※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 見てきましたよ。ネタバレしてます。
 オリジナル言語は中国語です。

 孫権役の人が出るたびに、この人織田信長の役できるよなあ~って思いました。って、それは、おいておいて、意外と長いです、2時間半あまり。
 あっという間でしたが、途中八卦の陣のところはちょっと長かったかなあと思いました。でも、あまり赤壁に入りすぎると後半がもう戦うだけになってしまうから仕方がないのかな、とも。パート1でどこまでやるんだろう・・・と思ってみてました。矢を取るあたりまでか、船を繋げて孔明ピンチ!って所で終わるのか?って感じで。

 三国志は多かれ少なかれ皆知っていて自分のイメージを持っているから、批評もついつい辛くなりがちかなと、見終わった後の聞こえてくる感想を聞いていて思いました。「もっと冷徹なイメージ」とか。
 配役は関羽、張飛あたりはイメージそのまま。孔明もあーゆー優男風もありかなと。しかし周瑜はちょっと違う気が。もっと色男風と言うか(笑。 それを言ったら超雲もか。超雲はやっぱり白金系の鎧着てました。

 合戦のシーンはさすが人民解放軍をエキストラに投入しただけあって数はすごい。最近のCGとは違う・・・のかはよく分からなかったですけど、血がどばっと飛び散ったり、返り血のシーンなんかは最近見た中では一番ごまかしていなかったです。一瞬首をはねるシーンで本当に首が飛んだかと思いましたが、兜がとんだだけでした。

 では一行感想。
  • いきなり長坂の戦いで新野から逃げる所からかい。
  • 亜斗は背中背負うより抱えていた方が安全だと思う。鎧に中に隠していたとばかり思っていた。
  • 超雲子龍役、そうか中国的若武者のイメージでこれか、そうか。
  • 萌萌はない。
  • 曹操と小喬ってそんな接点があったとはって、ええ~って、曹操はさすがに周瑜のことを知っていると思いたい。
  • 孔明の羽扇が白くない。
  • 周瑜が赤い服を着ていない(笑
  • いきなり琴の合奏で孔明と周瑜が仲良しに!?
  • 八卦陣で敵が円形の陣を引いて防御を固めて旋回するところ、あれって、あのまま回転して包囲を崩して逃げる為だよね?
  • 赤壁ってあんな対岸でにらみ合ってましたっけ?そんなような気もしないようなするような。

  • ラストのエンディングロールで漢字と英語の二本立てでキャストとか流れていきましたが、やっぱり漢字の方を見てました。

 孔明も曹操もわりと「コウメイ」「ソウソウ」って聞こえます。けど、周瑜は「チョウユ」とは聞こえなかったかな。大提督(ディドゥドゥ?)など違う名前呼ばれることが多かったせいかもしれない。
 と言うか、朋友や辛苦了って単語が聞き取れた。ちょっと感激した。



カテゴリ: [いろいろ感想] - &trackback- 2008年11月09日 00:45:33

#blognavi