[セエレの祈]の変更点

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「セエレの祈」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

セエレの祈」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 
 <dl><dt><tt>セエレの祈<br />
 第1節  岩の道</tt></dt>
 <dd><tt>みんな僕の妹のマナを探しにこんな所まで来てくれたん<br />
 だ。ありがとう!でも本当はマナはお母さんに……<br />
 う、ううん。きっと見つかると思うよ!きっと!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ、ふざけているとあぶないですよ。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>ごめんなさい……<br />
 でも僕、本当に嬉しいんだ!</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>みんな、僕の妹をさがすために<br />
 ここまで来てくれて、ありがとう!</tt></dd>
 <dt><tt>フェアリー</tt></dt>
 <dd><tt>なあなあ、無邪気でカワイイぼっちゃんよぉ!<br />
 エルフにいっぺん食われてきてください。マジで!</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「そっちへはゆくな!」</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第2節  辺境の巨人</tt></dt>
 <dd><tt>僕、セエレ。<br /><br />
 妹のマナを探していたら、突然空から帝国のマッドゴ<br />
 ーレムが襲ってきて……助けて!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>ヴェルドレ</tt></dt>
 <dd><tt>今度はゴーレムか…… いったい帝国群はどれだけ<br />
 の駒を持っているというのだ?</tt></dd>
 <dt><tt>ヴェルドレ</tt></dt>
 <dd><tt>ゴーレムをいくら倒しても奴らの付与魔術師が<br />
 再生してしまうぞ。まずは魔術師から倒すがよい。</tt></dd>
 <dt><tt>帝国に操られているマッドゴーレムを倒せ!<br />
 レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>手間をかけさせおって!<br />
 カイム、素早く済ませるぞ!</tt></dd>
 <dt><tt>フェアリー</tt></dt>
 <dd><tt>まったく! なんであのガキは生き残るんだよっ。<br />
 ゴミのくせによぉ。</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第3節  翻弄</tt></dt>
 <dd><tt>悪いゴーレムはカイム達がやっつけてくれたよ。<br />
 ありがとう、みんな!<br /><br />
 それから僕達は妹のマナを探していたんだけど、その時<br />
 に空から敵がやってきたんだ。気をつけて!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>地上での戦闘を嗅ぎつけ、またも帝国勢が集まってきたようだ。<br />
 帝国どもは一人残らず灰にしろ!<br />
 レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>こやつらはどこにでもわいて出てくる。小蝿のように<br />
 うるさい奴らだ。</tt></dd>
 <dt><tt>ヴェルドレ</tt></dt>
 <dd><tt>この場所は少々あやかしの風が吹いておる。<br />
 セエレの妹が見つかればよいのだが……</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>妹のマナは母さんによく叩かれていたよ……マナだけ<br />
 叩かれていたんだ。いつも……</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>僕は母さんに叩かれなかったぶん、マナの分まで<br />
 苦しまなくちゃ。 ね?</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ……そんなに自分を責めてばかりいては<br />
 よくありませんよ。</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>石を操る種族か……いくら逃げ隠れしようと、帝国に<br />
 利用されることにかわりはせんぞ。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>カイム! 地上にも敵がいるよ! 気をつけて!</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第4節  友へ</tt></dt>
 <dd><tt>僕、セエレ。<br /><br />
 妹のマナを探して、谷の深い奥地に来たよ。<br />
 でもなんだかゴーレムの様子がおかしいんだ。<br />
 だめだよゴーレム、しっかりして!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>ゴーレム</tt></dt>
 <dd><tt>「ンガー、セエレ、シヌ、ハ、イケナイ」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>ん……ゴーレム? どうしたの?</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>この声は何ですか? 一体どこから……?</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「付与魔術師の呪文だ。<br />
  岩陰にでも 隠れておるのだろう」</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ! ゴーレムのそばにいっては<br />
 危険です。彼はもう・・・・・・今までの彼ではない!</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>……そんな!</tt></dd>
 <dt><tt>ゴーレム</tt></dt>
 <dd><tt>「ウゴゴゴガガガガガガ……」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>僕だよ。セエレだよ!<br />
 ゴーレム、しっかり!!</tt></dd>
 <dt><tt>ゴーレム</tt></dt>
 <dd><tt>「ンガガガガ……セエレ、クルナ」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>僕を……殴っていいよ。<br />
 いっぱい、殴っていいよ。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>ゴーレム! 僕を殴れ!!</tt></dd>
 <dt><tt>フェアリー</tt></dt>
 <dd><tt>だっせー! 友達ごっこか? フヒャフヒャ。</tt></dd>
 <dt><tt>アリオーシュ</tt></dt>
 <dd><tt>……</tt></dd>
 <dt><tt>ゴーレム</tt></dt>
 <dd><tt>「セエレ! セエレ!?」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>よ……かった……<br />
 いつものゴーレムだ。<br />
 僕の……友達。</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>ゴーレムが元に戻った!?</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「ショック療法だ。<br />
