦めてるだけ。お願い、お兄ちゃん。私に……
フリアエ
ごめんなさい!!
マナ
はい、女神失格。
……どうする?

第3節 落花
フリアエ
私を……見ないで……
マナ
『天使は、笑う?』

第4節 理性としての自己
閉ざしていた心の全てを暴かれたフリアエは自らの死を
選択した。その傍らで、全ての封印を破壊したマナが楽
しげに笑う。

封印が失われ”再生の卵”が出現してしまった状況で
ドラゴンは絶望するカイムを叱咤する。

レッドドラゴン
「馬鹿者!!
 激情に走るな! 冷静になれ!!」
カイム
…!!
レッドドラゴン
「こらえよ、人間! 卵が生まれるのだ。
 世界が本当に終わるぞ!
 一刻も早く出て来い!!」
レッドドラゴン
「女神の死を無駄にするな!」

第七章 「悲劇」

第二節 かくれんぼ
要塞内部で司祭マナを発見したカイム達は、逃げるマナ
を追撃する。

歌うようにつぶやきながら、空間移動を続けるマナを要
塞奥地に追い詰めろ!

セエレ
この”声”って……もしかして……そんな!?
諸悪の根源マナを探せ!
マナ
天使は笑わない、天使はうつむかない、
天使はやまない……ラララ。
レッドドラゴン
この”声”!? そいつが元凶だ! 逃がすな!
マナ
鬼さん、こちら! 鬼さん、こちら!
マナ
ララララ、ラララ、ララ、天使、ラ!
ヴェルドレ
あんな幼子が司教とは…… 慈悲を……慈愛を……
どうか……。
マナ
お母さんといっしょ!
おっかああああさっんーーーーっ!!
マナ 見つかっちゃった! ララララ……

第三節 裏切り
マナ
天使、天使、天使は歌うよ。
ララララララ
セエレ
やめて! 僕の妹をいじめないで!!
セエレ
あ! ……うぅ。
ゴーレム
「ゴゴゴーゴ!」
セエレ
だめだよ! やめて、ゴーレム!
この子は僕の妹なんだ!!
それに……マナがこんな風になったのは
セエレ
きっとぜんぶ僕のせいだから!
マナ
……うぅ……オカアサン……
セエレ
しっかりして、マナ!
……母さんは……もう死んじゃったんだよ。
マナ
……ララララララララ……
天使を逃がすな。
マナ
静粛になさい!
あんた達にわたしは殺せない。
だって、わたしは愛されているから!
マナ
あの方に……誰より強く愛されてるの!
いい? 人間は自分達が一番必要なものに
まだ気付いていない!
マナ
……バカね。ほんっとバカばっかり!
救いはそこにあるというのに……。
バカはあの方に愛されっこない。
マナ
ララ、ララララララ……
愛されないものに残るは……死よ!
ゴーレム
「セエレ、シヌ。カナシイ……」
セエレ
ごめんね、ごめんね、許して、マナ……
……助けて……ゴーレム……

第四節 愛につつまれて
マナ
「今こそ、神の愛を知る時です」
マナ
「深い愛、偉大な愛、そして!
  慈悲深き鉄槌を愚かな人間にくだすもまた愛……」
レオナール
な、なにが始まるのですか!?
この子供は本当に神の……?

第五節 楽園
司祭マナは死んだ。兄セエレの手によって。
神の使いが消え、全てが終わったかに思えたとき、世界
の崩壊が始まる。

そして、崩れゆく空中要塞の中で、イウヴァルトはフリ
アエを妄執の腕に抱きながら閃光の中に消えた。

イウヴァルト
フリアエ! フリアエ!?
フリアエ
……イウヴァルト……
イウヴァルト
神は死んだぞ、フリアエ!
神はもういないんだ! 自由だぞ!
ハハハハハハハハハハハハハッ!
イウヴァルト
だいじょうぶ、だいじょうぶだからな。
怯えるな。だいじょうぶだから……。
俺達にはやるべきことがあるんだ。
フリアエ
あなたは何を?
イウヴァルト
フリアエ、俺達は創造主となるんだよ。
エデンがなくなろうとも、俺達が神だ!!
イウヴァルト
ハハハハハーッハハハ!!
フリアエ
……

 

第十二章 「混沌」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|