第三章 離反

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三章 離反


一節

~ 大神殿 騎士団長の部屋 ~
ジスモア
ノウェ、貴様とは一度じっくりと
話をしてみたいと思っておった。いい機会だ。
ノウェ
どんなご用件でしょうか。
ジスモア
まぁ、そう固くなるでない。
せっかくの機会、下を湿らせ、言いたいことを
全部言え。そら、オローも好きだった清水だ。
ノウェ
……いただきます。
ジスモア
しかし、貴様のその融通のきかない性格……。
オローとまるで同じよ。
さすが父代わりだっただけはあるな。だが……。
ジスモア
余は好かんのだよ。
何事にも、強い力というのは……。
ノウェ
……何だって?
ジスモア
まぁ落ち着け。まだ話の途中だ。
ジスモア
そう、三年前のあの時も余が差し出した清水を、
オローは出撃前にためらいもせず飲み干した
ものよ。……貴様のように。
ノウェ
? 目が……目がまわる……。
あんた……まさか毒を!?
ジスモア
おっと……もう効いたのか? 弱いな。
オローは隻眼の男と対峙するまで
持ちこたえたものだぞ。
ノウェ
それじゃ、あんたが父を?
いったいなぜ……?
ジスモア
ふむ。絶対的な悪には目ざといくせに、
身近な者は無思慮に信じるなぞ、甘すぎるわ。
余はな、そういう甘い人間を見ると虫唾が
走るのよ。
ノウェ
ジスモア……絶対に許さない!
ジスモア
ぐうう、おのれ……。
貴様のどこに、そのような力が……。
エリス
何事ですか、ジスモア団長閣下!
今開けます!!
エリス
こ、これはいったい!?
ノウェ、あなた……。
ノウェ
俺は……何者なんだ、エリス?
エリス
あなたがやったの……? なぜ!?
ノウェ
……さよなら!
ジスモアに盛られた毒が体を蝕んでいる……。
急いで”大神殿”から脱出しろ!
兵士
窓から逃げたぞ! 追え!
ノウェ
早く……レグナのところに……
戻らない……と。
ノウェ
体力を回復しながら進まないと
とても持ちそうにない……。
ノウェ
エリスが来なければ、たぶん俺は
ジスモアを殺していた……。
ノウェ
エリス……ごめん……。
ノウェ
お願いだ!
剣を退いてくれ!!
兵士
いつかやると思っていたよ。
薄気味悪い竜の子め!
ノウェ
俺はなぜ、あんなことを……。
割れを失って……それで?
兵士
何が”救世主”だ。
ただの犯罪者じゃないか。
兵士
ノウェ!ジスモア団長閣下に
許しを乞うのだ!!
ノウェ
くっ……体に力が入らない……。
早くここから立ち去らないと……。
ノウェ
そこを通してくれっ!
兵士
ま、待てよ! 事情が掴めない……。
ノウェ、おまえは本当に反逆者なのか?
ノウェ
俺はもう、ここにはいられない。
ジスモアが、ジスモアが……。
くそっ!
躊躇している暇はない。
鍵を奪い、中庭からから脱出しろ!
敵の攻撃を防御するときに、タイミングよく□ボタンを押すと、
受けた攻撃を【はじき返す】ことができます。
はじき返された敵は、しばらく攻撃不能状態になるので、
確実にダメージを与えることができます。
ノウェ
通してくれ……。
俺は…斬りたくないんだ!
重装兵
このまま逃げられると思うなよ!
ノウェ
もう俺に構わないでくれ……。
このまま行かせてくれよ!
【中庭の鍵】を手に入れた。
中庭の扉に向かえ!
ノウェ
あの時、俺に何が起こったんだ?
もしかして……俺は……。
【中庭の鍵】を使った。
~ 大神殿 中庭 ~
レグナ
騒々しいな、小僧。
何かやらかしたのか?
ノウェ
レグナ……俺はもう、ここにはいられない。
レグナ
……小僧と駆け落ちする趣味はないが
まぁ、よかろう。ここは儂には窮屈すぎた。
レグナ
なんだ、顔色が悪いな。
変な物でも拾うて食ったか?
ノウェ
……そこまで子どもじゃ……ないさ。
レグナ
飛ぶぞ。つかまっておれ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|