  契約相手の身体を傷つければ、<br />
  己も傷つく事になる」</tt></dd>
 <dt><tt>アリオーシュ</tt></dt>
 <dd><tt>ふん、つまらないわね。</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「付与魔術師は隠れるのがうまい。<br />
  気を引き締めてゆくぞ」</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br /><br />
 第5節  道程</tt></dt>
 <dd><tt>僕、セエレ。<br /><br />
 ゴーレムは付与魔術師っていう悪いひとたちに操られて<br />
 いたんだ。これ以上、ゴーレムにひどいことをさせない<br />
 ように帝国の悪いひとたちをやっつけて!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>僕はだいじょうぶだから。<br />
 ゴーレムを叱らないであげて!</tt></dd>
 <dt><tt>ゴーレムを操る付与魔術師が、まだこの地のどこかにいるはずだ。<br />
 まずは魔法使いどもを蹴散らし、魔術師を誘き出せ!<br />
 ヴェルドレ</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ、そなたの妹はどこにおるのであろうな……</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>マナをいじめる母さん、こわかった……<br />
 僕、本当はこわかったんだ。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>カイム! 誰かのことをぶっちゃイヤだよ。<br />
 泣かせるのは……ダメだよ。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>ゴーレムは操られているだけなんだ!悪くない!<br />
 魔術師を倒さなくちゃ!</tt></dd>
 <dt><tt>セエレのゴーレムを惑わす魔術師が出現した!<br />
 一人残らず倒せ!<br />
 セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>魔術師のせいで、ゴーレムたちが苦しがってるよ!</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>僕はだいじょうぶ。ゴーレムが一緒だもん。</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>利己的な愛と憎しみを受けて育った子供らに……<br />
 未来はあるのか?</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>これでこわいゴーレムたちもいなくなったね。</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第6節  音の消えた場所</tt></dt>
 <dd><tt>僕、セエレ。<br /><br />
 妹を探しているのに、どんどん敵が出てくるよ。<br />
 出ておいでマナ!こんなところにいちゃいけない!<br /><br />
 そんな時、帝国のモンスターが僕の前に飛んできて……<br /><br />
 次から次へと襲い掛かる帝国兵達。<br />
 奴等を根絶やしにしろ!<br /></tt>
 <dl><dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>こいつらはどこにでもわいて出てくる。<br />
 小蝿のようにうるさいヤツらだ。</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>”声”がありませんね。<br />
 こんなところに……<br />
 セエレの妹さんはいるのでしょうか?</tt></dd>
 <dt><tt>アリオーシュ</tt></dt>
 <dd><tt>……</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「この悪環境のもとで人間が<br />
  生き残ることなど不可能だ」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>……</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>マナ! マナ!!<br />
 いたら返事をして!<br />
 僕だよ! セエレだよ!!</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ、気をつけてください。<br />
 まだこのあたりに 敵が……。</tt></dd>
 <dt><tt>(セエレさらわれる)<br />
 レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>大変です! 早く追わなければ!</tt></dd>
 <dt><tt>フェアリー</tt></dt>
 <dd><tt>ウキャキャ。傑作! いつもいつも可哀想な<br />
 セエレちゃんは不幸を呼び寄せちゃいマスね。<br />
 厄介ものはさっさと死ね! ぺっぺっ、死ねっ!!</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第7節  足跡なき誘拐</tt></dt>
 <dd><tt>僕、セエレ。<br /><br />
 帝国のグリフォンにさらわれた僕は、コロシアムに連れ<br />
 てこられちゃったんだ。<br />
 助けてカイム!僕はここに居るよ!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>セエレの”声”はこの辺りから聞こえている。<br />
 眼前の怪物どもを蹴散らしセエレの元へ急げ!<br />
 アリオーシュ</tt></dt>
 <dd><tt>あははははははっ! きれーい。</tt></dd>
 <dt><tt>アリオーシュ</tt></dt>
 <dd><tt>私が助けたら……私のもの? いただける?</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>私が助けたら……? な、何でもありません!</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>この辺りは怪物達の居住区です。<br />
 気をひきしめなければ……</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第8節  新しい剣</tt></dt>
 <dd><tt><br /></tt>
 <dl><dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>こんな狭いところでは飛べぬ。おぬしの足で進め。</tt></dd>
 <dt><tt>己の力のみでコロシアムを守る門番から鍵を奪い、<br />
 セエレの元へ向かえ!<br />
 レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>あの建物に囚われているようだな。</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ……どうか無事でいてください……</tt></dd>
 <dt><tt>フェアリー</tt></dt>
 <dd><tt>セエレちゃん、今度こそポックリ逝っちゃってると<br />
 いいですねー。うははははー!!</tt></dd>
 <dt><tt>鍵は奪った。<br />
 コロシアムの入り口に向かい、囚われたセエレを救え!<br />
 レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>どうやらあの子供はまだ無事なようだ。<br />
