第六章 宿敵

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六章 「宿敵」

第1節  「愛の紙魚」
空中要塞 祭壇前
イウヴァルト
司教! カイムは、私におまかせを……
マナ
天使を飛ばせてはならない。
イウヴァルト
俺は強い。俺は愛を知っている。天使への愛。
君への愛。……君は……誰?
フリアエ
イウヴァルト?

第2節 「黒きドラゴン」
女神フリアエが捕われている空中要塞。

カイム達の届かぬ高みから、愛に溺れし親友イウヴァル
トが舞い降りる。情熱に輝くその眼には、もはやフリア
エの姿すら映ってはいなかった。

要塞より宿敵イウヴァルトが出陣した。
要塞の悪しき力の側では奴らの方が有利だ。
できるだけ早く決着をつけて活路を見出せ!
イウヴァルト
カイム、おまえに今の俺を倒すことができるかな?
イウヴァルト
俺は力を手に入れた!だからフリアエも手に入れる!
フリアエ!
イウヴァルト
俺は……誰だ?うっ……頭が……フリアエ!
フリ……アエ?
イウヴァルト
フリアエッフリアエッフリアエッフリアエッフリアエ
フリッアエフリアッエッエフリッアッエッフリフリ
イウヴァルト
フリブリブリブリブリ
レッドドラゴン
女神の匂いが薄まっておる。急げ!
イウヴァルト
俺は……本当にフリアエを愛しているんだ!
心の底から!
レッドドラゴン
黒き竜を駆りしイウヴァルト、侮れぬぞ!
イウヴァルト
天使は飛ばせん!
レッドドラゴン
「今ぞ!」

第3節 「定め」
ブラックドラゴンが入る気流を利用して空中要塞の高度に
足したカイムたち。

要塞内部へ侵入してフリアエの捕われている祭壇に進め!

すべての悪の根源は、この忌まわしき空中要塞に!
要塞の砲台を破壊し侵入路を切り開け!
レッドドラゴン
まずは砲台を倒して近づくしかなさそうだな。
レッドドラゴン
やみくもに倒しても埒があかぬ。狙いを定めて
攻撃するのだ。
ヴェルドレ
その要塞の中に女神が囚われておる。最後の封印だ!
守り抜いてくれ!!
レッドドラゴン
この程度の攻撃で我が落ちるとでも? 笑止!
ヴェルドレ
何と大きな建物か……どうやって浮いているのだ?
レッドドラゴン
奴らはもう人間ではない。壊れた機械だ。
倒すのも虚しかろう。
レッドドラゴン
この貝殻にはどれだけの人間がおるのだ。きりがない!
ヴェルドレ
封印破壊の儀式が始まろうとしている……
もはや帝国の暴挙を止めることはできぬのか!?
レッドドラゴン
さすがのおぬしも、これだけの命を奪うのは
心苦しいか?そうでもない……か。
ヴェルドレ
私は神に祈ることしかできない。私は無力だ。
女神よ、無事でいてくれ……

第4節 「汚れた祈り」
レッドドラゴン
まよわず突き進め!その手でおのれの妹を連れ帰れ!
最終封印である女神フリアエの危機は刻々と迫っている。
急がねば世界が終焉を迎えるのことになるだろう……。
女神の元へ急げ!
ヴェルドレ
女神をっ! 女神はどこだっっっ!?
レッドドラゴン
ここからでは何の手助けもしてやれん。
おぬしが、やるのだ。
ヴェルドレ
女神の危機は最終封印の破壊を意味する。カイム、
どうか女神の身を……世界を……護ってくれ!
この階は結界によって封じられたらしい。
制御している場所は四箇所。
そこにいる操作兵を倒し結界を解け!
フリアエ
兄……さん……
帝国兵
天使、女神、天使、メガミ、テンシ、メガミテンシ
メガミ……
フリアエ
兄さん……兄さん……いやぁぁあああああ!
結界を解く鍵が出現した。
鍵を使い、早く女神フリアエが囚われている元へ!
レッドドラゴン
フリアエの”声”が聞こえたか? 走れ!
フリアエ
………き……
ヴェルドレ
決壊を破壊せねば先へは進めぬようだな……。
レッドドラゴン
女神の”声”が……弱い。弱いぞ。急げ!
鍵により結界を解くことができた。
早く女神フリアエの元へ駆けつけろ!
レッドドラゴン
女神を……感じるぞ。この要塞のどこかに必ずおる。

第5節 「声にならない」
フリアエの居ると思われる祭壇へと近づく。
あたりは異様な雰囲気で満たされていたが、フリアエの
気配を感じ取ることが出来ない。カイムは嫌な予感を感
じながら、更に空中要塞へと進む。

祭壇では、この悪夢の元凶である「天使の教会」司教が
カイムを待ち受けていた。

カイム
……!!!
マナ
天使を語ってはならない。
天使を描いてはならない。
天使を書いてはならない。
天使を彫ってはならない。
天使を歌ってはならない。
天使の名を呼んではならない。
レッドドラゴン
カイム! 最終封印が解かれたのだな?
早く外に出てこい! 卵が生まれるぞ!
カイム
………
レッドドラゴン
カーイム! しっかりしろ!!
次の手を打たねば世界が滅びるのだぞ?
レッドドラゴン
おぬしの妹が耐えて守ってきたことが
すべて無駄になるのだぞ?
レッドドラゴン
カイム!?
カイム
……


カイムの到着は一足遅かった。
最終封印である女神、フリアエの命の灯火は尽き果て
ていた。

幼い司教マナが楽しげに「天使の教会」の教義をつぶや
いていた。

封印解除によりこのままでは人類にとって未知なる
「再生の卵」が出現してしまう。

激情に駆られたカイムは司教マナへの怒りを抑え「再生
の卵」の出現を阻止するために要塞を飛び出した。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|