第四章 逃亡

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四章 逃亡

ジスモアのせいでオロー、
父さんが死んだ!?
そして、俺までも…。
その時、俺は自分を止めることが
できなかった。気がつくとジスモアの
右腕は床に転がっていた。
あの全身に湧き上がる力は
何だったんだ…。
ここから離れなければ…
もう反逆者なのだから。

一節

隻眼の男
……。
(声)
カ……イム…… か……い……ム……
隻眼の男
……。
気炎の鍵は壊された。
残る鍵は四つ……。
ノウェ
ずいぶん……遠くまで来てしまったな。
レグナ
なんだ、小僧? 広がる世界を前に
怖気づくとは、滑稽よ。未知とは
怖れるものではなく、飛びこんでいくものだ。
ノウェ
レグナは相変わらず強気だな……。
……あれ? レグナ、おまえの体……。
>
レグナ
うむ、気づいたか。
儂の体は環境に応じて変化する。
しかるべき時に、しかるべき進化をする……。
それが、儂ら竜族の”血の記憶”なのだ。
レグナ
この”記憶”がある限り、いかなる困難にも
立ち向かえるぞ。
ノウェ
困難……。
やっぱり……そうなるのかな。
レグナ
小僧、辛気臭い顔はよせ。
後悔とは何も生み出さぬ、無駄な
行為ぞ?
ノウェ
……レグナは強いよ。俺とは違う。
もう二度と封印騎士団に戻れないんだ。
すぐに……そうきっぱりとは……。
割り切れないな、俺は。
レグナ
それ以上、儂の背で泣き言を並べるな。
重みが増す。おまえならできる。必ずな。
ノウェ
……少し疲れたよ。
まずはどこか休める場所をさがそう。
レグナ
むっ、羽蟲が湧きおったか。
面倒だが相手をせねばなるまい。
”羽蟲”では物足りないが、
進化したレグナの炎を見せつけてやれ!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|