 カイム、人の為に剣を振るってみよ。</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第9節</tt></dt>
 <dd><tt>僕、セエレ。<br /><br />
 コロシアムで僕はモンスターたちの景品にされちゃった<br />
 んだ。いつも迷惑ばかりかけちゃう僕だけど、足手まと<br />
 いなんかじゃない!<br /><br /></tt>
 <dl><dt><tt>ゴブリン</tt></dt>
 <dd><tt>今日の景品はいいのが入ったぞぅ。<br />
 人間のガキだ!<br />
 成長の止まった出来そこないだがな!</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>ひっく、ひっく。<br />
 ちがうよ……僕は出来そこないじゃない。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>僕が大きくならないのは、いつか必要な<br />
 時がくるまで、ちからをためてるからなんだよ。<br />
 僕は”ちいさい勇者さま”なんだ……。</tt></dd>
 <dt><tt>ゴブリン</tt></dt>
 <dd><tt>うるせえ!<br />
 何おとぎ話みてぇなホラ吹いてやがる!</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>本当だもん! お母さんだって<br />
 ゴーレムだって、そう言ってたんだ!!</tt></dd>
 <dt><tt>ゴブリン</tt></dt>
 <dd><tt>ん! おめえが必要とされるときなんて<br />
 くるわけねーだろっ!<br />
 一生チビで足手まといのまんまだよっ!</tt></dd>
 <dt><tt>ゴブリン</tt></dt>
 <dd><tt>コロシアムの景品になれただけ、ましだな。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>足手……まとい……なんか……じゃ<br />
 ないもん!</tt></dd>
 <dt><tt>(カイム空から降ってくる)<br />
 ゴブリン</tt></dt>
 <dd><tt>ナンダオマエハッ!</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレを頼みましたよ。</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「……ちょうど良い機会だ。<br />
  救うために剣を振ることを覚えてこい」</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第10節  狂気のコロシアム</tt></dt>
 <dd><tt>次々と現れる凶暴な亜人どもを倒し、セエレを救い出せ!<br /></tt>
 <dl><dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>お前の力なら難なく倒せる相手だろう。<br />
 救うための剣を覚えるがよい。</tt></dd>
 <dt><tt>黒きオーガ戦士が対決を申し込んできた!<br />
 レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ……どうか無事で……<br />
 カイム、しっかり頼みます!</tt></dd>
 <dt><tt>五人組のならず者兄弟が現れた!<br />
 セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>助けて……マナ……母さん……</tt></dd>
 <dt><tt>「美しき三姉妹」 が現れた!<br />
 セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>うっうっうっ……ごめん……なさい。</tt></dd>
 <dt><tt>コロシアムの門番が復讐に来た!<br />
 最強を名乗る赤き三人組が挑戦してきた!<br />
 セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>まだまだいるみたい! 気を抜かないで、カイム!</tt></dd>
 <dt><tt>賞金稼ぎのオーが夫婦出現!<br />
 ゴブリン傭兵軍団の登場!<br />
 コロシアムの王者が御供を引き連れて登場した!<br />
 コロシアムに残る亜人度もがすべて 襲い掛かってきた!<br />
 ヴェルドレ</tt></dt>
 <dd><tt>あのカイムが……誰かのために剣を振るとはな……</tt></dd>
 <dt><tt>コロシアムにいる亜人どもは全滅した。<br />
 奴らは何か残していったようだ…。<br />
 レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>どうだ? 人助けのために振るった剣の感触は。</tt></dd>
 </dl></dd>
 <dt><tt><br />
 第11節  感謝と怠慢</tt></dt>
 <dd>
 <dl><dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>あぁ! ありがとう!<br />
 本当に、僕、もう……<br />
 ありがとう!!</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ……無事で良かったですね。</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>ごめんなさい。<br />
 僕、みんなのジャマばかり……</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>……この悲鳴は!?</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「番人フェアリーの断末魔だ。<br />
  ……神殿の封印は3つとも壊滅らしい」</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>残るは、最終封印……女神のみ!?</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「連合軍は最終攻撃を仕掛けるだろう。<br />
  我らもゆこうぞ。決戦の場、帝国領土へ!」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>あぁ……また僕……僕のせいだね?<br />
 僕が谷に行きたいなんて頼んだから<br />
 余計な回り道を……</tt></dd>
 <dt><tt>レッドドラゴン</tt></dt>
 <dd><tt>「……反省という名の良い訳ばかり<br />
  していても、事態は何も変わらぬぞ」</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>……う、うん。わかった。</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>セエレ、妹さんは……</tt></dd>
 <dt><tt>セエレ</tt></dt>
 <dd><tt>もういいんだ。<br />
 僕……あき……らめる。<br />
 それより、早くいかなくちゃ。</tt></dd>
 <dt><tt>レオナール</tt></dt>
 <dd><tt>……</tt></dd>
 </dl><a href="kaiwa05.htm"></a></dd>
-</dl><div align="center"><a href="kaiwa05.htm">第五章「破壊」</a></div>
+</dl><div align="center"><a href="http://www5.atwiki.jp/dod_kaiwa/?%E7%AC%AC%E4%BA%94%E7%AB%A0%E3%80%80%E7%A0%B4%E5%A3%8A">
+第五章「破壊」</a></div>
 
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|