アリオーシュの奇

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリオーシュの奇

第1節 「海蛇の苦悩」
砂漠の神殿の破壊を知ったカイム達は、残る海の神殿へと
向かう。

そこで見たものは、帝国軍の船団が何の罪も無い子供達を
海に棄てるという非道な行為だった。

レッドドラゴン
「封印を守る者は大勢いよう。しかし最後
 まで守り抜く者は少ない。急ぐのだ!!」
レオナール
あの悲鳴……なんとむごいことを……。
レッドドラゴン
「小さき者を弱き存在と思うのはみな同じ。
 ゆえに守るか?捨てるか?その違いよ。」
レオナール
こ、子供たちは!?
レッドドラゴン
「封印を守ってから考えろ!」
レオナール
……。

神聖なる神殿を侵す帝国ども。
これ以上の冒涜は許すな!すべて一掃してしまえ!
ヴェルドレ
誘拐されたのち、無用になった子供達が
捨てられているのか……なんと酷い。
レッドドラゴン
カイムよ。急いで倒さないとあの女も子供達も
命が危ないぞ。
アリオーシュ
美味しいモノはどおれ?
レッドドラゴン
まずは雑魚どもを一掃せねば、女も子供も
助けられぬ!急ぐぞカイム!!
ヴェルドレ
エルフの子供達が多数。アリオーシュの心が乱れて
も仕方はない……か。
アリオーシュ
子供……あたしの子供たち…… 待ってて……
今行くわ。
ヴェルドレ
アリオーシュ! アリオーシュ!
……まさか子供達を

第2節 「大好きな……」
レオナール
子供達は?
アリオーシュはどうしました?
アリオーシュ
かわいい。かわいい子ども達……
もうだいじょうぶ。安心なさい。
私が守る……かわいい、かわいい……
レオナール
血の匂い!?
レオナール
なぜです……?
アリオーシュ、あなたに子供はいないのですか!?
サラマンダー
殺された。
ウンディーネ
帝国軍によって殺され、捨てられた。
こんな風に、血の海へと捨てられた。
サラマンダー
そしてこの先、子供を持つこともない。
ウンディーネ
我々との契約に”子宮”を使ってしまったから。
サラマンダー&ウンディーネ
よって永遠の、混乱と孤独。
レッドドラゴン
「……止まるでない。死にたくなければな。
 ゆくぞ! 次は神殿だ!」

第3節 「漁火」
ウンディーネとサラマンダーにより、語られたアリオー
シュの過去。血塗られた過去は永遠に癒される事の無
い傷を彼女の心に刻んだ。

そんな中、海の上では封印の神殿が帝国軍により破壊さ
れようとしていた。

すでに神殿は帝国に襲撃されている。
もう猶予はない。一掃して神殿に急げ!
ヴェルドレ
海の神殿は3つの封印のうちの重要な一つだ。
決しておとされてはならぬ。
ヴェルドレ
封印の神殿は世界の秩序を護る要。
ゆめゆめ破壊されてはならぬ! 頼んだぞカイム!
ヴェルドレ
海上神殿に敵を入れてはならぬ! 死守するのだ!
ヴェルドレ
あぁっ! 封印が……封印が破られてしまった!

第4節 「独り遊び」
戦い虚しく、海の封印は破壊されてしまった。

次々と破壊される封印を前にレオナールは力を落とす。

レオナール
神殿の封印は……?
レッドドラゴン
「残念ながら、無に帰したぞ。」
レオナール
……そうですか。
アリオーシュ
きれい。きれい、きれい……
レッドドラゴン
「封印を作るも人間、壊すも人間。
 愚かな独り遊びをいつまで続ける……?」
カイム
……!
レッドドラゴン
「心配するな。最終封印は無事だ。
 今のところ女神の悲鳴は伝わってこない……」
レオナール
私達の行動がまた後手にまわっては
目も当てられません。
早く砂漠へ戻りましょう!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|